(JUGEMレビュー »)

「チャンス」のピーター・セラーズが主演した'68年のMGMコメディ、冒頭の劇中劇で状況が分からないうちから笑わされました!
インドから来た駆け出し俳優に扮して、Mr.ビーンの原点か?っていう密室サイレント・コメディ・・・から騒ぎの果てが微妙にセンチメンタルなオチ、という抜け感もまた洒落てますよ。
紹介記事【2017.08.02】
デイブは宇宙船 [DVD]
デイブは宇宙船 [DVD] (JUGEMレビュー »)

「現代文化を異文化の視点で描く」という「星の王子 ニューヨークへ行く」パターンを、もう一捻りして「異星人集団のSF冒険活劇」に練り込んだ本作。
時代遅れの事前情報で人工衛星から計算外、妙に多機能なデイブ・ミン・チャン号・・・原始的で野蛮な文明に毒されていく乗組員、そして地球人と宇宙船のロマンス!
個人的にはクローゼットで大笑い、Old Navyネタも可笑しいな・・・「キャプテン・クランチ」ネタやアイスクリーム屋と間違われるコンチなスーツ姿など、分かればウケる要素も。
紹介記事【2017.03.14】
コンボイ [DVD]
コンボイ [DVD] (JUGEMレビュー »)

故サム・ペキンパー監督作では評価の低い本作、分かってねーよなぁ。
70年代に隆盛したカー・アクション的ロード・ムービーの流れを汲みつつも、救世主の物語が仕込まれてるのは何故?
少なくとも当時のアメリカにおけるトラック運転手という生業の社会的地位はド底辺、その連中からエクソダスが始まり・・・賞賛から憎悪へ豹変する世間に諦めない男と男、死して英雄となる世の中を笑うラストは痛快の一語!
紹介記事【2017.01.17】
PlayStation 2 ミッドナイト・ブラック SCPH-50000NB【メーカー生産終了】
PlayStation 2 ミッドナイト・ブラック SCPH-50000NB【メーカー生産終了】 (JUGEMレビュー »)

正直、ゲームはこれで未だに事足ります。
メーカーには悪いけど、精彩グラとかオンラインとか不要だし。笑
紹介記事【2017.04.21】
勝手に観光協会 勝手に御当地ソング47+1
勝手に観光協会 勝手に御当地ソング47+1 (JUGEMレビュー »)
勝手に観光協会
みうらじゅん&安斎肇による歌とコーラスで、全国各地の郷土愛を歌い上げる本作。
モチーフ探しの観光後、旅館の角部屋で共同作詞&レコーディング…テレコ直録りの部屋鳴りがまたトリップ感を昂ぶらせます。
10年越しの生みの苦しみは、ラスト沖縄の不自然なフェードアウトで昇天したかのよう。笑
[Disc1]紹介記事【2017.06.07】
[Disc2]紹介記事【2017.06.17】
ミッドナイト・ドリーム
ミッドナイト・ドリーム (JUGEMレビュー »)
マンハッタンズ
日本版ジャケの、煌めく摩天楼の夜景がピッタリな甘々コーラス。
ドゥワップ時代から息の長い男声グループによる、ブラック・コンテンポラリーなA.O.R.盤です。
正直、こういう毒にも薬にもならんようなベタさって本来は苦手な筈なんですが・・・1曲目でガッチリ掴まれましたよ、改めて聴いてみても非の打ち所がありません。
紹介記事【2017.01.31】
Discovery
Discovery (JUGEMレビュー »)
藤田千章,佐藤竹善,アンドリュー・オセロット,クリアー・フィッシャー,小林正弘,キャット・グレイ,西村智彦
今となってはジャケのCGがチープですけど、本作のサウンド・デザインは今でも驚異的です・・・楽器の各パートやフレーズと、イコライジングによる音域(周波数)特性の強弱とを緻密に計算してミックスされている気が。
特に最初の2曲に顕著で、更にラスト2曲ではデヴィッド・T・ウォーカーのギターをフィーチャーした佐藤竹善A.O.R.という意外性も。
紹介記事【2017.03.09】
 (JUGEMレビュー »)

久々に腹の皮が捩れるほど笑わせてもらいました、北海道ローカル局には勿体無いほど優秀なマジメ君の斜め上を行く“バカ枠入社”の花子さん・・・放送事故か奇跡の視聴率かとハラハラ、腹の皮がw
紹介記事【2017.01.19】
ローグギャラクシー ディレクターズカット PlayStation 2 the Best
ローグギャラクシー ディレクターズカット PlayStation 2 the Best (JUGEMレビュー »)

通常版に様々な新要素を追加し、ゲームバランスも再調整された本作・・・いわゆるクソゲー要素が低減したかは判りませんが、新たに水の星アリスティアへ行けるようになり嬉しい!
ただし武器が増えた分、その合成ルールが通常版から一部変更されて思い通りにいかないもどかしさも。
紹介記事【2017.08.16】
もののけ姫 [DVD]
もののけ姫 [DVD] (JUGEMレビュー »)

世間では不当なほど評価が低いようですが、宮崎駿のジブリ作品では本作こそが最高傑作です。
鎮西の乙事主の“このままでは わしらはただの肉として 人間に狩られるようになるだろう”という言葉が、やがて“小さくバカになりつつある”猪たちを狩りもせず流れ作業で食らう千尋の親に繋がるのです。
紹介記事【2017.04.29】
Zill O'll ~infinite~
Zill O'll ~infinite~ (JUGEMレビュー »)

PS版からのグラフック向上と、仲間キャラクターやイベントの増加で分岐するエンディングもアップした本作。
出身地によって変化する展開、イベントでの対処次第で敵にも味方にもなるキャラクター。
そして奥深い歴史設定が反映された人物造形など、何周しても飽きのこないゲームソフトです。
紹介記事【2017.11.15】
EMOTION the Best 機動警察パトレイバー2 the Movie [DVD]
EMOTION the Best 機動警察パトレイバー2 the Movie [DVD] (JUGEMレビュー »)

前作の(大規模ハッキングによるサイバー・テロ)が絵空事ではなくなった現在と、フェイク情報に自衛隊と警察が翻弄されて東京が戒厳令下に置かれる本作。
冒頭の場面は、PKO日報問題で揺れる現在が25年も前に描かれた本作に重なります。
ハードボイルドな展開に織り込まれた大人の恋路に、古典芸能の趣きを漂わせた演出は意味深です。
紹介記事【2017.04.30】
 (JUGEMレビュー »)

正直に言って、この作者の絵柄は苦手です・・・でも、本作にはこの絵柄しかない!って感じ。
だから苦手な方にも読んでみてほしいです、あの戦争について語らなかった人の気持ちが伝わってきます。
そしてラストの、現代に突き刺さる批評に思いを巡らせてほしいです。
紹介記事【2017.06.20】

最近読んだマンガ
星里もちる「怪獣の家」2巻

怪獣映画の撮影に自宅を提供した主人公の福田、主演女優ゆき&怪獣ヲタあめとの同居生活が始まり…って早くも前巻ラストでロケ撮アップ&ゆき退去、おいおいマジか!?と見事に惹き込まれての最終巻。
追加撮影のため戻ってきたゆき、彼女の気持ちに戸惑う福田…あめも自分の気持ちに揺れながら、それでもゆきを応援しちゃったり。
誰も愛せないと言う福田が、妹の死から未だ抜け出せないのは激しい後悔のせいで…涙も出ないのは薄情だからじゃなく、死を受け入れる事を拒んでいるから。
激しい口論が妹との永遠の別れになってしまって、ケンカの場面ばかり思い出してしまう福田。

そんな折も折、添乗員が外注になり福田は慣れない営業に回され…自宅で寝るようになったせいか怒らせた妹の夢ばかり見て、公私両面でキツい状態であめと再会してダークサイド発現。
初号試写会にも来ない福田ですが、ゆき&あめは監督を説得して福田のための試写会を…そして翌日はマンションに建て替えるため取り壊されてしまう家で、独り最後の夜を過ごす福田。
映画のストーリーを福田の物語に重ね合わせ、更に「家」という舞台が作者にとって欠くべからざる要素である理由をも垣間見せつつ「家」は役目を果たします…そしてラストは数年後の旭川へ、それぞれの新しい物語は続いてゆくのですな。

「光速シスター」といい、毎度ながら(どう終わらす気だ?)とハラハラさせて見事に予想外の幕切れへと着地させますね…(Aか?Bか?それともC?)と思わせるのが上手いのか、決してDではない真っ当なオチで軽く裏切られる感じ。
大体において主人公は存在感が薄いというか、基本的に巻き込まれ型なんだけど…結局は主人公の物語なんだよね、当たり前ですが。
最後の最後で読者を、切ないけどホッとさせるよね?
読み終える度に、なんか勿体ないような名残惜しいような気持ちになります。
0
    | comic | 2018.10.22 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |
    最近みたDVD
    「スーパースター 爆笑スター誕生計画」(←リンク先はTSUTAYA作品情報)

    原題も同じく「SUPERSTAR」、'99年のウィル・フェレル主演作です…というか主演はモリー・シャノンで2人は前年にも「ロクスベリー・ナイト・フィーバー」で共演してますが、本作の高校生役は流石に無理矢理すぎて痛々しいっす!笑
    しかもウィルが高校一のイケメン(&神様)で、モリーはイケてないおブスッ娘から彼に恋い焦がれサクセス…えぇ、そりゃあ「キレイに」とは言いませんがね?
    SNL Studios製作、という事はサタデー・ナイト・ライブ絡み?…実はウィルもモリーもSNL出身コメディアンなんだそう、というかむしろ非SNLなアメリカの喜劇俳優っているの?

    ベロチューに憧れて人知れずスーパースターを目指すモリー、モンローばりのパンチラで笑かしつつ厨二黒歴史ばりの妄想を炸裂させまくり…しかしバイト先のレンタルビデオ店に来たウィルと、何故かジョン・トラボルタのTV映画で意気投合して妄想は更に加速!
    その他「キャリー」や「陽のあたる場所」などの映像も引用されてました。
    サウンドトラックは、ゴー・ゴーズ/ブリトニー・スピアーズ/C&Cミュージック・ファクトリー/ナイト・レンジャー/ドナ・サマー/ジプシー・キングスなど。
    0
      | cinema | 2018.10.21 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |
      本日の脳内BGM
      EARTH, WIND & FIRE「Wanna be with you」
      SOPHIE & PETER JOHNSTON「Torn open」
      SLY & THE FAMILY STONE「(You caught me) smilin'」
      THE BRIAN SETZER ORCHESTRA「Sammy Davis city」
      ROBERT PALMER「Addicted to love」
      SWING OUT SISTER「Surrender」
      JIMMY CLIFF「The harder they come」
      KATE BUSH「Running up that hill」
      S.O.S. BAND「Take your time (do it right)」
      前川陽子/ハニーナイツ「魔法のマンボ」
      NU SHOOZ「I can't wait」
      ROGER「I want to be your man」


      *以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

      『Sophie And Peter Johnston - Torn Open』(Sound Only)


      『Kate Bush - Running Up That Hill (Official Music Video)』
      0
        | B.G.M. | 2018.10.20 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |
        昨日の脳内BGM
        SWING OUT SISTER「Twilight world」
        河合その子「涙の茉莉花Love」
        爆風スランプ「リゾ・ラバ -Resort lovers-」
        SING LIKE TALKING「そんな時は」「Burnin' love」
        THE MANHATTANS「You stand out」
        SERGIO MENDES & BRASIL '66「Fool on the hill」
        DIANA ROSS「If we hold on together」


        *以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

        『If we hold on together/short version [日本語訳付き] ダイアナ・ロス』
        0
          | B.G.M. | 2018.10.20 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |
          最近みたDVD
          「JAY AND SILENT BOB STRIKE BACK」(←リンク先はTSUTAYA作品情報)

          「ジェイ&サイレント・ボブ 帝国への逆襲」の特典映像と、オーディオ・コメンタリーにて再視聴…そういや最近の映画DVDってコメンタリー付かなくなったよなぁ、やっぱり一般的には需要ないのか或いはブルーレイ版の特典に回されてしまったのでしょうか?
          サイレント・ボブ役で監督と脚本を兼任したケヴィン・スミス、ストーリーボードを描き監督と共同編集を担当したプロデューサーのスコット・モシャー…ジェイ役のジェイソン・ミューズは監督の幼なじみだかで古くからの付き合いらしいけど、コメンタリーでは大して喋ってません(途中でトイレ行ってるし!)。
          基本的に真面目なコメンタリーだけど、あまり面白味はないなー。

          本作は「クラークス」から数えて5本目のケヴィン監督作で、ずっと脇役として登場していた2人を本作では主役に据えたのだとか…故に“事前に他の4本を見てないと十分には楽しめない”らしいですが、観てなくてあの程度だからね?笑
          劇中の2人が最初にヒッチハイクした車の尼さん役キャリー・フィッシャーは、ジェイソンに気安く話し掛けられてキレたらしい…因みに彼女は“レイア姫に言及しないことが出演の条件だった”というから、未だ吹っ切れてない時期だったのでしょうなぁ。
          逆に、劇中劇の悪役でサイヤ人っぽい髪型をしてたマーク・ハミルはスターウォーズ話にノリノリだったとか。

          赤ちゃん時代のサイレント・ボブを演じた(?)ハーレ・クイン・スミスは監督の娘で、今やティーンの美人女優だそう。
          監督の奥さんも自称主婦ながら自ら志願して、赤ちゃんボブの母親&美女窃盗団の一員として出演してました…他の美女にも劣らぬプロポーションではありましたが、やっぱ要所々々が婆臭いんだな!笑
          それにしても本作、大昔の劇伴みたいな音楽はネタなのか?…コメンタリーで絶賛してたけど、もしかして奥さんもネタじゃなくマジでイケてるとか思ってる?笑

          ラスト前の、ネット上で酷評していたクソガキやオッサンを容赦なくブチのめすシーンは痛快ですな…監督の願望みたいですが、もしかして僕も奥さんにブチのめされるのか?笑
          そしてオーラス、モリス・デイ&ザ・タイムのステージは映画「パープル・レイン」の場面に似せて造ったのだそう。
          エンドロールにもザ・タイムのメンバー全員の名前をクレジットしてて、本当に好きなんだろうなぁ。


          *以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

          『Jay and Silent Bob Strike Back - Kick Some Ass』


          『Jay and Silent Bob Strike Back - Morris Day & The Time (End Credits) - HD』
          0
            | cinema | 2018.10.20 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |
            最近やったゲーム
            PS2ソフト「FINAL FANTASY XII INTERNATIONAL ZODIAC JOB SYSTEM」

            前回の地下牢脱獄後、一度は別れたバッシュに空賊捜しを頼まれたヴァン…しかしその前にミゲロの店へ、ってパンネロ不在とは妙だな。
            ともあれ、ならばバッシュの件を片付けようと空賊のいそうな酒場へ行くも空振りかよ…ついでに貼り紙チェックして賞金首モンスター(モブ)討伐の依頼をゴッソリ引き受け、というか手付け状態に。
            先ずは手近なダウンタウンの依頼人に会い、地下水路のゴーストを倒しに行ったんだけど…物理攻撃が効かず、逆に呪い殺されかけてチビりつつ退散する羽目に!笑
            ギーザ平原集落の依頼も、話を聞きに行ったら時期尚早みたいだし…まぁバッシュと2人ってのも心許ないので、また魔法が使える仲間が増えるまでモブは保留だわ。

            もうちょっと簡単な討伐依頼が貼り出されてやしないかと酒場に引き返すと、2階席の雰囲気が違ってるような…するとミゲルが「パンネロが誘拐された」って、何処の物好きが何のために?笑
            バルフレアを目の敵にするバウンティ・ハンターが、何故かパンネロを彼の身内と勘違いして拉致ったらしい…んなの放っとけよ!という訳にもいかず、ヴァンは例のお宝と引き換えに飛空挺を出してもらう事に。
            バッシュも空中都市ビュエルバには私用があり、地下牢パーティの再結成ですな…とりあえず魔法が使えるフランをアテにしてゴースト再戦、バトルメンバー3人全員「死の宣告」食らって逃げに転じる直前に焚き上げて「死の宣告」はセーブクリスタルにタッチして治癒。
            これに触れれば全回復するのは有難い仕様ですな、まぁ「グランディア3」辺りから割とそうですけど。(補足あり)

            それはそうと、ラバナスタ・ダウンタウンで流れるBGMって、なんか「オーバーブラッド2」のダウンタウン?と似てるような…他も割と聴いたような曲調で、新鮮味には欠ける気が。
            飛空挺ターミナルで、用はないけどナルビナ城塞まで往路は「ゆったり」復路は「高速」の旅客飛空挺を利用してみました…なんか機内で手紙を預かっちゃったけど、一先ず後回しでバルフレア所有の飛空挺へ。
            ビュエルバに着くや帝国軍が空港を閉鎖、ここ中立国なのに…まさかバッシュの動きがバレてたのかも、いや或いは脱獄した空賊の捕縛が目的だったりして?笑
            ま、空港に長居は無用と。

            モーグリ族の多いビュエルバは良質な魔石が採れる事で知られ、パンネロ引き渡し場所は魔石鉱の最奥部らしく…空港を出たヴァン達に同行を申し出たのは訳あり気な少年ラモン、もしや彼が厳戒態勢の原因か?
            英語には詳しくないですが、ラモン少年の口調からは氏素性の良さを感じます。
            本日の魔石鉱はアルケイディア帝国のジャッジが視察のため臨時休鉱、ビュエルバ領主のオンドールは密かに良質な魔石をダルマスカ執政官ヴェインの元に送っているらしいけど…考えてみれば空中大陸で飛空石の原料を採掘してるのって、採り過ぎたら墜落する可能性が高いんじゃないの?笑

            補足:この「触れると全回復するセーブポイント」というのを、当ブログのプレイ記事内で考えてみたら、リリース順でいうと'01年の「FF10」が最も古いようですね・・・次いで'03年の「スターオーシャン3」、そして「グランディア3」「ローグギャラクシー」と一緒の'05年だったのでした。



            *以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

            『Final Fantasy XII Play-Through pt8: Lowtown』(ラバナスタの、ダウンタウンというか下層階っていうのが正確なのかな)


            『Final Fantasy XII Playthrough - Part 50, Rabanastre-Nalbina Airship, Ann's Letter Quest』(手紙イベント動画です)
            0
              | game | 2018.10.19 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |
              本日の脳内BGM
              米米クラブ「Shake hip!」
              S.O.S. BAND「Take your time (do it right)」
              SING LIKE TALKING「そんな時は」「Burnin' love」
              FISHBONE「A selection」「In the air」
              久保田利伸「もうひとりの君を残して」
              THIRD WORLD「In a time like this」「Low key-jamming」「Ride on」
              前川陽子「ひょっこりひょうたん島」
              THIRD WORLD「Jah, Jah children moving up」「Before you make your move (melt with everyone)」「You're playing us too close」
              "A CLOCKWORK ORANGE" O.S.T. by WENDY CARLOS feat. RACHEL ELKIND-TOURRE「Ninth symphony, fourth movement (abridged) (交響曲第9番「合唱」 〜第4楽章)」
              WILD CHERRY「Play that funky music」
              CHANGE「Paradise」
              HUEY LEWIS & THE NEWS「If this is it」


              *以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

              『Third World - You're Playing Us Too Close - 06/15/86 - Giants Stadium (OFFICIAL)』


              『S. O. S. Band Take your time Do it right 1980 HD 16:9』
              0
                | B.G.M. | 2018.10.18 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |
                最近やったゲーム
                PS2ソフト「スターオーシャン3 Till the End of Time」

                前回よりFD空間に来たフェイト一行、町といっても一軒々々がデカいだけで元の世界より人が少ない退屈な場所でした…居住区画からフェイト達が飛び出た巨大モニターのある広場に戻り、娯楽施設ジェミティに行って少年がくれた端末ディスクでシミュレーターにアクセスしてみます。
                ジェミティはFD界の人気ゲームを集めたテーマパークなので、若干メタ的な仕込みが…本作の展開そのものがメタ的なので、入れ子っぽさが面白い感じです。
                ネルの「私達の世界が誰に作られたかどうかでなく、遊びの為に作られたのなら許せない」といった台詞にも世界観が表れてますね。

                しかしマリアってソフィアには切り口上だなー、もしや(自分と運命を分かち合えるのはフェイトだけ)とでも思ってた?…そこにカノジョ面したド素人が、ノコノコ出て来て覚醒しちゃったらまぁ腹も立つか。笑
                実際、ソフィアって端目から見てもイラつくからなぁ…ただ彼女が事情を今イチ呑み込めないのは当然なんだよね、だってバンデーンに捕まってたんですから。
                マリアの端末操作によって、一行は訪問済みの惑星へと戻れるようになりました…FD界の住人がエターナル=スフィア界を訪れる要領で、てコトは彼らAIプログラムと同一のアバターを作って疑似転送するの?

                いや待って、ちょっと意味が分かんないんですけど…それってFD界に再構築されたフェイト達は元宇宙じゃデータ消滅扱いになってて、再度プログラム組んでデータ復旧状態にしたという解釈で合ってるのかな?
                ともかく最初のリゾート惑星と地球以外には行けるようになったので、一先ずミラージュ達の安否を確かめに惑星ストリームへ…って、やっぱ上空のクオーク宇宙船までは戻れないのか!
                仲間の無事を祈りつつ、お次は未開惑星その1へ…久しぶりに孤児の兄妹と再会したら思わずジ〜ンとしちゃいましたけど、実はゲーム内の時間経過でも数か月しか経ってなかったの?笑


                *以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

                『【PS4版スターオーシャン3HD】イベント&ムービーシーン集 #24 - FD空間【FullHD】』(22分と長いです、動画ではネルじゃなく若造が仲間になってますな・・・この場面で、シリーズ前作までのファンを敵に回したというストーリーの核心が明かされます)
                0
                  | game | 2018.10.18 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |
                  本日の脳内BGM
                  THE POWER STATION「Murderess」
                  AL YANKOVIC「Another one rides the bus」
                  MICHAEL JACKSON「Beat it」
                  S.O.S. BAND「Take your time (do it right)」
                  TAJA「時空(そら)のたもと」
                  SING LIKE TALKING「そんな時は」
                  THE MANHATTANS「You stand out」「Let your love come down」
                  DREAMS COME TRUE「忘れないで」
                  野呂一生「You can do it」
                  THE MANHATTANS「Honey, honey」
                  L'ARC〜EN〜CIEL「Honey」
                  CHAKA KHAN「I feel for you」
                  BOZ SCAGGS「Lowdown」
                  AVERAGE WHITE BAND「Whatcha' gonna do for me」
                  THE 24TH STREET BAND「Shoppin' 'round again」
                  PHILIP BAILEY「Go」
                  SERGIO MENDES & BRASIL '66「Fool on the hill」
                  THE MANHATTANS「I wanna thank you」
                  0
                    | B.G.M. | 2018.10.17 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |
                    最近買ったもの
                    自転車用前照灯

                    要はチャリのフロントライトです、まだ現役ですが先日ちょっと調子が悪かったので…だって使う時に壊れたら困るからね、夜中に開いてる店ないしお巡りさんに止められても厄介だし。
                    でも考えてみたら、コレが現状では一番古いパーツだったかも…チャリと一緒に購入した脱着式マグライトは電池の消耗が酷く、早々に買い換えたから10年どころじゃないもんなぁ〜?
                    何年も前から止め金サビサビになりながら、電池も過去2回しか替えた記憶がないという超スグレモノ…故に壊れるまでは使いたい、だけど壊れるとしたら夜だろうから交換用はサドルバッグに常備しとこうかと。

                    近所のチャリ屋で税込み¥2,580、CAT EYEのSL-LD210-Fで電池不要のソーラーパネル式!…という事は、サドルバッグに入れてたら出番が来ても充電不足で点かない!ってなるわな?笑
                    となると、現行品に並べて装着しておく方が好いのか…とりあえず2つあって困る訳でもないし、使い勝手も確かめられるって事で。
                    しかもソーラー君は自動点灯するらしく、手動のボタンも付いてるのです…明るさ切り替えはなく点滅のみ、取り付けパーツのプラスチックが脆くなければ値段相応って感じでしょうな。
                    それにしても、この1年はチャリ関係の出費が嵩むぜ…今更ながら、一式買い換えてりゃ好かったかも。笑

                    追記;amazonでなら¥1,649だったのね・・・でもまぁ先日のバリカンとでチャラかな。笑


                    〈マウンテンバイク〉関連記事:
                    【最近買ったもの】サドル| 2012.03.27
                    【最近買ったもの】シフトレバー| 2013.03.10
                    【最近買ったもの】リア用ホイール&アヘッドステム| 2013.05.03
                    【最近買ったもの】チューブ| 2013.06.15
                    【最近の初体験】ブレーキ・シューの交換| 2015.09.09
                    【最近買ったもの】シフト&ブレーキワイヤー他メンテナンス用品| 2018.01.02
                    【最近の初体験】シフターワイヤー交換| 2018.01.03
                    【最近買ったもの】カートリッジ式ボトムブラケット| 2018.06.14
                    【最近行ったところ】木場公園(BB交換)| 2018.06.17
                    【最近の初体験】チェーン切れ+リアディレーラー破損| 2018.08.20
                    【最近買ったもの】リアディレーラーなど補修パーツ類9点| 2018.08.22
                    【最近買ったもの】シフトレバー右用とアウターケーブル2セット| 2018.08.24
                    【最近の初体験】チェーン交換とリアディレーラー交換| 2018.08.25
                    【最近の初体験】チェーンリング(フロント)の交換| 2018.09.17
                    0
                      | give / take | 2018.10.17 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |




                      ↑ top