(JUGEMレビュー »)

「チャンス」のピーター・セラーズが主演した'68年のMGMコメディ、冒頭の劇中劇で状況が分からないうちから笑わされました!
インドから来た駆け出し俳優に扮して、Mr.ビーンの原点か?っていう密室サイレント・コメディ・・・から騒ぎの果てが微妙にセンチメンタルなオチ、という抜け感もまた洒落てますよ。
紹介記事【2017.08.02】
デイブは宇宙船 [DVD]
デイブは宇宙船 [DVD] (JUGEMレビュー »)

「現代文化を異文化の視点で描く」という「星の王子 ニューヨークへ行く」パターンを、もう一捻りして「異星人集団のSF冒険活劇」に練り込んだ本作。
時代遅れの事前情報で人工衛星から計算外、妙に多機能なデイブ・ミン・チャン号・・・原始的で野蛮な文明に毒されていく乗組員、そして地球人と宇宙船のロマンス!
個人的にはクローゼットで大笑い、Old Navyネタも可笑しいな・・・「キャプテン・クランチ」ネタやアイスクリーム屋と間違われるコンチなスーツ姿など、分かればウケる要素も。
紹介記事【2017.03.14】
コンボイ [DVD]
コンボイ [DVD] (JUGEMレビュー »)

故サム・ペキンパー監督作では評価の低い本作、分かってねーよなぁ。
70年代に隆盛したカー・アクション的ロード・ムービーの流れを汲みつつも、救世主の物語が仕込まれてるのは何故?
少なくとも当時のアメリカにおけるトラック運転手という生業の社会的地位はド底辺、その連中からエクソダスが始まり・・・賞賛から憎悪へ豹変する世間に諦めない男と男、死して英雄となる世の中を笑うラストは痛快の一語!
紹介記事【2017.01.17】
PlayStation 2 ミッドナイト・ブラック SCPH-50000NB【メーカー生産終了】
PlayStation 2 ミッドナイト・ブラック SCPH-50000NB【メーカー生産終了】 (JUGEMレビュー »)

正直、ゲームはこれで未だに事足ります。
メーカーには悪いけど、精彩グラとかオンラインとか不要だし。笑
紹介記事【2017.04.21】
勝手に観光協会 勝手に御当地ソング47+1
勝手に観光協会 勝手に御当地ソング47+1 (JUGEMレビュー »)
勝手に観光協会
みうらじゅん&安斎肇による歌とコーラスで、全国各地の郷土愛を歌い上げる本作。
モチーフ探しの観光後、旅館の角部屋で共同作詞&レコーディング…テレコ直録りの部屋鳴りがまたトリップ感を昂ぶらせます。
10年越しの生みの苦しみは、ラスト沖縄の不自然なフェードアウトで昇天したかのよう。笑
[Disc1]紹介記事【2017.06.07】
[Disc2]紹介記事【2017.06.17】
ミッドナイト・ドリーム
ミッドナイト・ドリーム (JUGEMレビュー »)
マンハッタンズ
日本版ジャケの、煌めく摩天楼の夜景がピッタリな甘々コーラス。
ドゥワップ時代から息の長い男声グループによる、ブラック・コンテンポラリーなA.O.R.盤です。
正直、こういう毒にも薬にもならんようなベタさって本来は苦手な筈なんですが・・・1曲目でガッチリ掴まれましたよ、改めて聴いてみても非の打ち所がありません。
紹介記事【2017.01.31】
Discovery
Discovery (JUGEMレビュー »)
藤田千章,佐藤竹善,アンドリュー・オセロット,クリアー・フィッシャー,小林正弘,キャット・グレイ,西村智彦
今となってはジャケのCGがチープですけど、本作のサウンド・デザインは今でも驚異的です・・・楽器の各パートやフレーズと、イコライジングによる音域(周波数)特性の強弱とを緻密に計算してミックスされている気が。
特に最初の2曲に顕著で、更にラスト2曲ではデヴィッド・T・ウォーカーのギターをフィーチャーした佐藤竹善A.O.R.という意外性も。
紹介記事【2017.03.09】
 (JUGEMレビュー »)

久々に腹の皮が捩れるほど笑わせてもらいました、北海道ローカル局には勿体無いほど優秀なマジメ君の斜め上を行く“バカ枠入社”の花子さん・・・放送事故か奇跡の視聴率かとハラハラ、腹の皮がw
紹介記事【2017.01.19】
ローグギャラクシー ディレクターズカット PlayStation 2 the Best
ローグギャラクシー ディレクターズカット PlayStation 2 the Best (JUGEMレビュー »)

通常版に様々な新要素を追加し、ゲームバランスも再調整された本作・・・いわゆるクソゲー要素が低減したかは判りませんが、新たに水の星アリスティアへ行けるようになり嬉しい!
ただし武器が増えた分、その合成ルールが通常版から一部変更されて思い通りにいかないもどかしさも。
紹介記事【2017.08.16】
もののけ姫 [DVD]
もののけ姫 [DVD] (JUGEMレビュー »)

世間では不当なほど評価が低いようですが、宮崎駿のジブリ作品では本作こそが最高傑作です。
鎮西の乙事主の“このままでは わしらはただの肉として 人間に狩られるようになるだろう”という言葉が、やがて“小さくバカになりつつある”猪たちを狩りもせず流れ作業で食らう千尋の親に繋がるのです。
紹介記事【2017.04.29】
Zill O'll ~infinite~
Zill O'll ~infinite~ (JUGEMレビュー »)

PS版からのグラフック向上と、仲間キャラクターやイベントの増加で分岐するエンディングもアップした本作。
出身地によって変化する展開、イベントでの対処次第で敵にも味方にもなるキャラクター。
そして奥深い歴史設定が反映された人物造形など、何周しても飽きのこないゲームソフトです。
紹介記事【2017.11.15】
EMOTION the Best 機動警察パトレイバー2 the Movie [DVD]
EMOTION the Best 機動警察パトレイバー2 the Movie [DVD] (JUGEMレビュー »)

前作の(大規模ハッキングによるサイバー・テロ)が絵空事ではなくなった現在と、フェイク情報に自衛隊と警察が翻弄されて東京が戒厳令下に置かれる本作。
冒頭の場面は、PKO日報問題で揺れる現在が25年も前に描かれた本作に重なります。
ハードボイルドな展開に織り込まれた大人の恋路に、古典芸能の趣きを漂わせた演出は意味深です。
紹介記事【2017.04.30】
 (JUGEMレビュー »)

正直に言って、この作者の絵柄は苦手です・・・でも、本作にはこの絵柄しかない!って感じ。
だから苦手な方にも読んでみてほしいです、あの戦争について語らなかった人の気持ちが伝わってきます。
そしてラストの、現代に突き刺さる批評に思いを巡らせてほしいです。
紹介記事【2017.06.20】

最近みたDVD
「ReLIFE」File.4

「report6 初めましてじゃないんだよ」は、GW突入でダラケてる海崎の部屋にチャラ大賀&小野屋アンがアポ無し訪問!…慌てて缶ビール&タバコ関係を片付け、高校生らしい室内を装うもMD知らない今時の2人にカルチャーギャップ!
何故この2人が?と思ったけど、連休中の勉強会と聞いて納得…あまりの低レベル学力に「よく進学高に入れたね」と不審気な大賀、そんな彼に狩生の気持ちを読めない鈍感さいじりで反撃するアンちゃん&海崎。
しかしアンちゃんて空気読めるコだよねー、っていうかもしや真性KYな日代の比較対象キャラなのかも?
と思ったら、何この展開!

バイト先からの急な呼び出しで大賀が帰って海崎はアンと2人きり、過去のコンビニバイト時代を知る彼女の告白を海崎のスマホに仕込まれたリライフのアプリで状態観察してた夜明は慌てて急行し合鍵で現凸!笑
夜明の“被験者への過度な干渉はNG”という忠告を無視して、わざと赤点取って海崎との接点を増やしてたとは…アンちゃんってば“流石!私が選んだ被験者”とか「本当は夜明先輩じゃなく私が担当する筈だった」とか、バラしまくりで本当に気があるんじゃ?笑
でもまぁ実際のところ、クラスのツンデレ狩生も地雷日代も明らかに要育成キャラだから彼女一択だよね。

ただ夜明の“半分本当で半分嘘”という独白+アニメ「巨人の星」OPイントロのS.E.って、意味深だわ…ED曲のセンチメンタル・バス、名前は知ってるレベルだけど「巨人の星」S.E.も曲の一部だったり?
連休明けに追試ループを脱した海崎&アンちゃん、はさておき…「report7 被験者001→002」は夜明の回想エピソード、もしかして被験者ナンバー001は現在もリライフ継続中?
コンビニバイト時代の海崎を観察する夜明、アンちゃんも女子高生かと思ったけどリライフ研究所の制服?
上層部から振り回された挙げ句、001に頭を下げる羽目になった失意の夜明。

更に海崎が次の被験者に決定し、担当する筈だったアンちゃんに励まされたり…いつも呑気そうに見せていた夜明の、勤め人らしい一面は大人の世界ですな。笑
“大切に思う人を失う切っ掛けが自分にあったかもしれないというトラウマは”って、どんだけ下調べしてんだ…というより、アンちゃんは何故に編入したの?
ED曲はポルノグラフィティの「サウダージ」、歌詞と内容の関連性はあるようなないような…でも画を毎回新調してるみたいで、そこは凝ってるなぁと感心。
そして必ず海崎が自室のベランダにいて、サッシを閉めるのに合わせてフェードアウトするのも面白いな。


前巻
0
    | animation | 2018.06.20 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |
    本日の脳内BGM
    RY COODER「Go home girl」
    菅野よう子「Get9」
    MARVIN GAYE「Let's get it on」
    早見優「渚のライオン」
    A TASTE OF HONEY「Boogie oogie oogie」
    JAMIROQUAI「Too young to die」
    PRINCE & THE REVOLUTION「The beautiful ones」
    ROGER「I want to be your man」
    DIONNE WARWICK「Walk on by」
    MATT BIANCO「Our love」「A day in your life」
    QUEEN「Another one bites the dust」
    PRINCE「1999」
    ARABESQUE「Hello, Mr. Monkey」
    SALT-N-PEPA「Swift」
    THE TIME「777-9311」
    THE J.J.JOHNSON SEXTET「Fatback」「Shutterbug」


    *以下の動画は、携帯からではご覧になれません(多分)。

    『1982年 パイオニア ロンサムカーボーイ(60秒)』(映っているのはサム・ペキンパー監督作品の常連で「1941」では「ダンボ」にご執心な大佐を演じたウォーレン・オーツ、ナレーションは何故か片岡義男・・・でも考えてみれば商品名自体が片岡作品に由来してるんですよね、しかしライ・クーダーといえば未だバーボンCM曲のボトルネックかコレだなぁ)


    『Matt Bianco "Our Love"』(Sound Only)


    『J J Johnson Sextet - J J Inc. - "Shutterbug"』(Sound Only)
    0
      | B.G.M. | 2018.06.19 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |
      最近みたDVD
      「パパVS新しいパパ2」(←リンク先はTSUTAYA作品情報)

      原題は「DADDY'S HOME 2」、'17年のウィル・フェレルマーク・ウォールバーグW主演のコメディです。
      この2人、前に観た「アザー・ガイズ」でも共演してましたよね、あと観てませんが前作もか。笑
      ウィルが新しいパパでマークは元のパパ、どっちも子煩悩だけど「アザー〜」同様マークは喧嘩っ早いタフガイでウィルはボケ役。
      子供たちは両パパの間を行ったり来たり、でも今年は合同クリスマスにしよう!ってんで大盛り上がり…そんなタイミングで両パパの両パパも揃っちゃって、互いが互いに振り回され合って家族はジワジワとメチャクチャになっていきます。

      まずはマークの父が来訪、AC/DC「Thunderstruck」と後光を浴びて現れたのはなんとメル・ギブソン
      続いて現れたウィルの父は「ザ・コンサルタント」で善意の経営者ながら事件の黒幕という役柄を演じたジョン・リスゴー、これがウィルとどっこいどっこいのお人好しでワイルド親父メルとは息子ら同様正反対!
      更に現ウィルの妻はマークの新しい妻をライバル視、その連れ子はマークを拒否ってて…おそらく前作ではウィルとマークが「良きパパ」ぶりで張り合ってたんでしょうな、で本作では和解した筈の2人が密かに抑え込んでいた不満を爆発させ最悪のクリスマスに。笑

      ところが、いきなりミュージカル調のバンド・エイド曲で大和解のクライマックス…なんだこの取って付けた感動シーン、ここで泣いちゃったの僕だけだろ!?
      エンドロール中にラスト曲が中断した瞬間はDVDの故障かと焦りましたが、大和解の「Do they know it's Christmas」ノーカット版が流れてきてまた涙…本編ではマークの現妻の前夫とも和解しちゃう場面が挟まるのですが、歌詞の意味が分からないと今ひとつ笑えないのが残念なところ。
      最後の「ハドソン川の奇跡」ネタも日本人にはピンと来ないし、聖誕祭ネタもキリスト教圏だから可笑しいのであって…まぁビデオスルーだよね、それでもウィルの笑いが好きなら必見。

      追記:バンド・エイドに関するWikipedia情報によりますと、マークが過去に歌う筈だったボノのパートには“その中の一節"Well tonight thanks God it's them instead of you" <それ(飢餓の犠牲者)が君ではなく彼らだったことを神に感謝しよう>という部分があまりにひどすぎる”と作曲者のミッジ・ユーロに反対された作詞者ボブ・ゲルドフが「うわべだけの言葉ではなく、本音を伝えたい」と反対を押し切った経緯があるそうで…ひょっとしたら、その辺も踏まえてのネタだったりして。
      0
        | cinema | 2018.06.19 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |
        本日の脳内BGM
        SWING OUT SISTER「You on my mind」
        WILLIE NELSON「Always on my mind」
        AC/DC「Spellbound」
        MARVIN GAYE「I heard it through the grapevine」
        菅野よう子とシートベルツ「Mushroom hunting」
        菅野よう子 feat. ILARIA GRAZIANO「I do」
        菅野よう子「Get9」
        EN VOGUE「My lovin' (you're never gonna get it)」
        PRINCE & THE REVOLUTION「Mountains (extended version)」「Sometimes it snows in April」「Tambourine」
        STEVIE WONDER「Send one your love」
        (アーティスト不明)「氷雨」
        (アーティスト不明)「よせばいいのに」
        尾崎豊「卒業」
        LIQUID GOLD「Dance yourself Dizzy」
        BILLY JOEL「She's got away」
        CASIOPEA「Space road」「Tears of the star」「Asayake」
        DAVE GRUSIN ("THE FABULOUS BAKER BOYS"O.S.T.)「Shop 'till you bop」
        CASIOPEA「What can't speak can't lie」「Strasse」「Fabby dabby」「Living on a feeling」
        SWING OUT SISTER「Fooled by a smile」
        PRINCE & THE REVOLUTION「The ladder」「Paisley park」
        BOBBY CALDWELL「What you won't do for love」
        MAXI PRIEST with ELISHA LA'VERNE「Back together again」
        JACKSON 5「Got to be there」
        SWING OUT SISTER「Twilight world」


        *以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

        『Willie Nelson - Always On My Mind』


        『Cowboy Bebop - Mushroom Hunting Chase』(TVアニメ「カウボーイ・ビバップ」英語版の、エドとアインです)


        『攻殻機動隊 - i do(字幕付き)』(TVアニメ「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」ED曲ですが、元々は画像に使用されている続編「2nd GIG」の挿入歌だったそう;Sound Only)
        0
          | B.G.M. | 2018.06.18 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |
          最近行ったところ
          木場公園

          前日買ったMTBのパーツ、BBの交換を友人に手伝ってもらうために行きました…こういう作業は、以前はよく夢の島公園でメンテナンスしてたんですけど。
          まぁお互いの家の中間というか、彼の家に近い場所という事で今回は木場公園に…僕にしてみても、こないだ墓参りに行った清澄白河から目と鼻の先ですし。
          日差しは初夏でも風は涼しい日曜日、木陰の一角で作業開始…といってもBB交換の主役は友人で、僕は単なる助手だったんですが。
          墓参り前日、注文していたBBが届く前でしたがチャリ掃除ついでにバラしてみようとして行き詰まり…で、友人に相談したのです。

          アーレンキー(六角レンチ)だけじゃクランクが外れず、何かと思えば専用工具のクランク抜きを持っていなかったんですね僕…で、友人が「わざわざ買う必要ない」と作業を申し出てくれて今回に至った次第です。
          僕のMTBはオクタリンクという古い規格のBBを装着していて、それに交換したのは多分10年以上前で…やはり彼が、夢の島公園の端っこで作業してくれて以来そのまんまの代物。笑
          しかし友人は手際よく専用工具で固着していたクランクを外すとジャリジャリに汚れてたBBも数分で抜き取り、空洞の内側をクリーニング後に新品のBBを適正トルク圧で装着しクランク取り付けて作業完了。

          その間、僕はフレーム支え係とか汚れ拭き係で貢献…いや情けない話ですが、完全にお任せ状態でした。笑
          ずーっと気になってた異音が呆気ない程スッキリ解消、これで後10年は乗れるな…って、10年後もチャリダーなのか怪しいけど!
          MTBに乗り始めて早20年、最初に買ったジャイアントは今や全パーツ交換済み…その内サスやらフレームやらの高額パーツはすべて友人からの厚意なのですが、当時ギリギリ主流規格だったとはいえ今じゃ数世代前だったで入手困難になりつつあるパーツ多数で。
          進化し続ける規格に合わせてパーツ交換していくより、潔く止めちゃうかって。

          だって新車に乗り換えた所で同じ事の繰り返しと思うとね、すっかり町乗りオンリーになった現状でMTBはオーバースペックだし…なーんて気持ちになりつつも、久々にバンド以外の用事で会った友人と他愛もない話で盛り上がった心地好い日和の休日はささやかながら楽しい1日でした。
          いつもながらありがとう、と友人にこの場を借りて感謝します…そして今後とも、お世話になりますね。笑


          〈マウンテンバイク〉関連記事:
          【最近買ったもの】サドル| 2012.03.27
          【最近買ったもの】シフトレバー| 2013.03.10
          【最近買ったもの】リア用ホイール&アヘッドステム| 2013.05.03
          【最近買ったもの】チューブ| 2013.06.15
          【最近の初体験】ブレーキ・シューの交換| 2015.09.09
          【最近買ったもの】シフト&ブレーキワイヤー他メンテナンス用品| 2018.01.02
          【最近の初体験】シフターワイヤー交換| 2018.01.03
          【最近買ったもの】カートリッジ式ボトムブラケット| 2018.06.14
          0
            | visited / plan | 2018.06.17 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |
            本日の脳内BGM
            M「Pop muzik」
            KATRINA & THE WAVES「Walking on sunshine」
            MARK ISHAM & MARIANNE FAITHFULL「The hawk」
            THIRD WORLD「Before you make your move (melt with everyone)」
            MADONNA「Into the groove」
            菅野よう子 feat. ORIGA「Inner universe」「I do」
            BILLY JOEL「She's got away」
            布袋寅泰「Beat emotion」
            RY COODER「Go home girl」
            MEN AT WORK「Who can it be now?」
            QUARTERFLASH「Harden my heart」「Find another fool」
            THIRD WORLD「Low key-jammin'」
            PRINCE & THE REVOLUTION「Sometimes it snows in April」


            *以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

            『Men At Work - Who Can It Be Now? (Video Version)』(よりによってなサムネ画像ですな、オフィシャルなのに・・・笑)


            『Harden My Heart - Quarterflash (HQ/1080p)』(これまたサックスをフィーチャーしたバンドです、動画は後からアルバム音源を被せたみたいですね)
            0
              | B.G.M. | 2018.06.16 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |
              最近みたDVD
              「奇跡の絆」(←リンク先はTSUTAYA作品情報)

              原題「SAME KIND OF DIFFERENT AS ME」、'17年の「実話に基づく感動の物語」…何で借りようと思ったのかと、我を疑いましたよ。
              僕は作り話の方が好きなんです、別に感動実話を差別はしませんし「身の毛もよだつ実話」なんかよりは好きですし…実際にあった出来事なら、それはそれで善かったとも思いますとも。
              でも娯楽として楽しみたくない、というか娯楽作品になった時点で興味ないんです…ならなくてもないですけどね、例え身の毛もよだつ話であれ同程度には。
              それなのに何故?とツタヤ・ディスカスの記事ページを確認したら、スピリチュアル物と誤解してたのね?

              “夢に何度も現れる男”の話だと思っていたら、自惚れ中年が丸くなる話だったとは…しかも、その夢を見てたのは妻の方だったと。
              レニー・ゼルウィガーってチャリポツ姉ちゃんと思ってたら、ずいぶん老けてたのね…旦那のグレッグ・キニアーも印象まるで違うし、でもまぁジョン・ボイトは「真夜中のカウボーイ」以来でしたから分からなくても仕方ないですがね。
              このジョンが演じる偏屈爺、確かに“ニグロ”は“正しい呼び名”だし“…true story.”という返答も実話物だけに可笑しいです。
              夢シーンの映像は神秘的で素的でしたよ、飽くまで僕が観た主観ですけども。

              そうそう、夢の男は癇癪持ちでホームレスの黒人中年です…自惚れ中年は浮気発覚の償いから妻のボランティアを手伝う形でホームレスと関わり、それが黒人中年との友情へ発展します。
              前に「30DAYS」というドキュメンタリーで低所得生活に1か月チャレンジしたモーガン・スパーロック監督が、ちょっとした風邪の診察から生活が破綻していったのを思い出しました…日本以上に自己責任の国アメリカでは、ホームレスの背景も多種多様で抜け出す手段など皆無に等しいのね。
              “予約が必要なら/それは金持ちの遊びだ”
              “みんなホームレスです/1人も例外はいません/家に戻るために戦っている”

              妻のボランティア先は、ユニオン・ゴスペル・ミッション…あー、これもアメリカ南部が舞台だったのね?
              自惚れ中年はテキサス出身、夢の男はルイジアナ…バイユーでの洗礼にKKK、南北戦争前から未だ続く綿花地主の奴隷ってマジか!
              “約束を破ると夢は閉ざされます/夢を閉ざすと人生が破壊されます”とはエンドロールで流れる講演会での言葉、深いですなぁ。
              しかし(無精ヒゲに白いものが混じっている黒人)の役柄は、すべてモーガン・フリーマンが過去に演じてしまったのではないか?という気も…本作も実話をベースにしたとはいえ、脚色と演出はあるでしょうし。

              因みに原作/脚本の自惚れ中年ご本人もパーティー会場で出演、特典のメイキングは観ましたけども「マイケル・カーニー(多分、神童ケビンとは同名異人)監督と原作者ロン・ホールとアレキサンダー・フォアードによるコメンタリー」はいいや。
              日本語は字幕のみで吹き替えなしって事は、ビデオスルーだったんでしょうか?
              まぁちょっと地味で共感しづらいかもね、黒人中年の事情も伝わりにくいし。
              僕にとっては、肝心の夢が単に掴みの口実だった段階で興味が薄れてましたが。


              〈南部ローカル・ジョーク〉関連記事:
              【最近みたDVD】「デュークス・オブ・ハザード」| 2008.08.19
              【最近みたDVD】「ソウルメン」| 2013.01.07
              【最近みたDVD】「フォレスト・ガンプ/一期一会」| 2014.05.28
              【最近みたDVD】「ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習」| 2015.01.04
              【最近みたDVD】「タラデガ・ナイト オーバルの狼」| 2015.01.08
              【最近みたDVD】「あいつはママのボーイフレンド」| 2015.05.06
              【最近みたDVD】「レディ・キラーズ」| 2016.02.17
              【最近みたDVD】「トランザム7000」| 2017.08.31
              【最近みたDVD】「コンボイ」| 2017.09.24
              0
                | cinema | 2018.06.16 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |
                本日の脳内BGM
                サザンオールスターズ「みんなのうた」
                杉山清貴&オメガトライブ「ふたりの夏物語」
                RAY CONNIFF & THE SINGERS「Three coins in the fountain」
                PRINCE & THE REVOLUTION「Raspberry beret」
                STEVIE WONDER「Send one your love」
                ARABESQUE「In for a penny in for a pound」
                THE J.J.JOHNSON SEXTET「Mohawk」
                CASIOPEA「Right from the heart」
                SWING OUT SISTER「You on my mind」


                *以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

                『Arabesque - In For A Penny In For A Pound』(おぉ、六角通路だ・・・センターのサンドラは、後にエニグマへ参加していたそうですな)


                『Swing Out Sister - You On My Mind』(思いっ切りバカラック調ですな、PVもムードを意識してますね)
                0
                  | B.G.M. | 2018.06.15 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |
                  本日の脳内BGM
                  布袋寅泰「Climb」
                  CHIC「Party everybody」
                  RCサクセション「わかってもらえるさ」
                  JAMES "JT" TAYLOR「Master of the game」
                  ELVIS COSTELLO & THE ATTRACTIONS「Blue chair」
                  THIRD WORLD「Try Jah love」「Ride on」
                  SHOGUN「You turn me on」「Nana」「Silently she said」
                  THE MANHATTANS「I was made for you」
                  ザ・ブルーハーツ「未来は僕等の手の中」
                  SUBA「Felicidade (Buscemi Remix)」
                  CASIOPEA「From over the sky」
                  KRAFTWERK「Computer love」
                  菅野よう子 feat. ORIGA「Inner universe」
                  菅野よう子「Get9」


                  *以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

                  『Inner Universe 攻殻機動隊 歌詞付き』(TVアニメ「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」OP曲ですが、動画では続編「2nd GIG」や「SOLID STATE SOCIETY」の映像を編集したようで・・・しかしオリガ自身の作詞で、しかもロシア語とラテン語と英語だったとは!)


                  『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX OP「GET9」』(こちらも「S.A.C.」OP曲で、映像もそうですね・・・本当に菅野よう子って引き出し多いよなぁ!)
                  0
                    | B.G.M. | 2018.06.14 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |
                    最近買ったもの
                    カートリッジ式ボトムブラケット

                    ボトムブラケット、通称BBは自転車のパーツです…両方のペダルの中心軸、と言って通じるかなぁ?
                    以前から気になっていた、ペダル踏み込み時のギシギシ音を解消すべく他の可能性を潰していって、やっぱりBB交換しかないかと。
                    購入したのはSHIMANOのBB-ES51-E、サイズは73mm-113mm…同じ型番でも、BB本体の長さとペダルを固定するシャフト部分の長さで色々あるのが厄介なのです。
                    スペシャライズドのカタログによれば73mm-110.5mmなのですが、以前に交換したBBがSHIMANOのBB-ES71で73mm-113mmでね…でもES71は既に廃番らしく、適合しそうな型番を調べた次第。

                    といっても結局は僕のMTBを組んでくれた師匠に最終判断を仰ぎ、BB交換の作業も彼にお願いするというヘタレっぷり…こないだチャリのメンテした時にBBの様子をチェックしようとして、途中で専用工具が足りないと気付きまして。
                    で、相談してみたら時間を作ってもらえる事になったのです…それはまた近々、多分「最近行ったところ」として上げると思います。
                    でも買ったBBが適合しなかったら間抜けだよなー、そしたら現行のBBをキレイにしてグリスアップで当面はしのぐとしますがね!
                    ま、送料込みで¥3,612でしたからね…これでギシギシ解消すれば安いものです、師匠には酒を奢る方向で。


                    〈マウンテンバイク〉関連記事:
                    【最近買ったもの】サドル| 2012.03.27
                    【最近買ったもの】シフトレバー| 2013.03.10
                    【最近買ったもの】リア用ホイール&アヘッドステム| 2013.05.03
                    【最近買ったもの】チューブ| 2013.06.15
                    【最近の初体験】ブレーキ・シューの交換| 2015.09.09
                    【最近買ったもの】シフト&ブレーキワイヤー他メンテナンス用品| 2018.01.02
                    【最近の初体験】シフターワイヤー交換| 2018.01.03
                    0
                      | give / take | 2018.06.14 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |




                      ↑ top