スキャナー・ダークリー [Blu-ray]
スキャナー・ダークリー [Blu-ray] (JUGEMレビュー »)
俳優の仕草や表情をアニメとして再構築する、非常に手間の掛かった映像が生理的に苦手な人もいるでしょうね。
しかしながら出演者も(誰々が出てるから)という理由で観て欲しくはないでしょう、自伝的要素の強い原作を尊重した結果としてのスキャニメーションは実に効果的です。
意義を見出せない業務に延々と従事させられる主人公、彼の破滅を前提とした麻薬撲滅作戦…小さな政府がもたらした民間委託の陥穽、委託された組織間のマッチポンプは緩いディストピアですが。
どこまでが虚構でSFなのか、エンディングには賛否が分かれそう。
紹介記事【2019.07.27】
ブレイク・ビーターズ [ ゴードン・ケメラー ]
ブレイク・ビーターズ [ ゴードン・ケメラー ] (JUGEMレビュー »)
旧東独、といっても今じゃ通じなさそうですが…80年代の社会主義国でヒップホップに目覚めちゃった若者と、彼らの活動を体制翼賛に取り込もうとする当局との丁々発止を描く青春コメディ。
飼い慣らそうとする権力側と調子を合わせつつ苦悩する主人公たち、ベルリンの壁が崩壊して彼らを待ち受けるラストのほろ苦さとタフさに男泣きです。
自分でいる事を描いている点で、英国のサルサ映画「カムバック!」と併せてオススメ。
紹介記事【2019.11.02】
ダーリン・イン・ザ・フランキス 1《完全生産限定版》 (初回限定) 【Blu-ray】
ダーリン・イン・ザ・フランキス 1《完全生産限定版》 (初回限定) 【Blu-ray】 (JUGEMレビュー »)
荒廃した世界で生き残りを賭けて地底人と戦う少年少女、その謎が明らかになるにつれ絶望の色は増すばかりですが…絵空事に潜む「茶色の朝」の未来、大人目線で子供たちの希望を切に願ってしまいました。
次の世代のために何が出来るだろう、この気持ちを失わずにいたいです。
紹介記事【2019.08.28】
月曜日の友達(1-2巻 全巻) 全巻セット
月曜日の友達(1-2巻 全巻) 全巻セット (JUGEMレビュー »)
中学生になったばかりの頃の、世界の拡がりに戸惑う姿は性別や世代を超えて響きますね。
作画力もストーリーテリングも卓越してます、些細な一瞬を捉える巧さが。
忘れていた何か、忘れたくなかった何か…最後のコマに、胸が苦しくなりました。
紹介記事【2019.11.11】
TVアニメ『プラネット・ウィズ』オリジナルサウンドトラック [ 田中公平 ]
TVアニメ『プラネット・ウィズ』オリジナルサウンドトラック [ 田中公平 ] (JUGEMレビュー »)
(↑※サムネイルのリンクはサントラにしています)
所謂スピリチュアルなストーリーでありながら、どこか70年代アニメっぽいお約束とフォーマットをごちゃ混ぜにして力技で着地させたような奇想天外さが独特。
戦隊ヒーローに学園モノ、ジャンプ的な熱血インフレ勝負など…ネタの重ね掛けでも訳分からなくならない見事な構成、思いがけずラストに泣かされました。
正義のあるところに悪がある、よって正義は愛ではない…ならば善とはなんなのか? 先ずはご覧あれ。
紹介記事【2019.09.10】
ポルノ☆スターへの道 [ ニック・スウォードソン ]
ポルノ☆スターへの道 [ ニック・スウォードソン ] (JUGEMレビュー »)
ラジー賞を独占した下ネタ満載ムービー、とりあえず下品ですけど線引きはキッチリしてますね…笑わせる内容は、少なくとも男性なら他人事じゃないというか。
女性同士の巨乳幻想みたいなね、目の付け処が上手いなぁと。
まぁ万人向けではないにせよ、僕は感心しつつ大笑いしました。
紹介記事【2019.10.17】
夜長姫と耳男 (岩波現代文庫) [ 近藤ようこ ]
夜長姫と耳男 (岩波現代文庫) [ 近藤ようこ ] (JUGEMレビュー »)
原作者の作品は知らないので、本作は衝撃的でした…こんな物語が書かれていたのかと、まるで伝承の聞き書きか夢を書き起こしたような浮遊感!
印象としては南伸坊が中国の怪異譚を漫画にした「仙人の壺」に近い、無闇に説明しようとしない描線のアッサリ感が素晴らしいです。
空白の多さに、却って想像力を掻き立てられました。
紹介記事【2019.11.25】
さよならの朝に約束の花をかざろう 通常版 [Blu-ray]
さよならの朝に約束の花をかざろう 通常版 [Blu-ray] (JUGEMレビュー »)
不老不死というか不死者の物語にハマっているとはいえ、ファンタジー世界が舞台だとなぁ…と思ってましたが、不死者の(一般的な寿命の人間社会で生きる哀しみ)というツボを丁寧に描いていて好感が持てました。
寓話的なラストが作品世界と相まって、爽やかに切ないです。
紹介記事【2019.09.23】
おとなのけんか [ ジョディ・フォスター ]
おとなのけんか [ ジョディ・フォスター ] (JUGEMレビュー »)
血生臭い原題の割に、ほぼダイニング一間で完結している会話劇です。
子供の喧嘩に親が出て、大人同士で和やかに話し合って解決する目論見が破綻してエスカレート。
隣人を愛せれば戦争なんて起きない訳で、そんな皮肉な原題と裏腹に子供同士は親心を知らず…淡々としてますが大いに笑わせてくれます、個人的にはオススメ。
紹介記事【2019.10.22】
【中古】 山本耳かき店 ビッグCスペシャル/安倍夜郎(著者) 【中古】afb
【中古】 山本耳かき店 ビッグCスペシャル/安倍夜郎(著者) 【中古】afb (JUGEMレビュー »)
耳かき店ブームの火付け役、なんて書いては申し訳ないのですけども…決してブームに便乗した後追いではない、と。
穏やかな時間の流れる小さな町で、耳かき屋さんを訪れる客の脳内イメージが秀逸です。
こんな表現があったのか、こんな漫画があったのかと目からウロコ耳から(略)。
紹介記事【2019.12.23】
グラン・プリ [Blu-ray]
グラン・プリ [Blu-ray] (JUGEMレビュー »)
最初はソール・バスの映像分割がスタイリッシュというより情報過多に感じましたが、それが後から効いて来るんですね…世界各地を転戦するF1レーサーと彼らを取り巻く人間模様が主軸ながら、走行シーンも見甲斐があります。
クールなドラマと60年代のムードが、ダンディな三船敏郎も含めて現代とは別世界のようです。
紹介記事【2019.12.21】
絵はがきにされた少年 [ 藤原章生 ]
絵はがきにされた少年 [ 藤原章生 ] (JUGEMレビュー »)
アフリカに対する先入観や固定観念が、ことごとく覆されます…偏見を持たないように心掛けていたつもりでも、日本にいて伝わってくる情報自体にバイアスが入っている訳ですが。
西欧支配の呪縛に歪められた各地の民族性や搾取の構造など、日本では見えにくい暗部が著者の目を通して見えてくるようで。
アフリカの話であり、同時に現代の実像でもあるのでは?と。
紹介記事【2019.09.1】
【中古】 マンガでわかる 戦後ニッポン /手塚治虫(著者),水木しげる(著者),つげ義春(著者),はるき悦巳(著者),ちばてつや(著者) 【中古】afb
【中古】 マンガでわかる 戦後ニッポン /手塚治虫(著者),水木しげる(著者),つげ義春(著者),はるき悦巳(著者),ちばてつや(著者) 【中古】afb (JUGEMレビュー »)
現代に至る国内の移ろいを漫画に語らせる好企画アンソロジーです。
漫画にしか出来ない表現は、例えば三輪自動車が走る風景でありリンチされる米軍の操縦士であり…基本的に主観視点であるが故の、俯瞰の効く文学表現よりも接地した仮想体験なのかも。
いわば漫画こそが伝え得た戦後の一片、切り口を変えて続けてもらいたいですね。
紹介記事【2019.12.12】
あきれたあきれた大作戦 [ ピーター・フォーク ]
あきれたあきれた大作戦 [ ピーター・フォーク ] (JUGEMレビュー »)
笑いって鮮度があると思ってました、本作を観るまでは。
先が読めずに引き込まれましたが、確かに繰り返し観たくなるかも…計算されたシナリオが効いた笑いと、映像的な古さもまた味わい深いです。
スタンダードでバカバカしくて無駄のない、意外な傑作。
紹介記事【2019.12.10】
人気マンガ・アニメのトラウマ最終回 極限編 [ 鉄人社編集部 ]
人気マンガ・アニメのトラウマ最終回 極限編 [ 鉄人社編集部 ] (JUGEMレビュー »)
面白可笑しい切り口で紹介されてるので、ファンの方にしてみれば物申したい点も多々ありそうですが。
様々な事情から意外な最終回を迎えていた、有名な作品の数々に先ずビックリ…知って何かの役に立つ訳ではありませんけど、やはり切り口が面白いのですよ。
紹介記事【2019.09.24】
【国内盤CD】【ネコポス送料無料】ファウンテインズ・オブ・ウェイン / トラフィック・アンド・ウェザー
【国内盤CD】【ネコポス送料無料】ファウンテインズ・オブ・ウェイン / トラフィック・アンド・ウェザー (JUGEMレビュー »)
「Stacy's mom」の青春パンクをイメージしてたら好い意味で裏切られました。
どこかSDP「スチャダラ外伝」に通じる旅アルバム、共通する根っこは世代なのかグローバル環境なのか…しかしELOっぽさを連想させるサウンドも厭味なく無理して頑張ってない感じだし、三人称のスキットみたいに様々な切り口で綴られる旅の寸描が詩的。
パッキング上手で飽きさせない仕上がりかと。
紹介記事【2019.07.08】
【中古】[PS2]ローグギャラクシー ディレクターズカット(Rogue Galaxy Director's Cut)(20070321)
【中古】[PS2]ローグギャラクシー ディレクターズカット(Rogue Galaxy Director's Cut)(20070321) (JUGEMレビュー »)
無印版も僕は楽しめましたが、ダレ要素を改善して全体的にボリューム・アップしておりオススメです。
難を言えば、このDC版では攻略本が出てない事ですね…特に武器の合成レシピが違っているし、追加武器はノーヒントで試行錯誤の連続に。
水の惑星にある3連宝箱は、多分エリアボスに乗って飛び移らなきゃ取れないと思うので、これからプレイする方は気を付けてね!笑
紹介記事【2018.07.19】
【中古】PS2 スターオーシャン3 Till the End of Time
【中古】PS2 スターオーシャン3 Till the End of Time (JUGEMレビュー »)
ディレクターズ・カット版が出てるようなので、そちらをオススメします。
僕も終盤でメニュー画面を開こうとしてブラックアウトや異音と共に「ディスクからデータを読み込み中です」と表示されたままフリーズでプレイ断念中です。笑
リアルタイム・バトルの忙しさは好みの問題として、城下町などの雰囲気が最高!
中世レベルの惑星に来た主人公がハイテク宇宙人側、という立ち位置はユニークで楽しめました。
紹介記事【2018.07.25】

本日の脳内BGM
ORCHESTRAL MANOEUVRES IN THE DARK「Enola Gay」
BOMBAY BICYCLE CLUB「Overdone」
向谷実「Space trip」「Prelude」
GEORGE WINSTON「Moon」
小曽根真「I need you here」
GEORGE WINSTON「The crystal ship」
THE POLICE「Secret journey」
KATE BUSH「Babooshka」
THE SMITHS「Hand in glove」「What difference does it make?」
BRUCE SPRINGSTEEN「The river」「Hungry heart」
佐野元春「Someday」
井上陽水・安全地帯「夏の終わりのハーモニー」
渡辺美里「10 years」
シミズヤスオ(清水保男)「K・O(ノックアウト)」
THE FIXX「One thing leads to another」
LEVEL 42「The sun goes down (living it up)」


*以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

『Bruce Springsteen - The River (The River Tour, Tempe 1980)』


『K.O. - Yazuo Shimizu [ Sub. Español ]』(画面の歌詞表記はスペイン語ですが音声はオリジナルの日本語です、ジョー山中が歌ってるのかと思ってましたが作曲のみだったとはなぁ・・・ちなみに作詞は村上龍、'80年公開「劇場版あしたのジョー」挿入歌ですが動画は「ジョー2」ですね)


『The Fixx - One Thing Leads To Another (Official Video)』
0
    | B.G.M. | 2020.09.21 Monday | comments(0) | - |
    最近やったゲーム
    PS2ソフト「ダーククロニクル」

    前回で早くも色んなミニゲーム要素が解禁されました、もしや魚釣りは時間帯で種類が違うのかな?…時計の分針が秒針かよって勢いで回ってるのは、この星の自転が地球に比べて3倍くらい速いという事かも。笑
    そして多分、屋外だろうと何故か声にエコーが掛かってるのも大気の組成が地球と異なっているせいだな?
    ひょっとしたら、太古の時代から闇の力を飛ばして魔物を操り未来を改変したグリフォン大帝って…実は初期の惑星開拓者なのかも、などと序盤にして早くも妄想を膨らませております。
    今回は第2章の終盤からですが、既に60日が経過。

    プレイ時間でいうと約90時間、という事は現実よりも大体15倍速ぐらいなのかな?…ジオラマ材料は武器の改良素材にもなるので村の復興よりも装備強化を優先してました、本作も「ローグギャラクシー」同様に武器改良はハマります。
    ただしキャラにはレベルの概念がなく、HPと防御力はストーリー進行に伴って出現するアイテムで上げるだけ…防御力MAXの秘技コードでもダメージは食らうので、成長を早める秘技コードで武器のクラスアップ+ロボ&へんげモンスターも最強まで育てたいな。
    全体として「ローグ〜」より上出来な印象ですね、飽くまで個人的な主観では。

    さて、オネェな老樹ジュラクから大賢者クレストを紹介されたユリス&モニカは次の目的地てんびん谷へ。
    賢者がいる筈の寺院を復活させる筈が、大賢者は既に死んでおり弟子のリンもショックで寝込んでいて一筋縄では行かない様子…パームブリンクスから呼び寄せたダック先生の見立ては「最近増えた原因不明の毒キリ症状」で打つ手なし、だけど「伝説の料理人ラオチャオがいれば治せる」というモニカ発言で今回も未来復興のため起源点再興に。
    と、ここから第3章「星になった賢者」突入…ステラ渓谷で集めたジオストーンで景観を取り戻し、未来にステラ寺院を再興します。
    (下欄に続きます)
    続きを読む >>
    0
      | game | 2020.09.21 Monday | comments(0) | - |
      本日の脳内BGM
      CASIOPEA「Bayside express」「太陽風 (Taiyo-fu ☆ the wind from the sun)」
      MONDO GROSSO feat. JHELISA ANDERSON「Slow it down」
      MONDO GROSSO feat. NATIVE SOL「Laughter in the rain」
      PREFAB SPROUT「Earth, the story so far」「Falling in love」
      CHRISTOPHER CROSS「Never be the same」
      かもめ合唱団「ずっと好きだった」「双子座グラフィティ」
      DREAMS COME TRUE「ひさしぶりの I miss you」「今度は虹を見に行こう」
      BARBEE BOYS「チャンス到来」「離れろよ」
      THE FIXX「One thing leads to another」
      HOWARD JONES「Conditioning」「Pearl in the shell」


      *以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

      『Slow It Down - Mondo Grosso』(このイントロの口笛、聴き覚えがあるのに思い出せない・・・;Sound Only)


      『Laughter in the rain』(ニール・セダカのカバーだったとは、しかし原曲も好いです;Sound Only)


      『Christopher Cross Never Be The Same Live 1998』(映像はボケボケです)
      0
        | B.G.M. | 2020.09.20 Sunday | comments(0) | - |
        最近やったゲーム
        PS2ソフト「エディット・レーシング」

        前回で「VIOLENT GP」までクリアしたエミリー、カテゴリーA車が解禁される「SPREAD GP」に備えてType Cvtを購入し足回りを強化しました…スプリング&ダンパーでサスペンションは完璧、更にブレーキパッドとタイヤ全種+ニトロも持続力&加速力アップ済み。
        先ずはクイックレースでセッティング調整、しかし結構クセがあるような…車体のデカさや重さに慣れないせいかな、まぁ車を替える度に最低ランクから相性上げだし最初は仕方ないか。
        その辺も見越して、基本性能の高い車を敢えて買わなかったのでね…車両価格を抑え、浮かせた分をパーツで即戦力チューニングと。

        それにしても前回の「VIOLENT GP」クリアで入れ歯カーとパンダカーまで店売りが解禁されたのは驚きでした、それって賭けメールの負け状況が絡んでるのかな?…レースの勝敗はほぼイーブンですし、どちらかに偏っていた時や賭けに全勝ちしても早くて次の「SPREAD GP」後でしたから他に理由が思い付かないんですよね。
        色々やってみるもんだ!笑
        さてR1の雪山は「BURNING GP」ファイナル同様のクラス2、時間帯と天候も同じ昼間なれど天気は上々。
        サスペンションの設定はフロント±0&リアをソフト+2に調整、スノータイヤに履き替えて予定通り初戦4位の2戦目1位で通過。

        初戦後マーティンから「いじけてないで勝負だ!」と8000pt賭け、クリア後のブリジットは嫌味っぽく“お家で練習した甲斐があったわね”と15000pt要求ですか…今まで4位以下よりクリア後の方が賭けポイント少なかった筈だけど、もしや性格が反映されるの?笑
        マーティンは気前よくGutsとTechniqueに+1、ブリジットもPower+1で経験値は各4に…もしや相性アップ並みの効果があるのでは?と、クイックレースから同じコース&セッティングで走ってみたけど実感なし。
        というか経験値って賭けレースで増えるから、ひょっとしたら効き目があるのも賭けレースだけだったり?

        R2はジャングルのクラス3、またもクイックレース連戦でセッティング…トロフィーモードの進行状況はリセットかロードしなければ維持されるし、セーブ時にクイックレースでの走行記録も保存されるのです。
        で、雪道セッティングと同じにしてみたものの…予選では1位なのに本選だと頑張っても2位止まり、フロントもリアも思い切ってソフトに全振りしたらグリップ感は良好になったけどコーナーで曲がらねーぞ?笑
        もしやFF?いやFRでしたねType Cvt、それじゃ制動パーツをグレードアップし捻曲げるか…徹底的グリップ走行で近道の吊り橋は断念するも、本選は1位に。

        そしてR3は中盤の難関、レッドキャニオンのクラス3…予選が最下位から5位とヤバめ、コーナーも勾配も全体的にキツいから再度セッティングし直しだわ。
        でも相性がCに上がって、フロントだけ±0に戻したらイイ感じに…2戦目は滝裏の近道を使わず、2周目で発生してくれた爆撃のショートカットで1位獲得!
        そういえば5位に脱落した時、珍しく父ロバートが常連パスカルを押し退け4位にランクインしましたが2戦目で元通り…操作キャラが順位を下げると上位入賞者も変動するのでしょうか、ともあれマフラーも交換して欧風市街クラス3へ。
        夜+雨も暗室作戦で突破!


        前回の様子


        以下、〈「エディット・レーシング」〉プレイ履歴
        続きを読む >>
        0
          | game | 2020.09.20 Sunday | comments(0) | - |
          本日の脳内BGM
          BANANARAMA「Cruel summer」
          THE STYLE COUNCIL「My ever changing the moods」
          THE BLOW MONKEYS「It doesn't have to be this way」
          WHAM!「Young guns (go for it!)」
          かもめ合唱団「ずっと好きだった」
          スチャダラパー「From喜怒哀楽」「Wild card」
          オリジナル・ラヴ「接吻 -Kiss-」
          PLAGUES「心を放て Settin' free our minds」
          WARPAINT「Set your arms down」
          JEFF BECK GROUP「Jailhouse rock」
          THIN LIZZY「Jailbreak」
          BOBBY WOMACK「Daylight」
          JOHNNIE TAYLOR「Just because」
          SPYRO GYRA「20/20」「Morning dance」
          JEFF LORBER「Tropical」「Night love」
          RUSS FREEMAN「Soul dance」
          JAMES 'PJ' SPRAGGINS「Pure logic」
          AZYMUTH「Demais」
          PYRAMID「Rise」


          *以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

          『Daylight』(Sound Only)


          『Spyro Gyra Morning Dance Live』


          『pyramid - [telepath] 12 rise』(Sound Only)
          0
            | B.G.M. | 2020.09.19 Saturday | comments(0) | - |
            最近読んだマンガ
            小林じんこ「JUNKIN' GAP CLASH」1巻

            たまたま古本屋の百均コーナーで発見し即決、だって作者の漫画ならパラ見しなくても読むから…初版'11年で月刊「IKKI」連載開始は'09年、そうか未だに現役で描いてくれてたのね!
            個人的に「風呂上がりの夜空に」は80年代の名作と思ってますが、本作もテイスト一緒で嬉しくなりましたよ…方向性を変えなかったのか一周して戻って来たのか分かりませんが、好い意味で画風も変わってなくて正直ホッとしました。笑
            本作は東京農理工大学の戦隊特撮同好会(STD)のユニークな性癖の面々と大雅とミモザの話、ある意味「みんなフツーでみんなヘン」といった王道ラブコメ。

            たまたま目にした特撮番組「大自然戦隊エコレンジャー」で、全身タイツ=ゼンタイへの衝動に目覚めてしまった大雅…気兼ねなくゼンタイ着用が出来る一人暮らしをすべく、セキュリティが売りの寮がある大学に晴れて入学したものの。
            大学側の手落ちで満室の学生ハウスはペンディング、しばし空き待ちの仮入居としてオシベ寮に…ボロい上に曰く有り気で、しかも個室じゃなくて相部屋とは!
            一緒に入った永馬(はるま)はイケメン裸族、1コ上の先住者・幻己(げんき)は秘密主義…とはいえゼンタイ収納枕に敏感な大雅を、住環境へのこだわりが強い人として尊重する一面も。笑

            でもミモザ評では“素裸のロッキンなルームメイトは、大雅くんLOVE竽のファッキンなソウルメイト”&“神に近づいたマッドなサイエンティストは、謎のアロマなオナニスト”、言うまでもなくSTDだって変態の巣窟ですが…といっても、変態って実はセクシャルな個性ってだけじゃ?
            誰もが個性と同時にアベレージな面も併せ持っていて、それは性的な事柄にだって当てはまるんだよね?笑
            だけどアブノーマルって恥ずかしくて、抑えているから妄想しちゃう訳で…“変わって見える人”は変人であって、変態とは“性的指向がとび抜けて一般的じゃない人”なのであります。

            しかし、じゃあ彼氏にするなら“『普通にしか見えない変態』と『変態にしか見えない普通の人』どっちがいい?”からの“『カレー味のウ●コ』か?『ウ●コ味のカレー』か?”という綺久とミモザの会話は作者の独壇場ですな…ちなみにアフロデブなペド部長と普段はエコ女子な女王スズ様のツートップは「エコレンジャー」リスペクトからSTDを立ち上げたっぽくて、もしや大雅の入部はゼンタイ神の導きだったのか?
            というか大雅のゼンタイ神って既にタルパだろ、そして部長が握るミモザの秘密とは…様々に突出した性癖を弄りつつも見下さない、そこも作者の好ましさね。
            0
              | comic | 2020.09.19 Saturday | comments(0) | - |
              本日の脳内BGM
              ユニコーン「おかしな2人」「開店休業」
              山下達郎「Music book」
              CHIC「My forbidden lover」「Good Times」
              GRANDMASTER FLASH「The adventures of Grandmaster Flash on the wheels of steel」「New York, New York」
              GRANDMASTER FLASH & THE FURIOUS FIVE「The message」
              スチャダラパー「(曲目不詳)」「Wild card」
              BEE GEES「Jive talkin'」
              スチャダラパー「Ultimate breakfast & beats」
              DEEE-LITE「Who was that?」
              P.M. DAWN「Paper doll」
              BLACK BOX「Open your eyes」
              PET SHOP BOYS「West end girls」
              DREAMS COME TRUE「星空が映る海」
              COCCO「強く儚い者たち」
              かもめ合唱団「夕日は昇る」「Ex fan des sixties (思い出のロックンロール)」「すばらしいさよなら」
              PATTI LaBELLE「On my own」


              *以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

              『Grandmaster Flash & The Furious Five - The Message (Official Video)』


              『P.M. Dawn - Paper Doll』


              『Ex fan des sixties/かもめ児童合唱団と井の頭レンジャーズ』(作詞作曲はセルジュ・ゲンスブールで訳詞は大貫妙子、レゲエ・アレンジとプレーンな発声とが絶妙です)
              0
                | B.G.M. | 2020.09.18 Friday | comments(0) | - |
                最近聴いたCD
                「サカルトベロ 奇蹟のポリフォニー」

                久しぶりの再聴です。
                JVC WORLD SOUNDシリーズの「GEORGIAN POLYPHONY (I) Choral Music from Caucasia」という、旧ソビエト連邦共和国時代のグルジア(現ジョージア)で録音された男声と女声の合唱曲15曲を収録しております。
                大聖堂のような深い響きで、たまに音量レベルを振り切ったようなノイズが入る迫力の歌声…微かな床の軋みや大勢の人の気配が生々しく、更に再生機のイコライザーをライブ設定にしたので臨場感たっぷりです。
                ロシアジョージア正教会の聖歌なのか、多少は伝承歌も歌ってたんじゃないかな…詳しい内容は忘れちゃったし、僕には区別が付きませんけど。

                やっぱり印象的なのは後半の男声合唱歌で、ヨーデルを思わせる裏声?交じりの東洋音階っぽいソロと合唱のコール&レスポンス状態など聖歌の技法を取り入れたフォルクローレな感じです…最初の正調っぽい荘厳さに(ん〜こんなだっけ?)と思っちゃってね、そういうRPGのラスボス戦みたいなのは素養がないせいか面白味が感じられなくて。
                個人的には12トラック以降が好みでした、14トラック目の終盤はハンドクラップでザップ・ママ感アップ…15トラック目の、繰り返されるフレーズの合間に入る台詞?で会場がどっと沸く祝宴の余興っぽい聴衆との距離感も好いです。


                〈「JVCワールド・サウンズ」シリーズ〉関連記事:
                【最近聴いたCD】 ナムギャル・タツァンの僧侶「チベット密教 極彩の響き」| 2009.02.06
                【最近聴いたCD】グルジア/男声・女声合唱「サカルトベロ 奇蹟のポリフォニー」| 2010.04.16
                0
                  | music | 2020.09.18 Friday | comments(0) | - |
                  本日の脳内BGM
                  EN VOGUE「Hold on」
                  THIN LIZZY「Jailbreak」「Fats」
                  IRON MAIDEN「Wrathchild」
                  WHITE SNAKE「Don't break my heart again」
                  シミズヤスオ(清水保男)「K・O(ノックアウト)」
                  EDDIE MONEY「Take me home tonight」
                  SHERYL CROW「All I wanna do」
                  LOVE PSYCHEDELICO「Free world」
                  サザンオールスターズ「ミス・ブランニュー・デイ」
                  THE SMASHING PUMPKINS「Tonight, tonight」
                  2 UNLIMITED「Get ready for this」
                  MAXIMIZOR & STARR GAZER「Cant undo this!!」
                  DEAD OR ALIVE「You spin me round (like a record)」
                  SNAP!「I've got the power」
                  TECHNOTRONIC「Pump up the jam」
                  SOUL II SOUL feat. CARON WHEELER「Back to life (acapella)」
                  SOUL II SOUL feat. MARCIA LEWIS「Get a life」
                  SUBLIME「Scarlet begonias」
                  0
                    | B.G.M. | 2020.09.17 Thursday | comments(0) | - |
                    最近みたDVD
                    「七人の侍」前編

                    黒澤明監督による'54年の超大作モノクロ時代劇、全207分を前後編の2枚組DVDに収録しております。
                    前編だけで2時間弱、重厚な音楽と共に約2分のオープニング・テロップで開幕…“戰國時代――あいつぐ戰乱とその戰乱が生み出した野武士の横行”に耐え兼ねた農民が、自衛のために侍崩れの四十騎との戦いを決意し助っ人を雇います。
                    三船敏郎の主演作が観たくなり、そうなると本作が真っ先に思い浮かんだのですが…むしろ志村喬が演じる島田勘兵衛が主役で、三船演じる菊千代は準主役ながら意外にも道化役でした。
                    いや重要な役回りではあれ、ちょっと違ったかな?笑

                    導入部分は前に観た本作インスパイア系アニメに描かれた通りで、雇われ侍の一人に菊千代がいる訳ですが…インスパイア系と書いたのは結構あるからなんですよ、まぁ「荒野の七人」という前例があるからなのかアニメに限らずゲームでもチラホラ見聞きしますし。
                    いわば真っ向パクられまくりな本作を敢えて観る気になったのは、ひとえに三船の代表作であるが故にでしたが…幕間の休憩に至るまでの前編では大立ち回りもなく、百姓にも侍にもなり切れない菊千代は重要な役どころではあるんですけども。
                    一言でいえばチャラい若造なので、どうも鬱陶しさだけが先に立ってしまって。

                    まぁインスパイア系アニメは観るのを止めて正解でしたね、年貢に賦役に水飢饉と困窮する農民の生々しさは比べ物になりませんな!
                    収穫期に村を襲う野伏せり(野武士)に備えて、最初に口説き落としたのが人格者の勘兵衛だった事は幸運でしたね…利吉ら百姓に“守るのは攻むるより難しい”と説き、山を背にした地形でも最低で7人は要ると。
                    知行や恩賞には無縁で飯が腹一杯食えるというだけの仕事、かなり分の悪い条件ながら腕の立つ侍が彼の人柄に惚れて集まりました。
                    彼らよりは腕が劣る菊千代も強引に仲間入り、どの役者も独特の味がある顔付きというのも昔の映画です。
                    (長くなったので、続きは下段にて)


                    〈三船敏郎〉関連記事:
                    【最近みたDVD】「1941」| 2018.02.01
                    【最近みたDVD】「READY PLAYER ONE」| 2019.02.11
                    【最近みたDVD】「グラン・プリ」| 2019.12.21
                    【最近みたDVD】「栄光への5000キロ」| 2020.01.19
                    続きを読む >>
                    0
                      | cinema | 2020.09.17 Thursday | comments(0) | - |




                      ↑ top