(JUGEMレビュー »)

「チャンス」のピーター・セラーズが主演した'68年のMGMコメディ、冒頭の劇中劇で状況が分からないうちから笑わされました!
インドから来た駆け出し俳優に扮して、Mr.ビーンの原点か?っていう密室サイレント・コメディ・・・から騒ぎの果てが微妙にセンチメンタルなオチ、という抜け感もまた洒落てますよ。
紹介記事【2017.08.02】
デイブは宇宙船 [DVD]
デイブは宇宙船 [DVD] (JUGEMレビュー »)

「現代文化を異文化の視点で描く」という「星の王子 ニューヨークへ行く」パターンを、もう一捻りして「異星人集団のSF冒険活劇」に練り込んだ本作。
時代遅れの事前情報で人工衛星から計算外、妙に多機能なデイブ・ミン・チャン号・・・原始的で野蛮な文明に毒されていく乗組員、そして地球人と宇宙船のロマンス!
個人的にはクローゼットで大笑い、Old Navyネタも可笑しいな・・・「キャプテン・クランチ」ネタやアイスクリーム屋と間違われるコンチなスーツ姿など、分かればウケる要素も。
紹介記事【2017.03.14】
コンボイ [DVD]
コンボイ [DVD] (JUGEMレビュー »)

故サム・ペキンパー監督作では評価の低い本作、分かってねーよなぁ。
70年代に隆盛したカー・アクション的ロード・ムービーの流れを汲みつつも、救世主の物語が仕込まれてるのは何故?
少なくとも当時のアメリカにおけるトラック運転手という生業の社会的地位はド底辺、その連中からエクソダスが始まり・・・賞賛から憎悪へ豹変する世間に諦めない男と男、死して英雄となる世の中を笑うラストは痛快の一語!
紹介記事【2017.01.17】
PlayStation 2 ミッドナイト・ブラック SCPH-50000NB【メーカー生産終了】
PlayStation 2 ミッドナイト・ブラック SCPH-50000NB【メーカー生産終了】 (JUGEMレビュー »)

正直、ゲームはこれで未だに事足ります。
メーカーには悪いけど、精彩グラとかオンラインとか不要だし。笑
紹介記事【2017.04.21】
勝手に観光協会 勝手に御当地ソング47+1
勝手に観光協会 勝手に御当地ソング47+1 (JUGEMレビュー »)
勝手に観光協会
みうらじゅん&安斎肇による歌とコーラスで、全国各地の郷土愛を歌い上げる本作。
モチーフ探しの観光後、旅館の角部屋で共同作詞&レコーディング…テレコ直録りの部屋鳴りがまたトリップ感を昂ぶらせます。
10年越しの生みの苦しみは、ラスト沖縄の不自然なフェードアウトで昇天したかのよう。笑
[Disc1]紹介記事【2017.06.07】
[Disc2]紹介記事【2017.06.17】
ミッドナイト・ドリーム
ミッドナイト・ドリーム (JUGEMレビュー »)
マンハッタンズ
日本版ジャケの、煌めく摩天楼の夜景がピッタリな甘々コーラス。
ドゥワップ時代から息の長い男声グループによる、ブラック・コンテンポラリーなA.O.R.盤です。
正直、こういう毒にも薬にもならんようなベタさって本来は苦手な筈なんですが・・・1曲目でガッチリ掴まれましたよ、改めて聴いてみても非の打ち所がありません。
紹介記事【2017.01.31】
Discovery
Discovery (JUGEMレビュー »)
藤田千章,佐藤竹善,アンドリュー・オセロット,クリアー・フィッシャー,小林正弘,キャット・グレイ,西村智彦
今となってはジャケのCGがチープですけど、本作のサウンド・デザインは今でも驚異的です・・・楽器の各パートやフレーズと、イコライジングによる音域(周波数)特性の強弱とを緻密に計算してミックスされている気が。
特に最初の2曲に顕著で、更にラスト2曲ではデヴィッド・T・ウォーカーのギターをフィーチャーした佐藤竹善A.O.R.という意外性も。
紹介記事【2017.03.09】
 (JUGEMレビュー »)

久々に腹の皮が捩れるほど笑わせてもらいました、北海道ローカル局には勿体無いほど優秀なマジメ君の斜め上を行く“バカ枠入社”の花子さん・・・放送事故か奇跡の視聴率かとハラハラ、腹の皮がw
紹介記事【2017.01.19】
ローグギャラクシー ディレクターズカット PlayStation 2 the Best
ローグギャラクシー ディレクターズカット PlayStation 2 the Best (JUGEMレビュー »)

通常版に様々な新要素を追加し、ゲームバランスも再調整された本作・・・いわゆるクソゲー要素が低減したかは判りませんが、新たに水の星アリスティアへ行けるようになり嬉しい!
ただし武器が増えた分、その合成ルールが通常版から一部変更されて思い通りにいかないもどかしさも。
紹介記事【2017.08.16】
もののけ姫 [DVD]
もののけ姫 [DVD] (JUGEMレビュー »)

世間では不当なほど評価が低いようですが、宮崎駿のジブリ作品では本作こそが最高傑作です。
鎮西の乙事主の“このままでは わしらはただの肉として 人間に狩られるようになるだろう”という言葉が、やがて“小さくバカになりつつある”猪たちを狩りもせず流れ作業で食らう千尋の親に繋がるのです。
紹介記事【2017.04.29】
Zill O'll ~infinite~
Zill O'll ~infinite~ (JUGEMレビュー »)

PS版からのグラフック向上と、仲間キャラクターやイベントの増加で分岐するエンディングもアップした本作。
出身地によって変化する展開、イベントでの対処次第で敵にも味方にもなるキャラクター。
そして奥深い歴史設定が反映された人物造形など、何周しても飽きのこないゲームソフトです。
紹介記事【2017.11.15】
EMOTION the Best 機動警察パトレイバー2 the Movie [DVD]
EMOTION the Best 機動警察パトレイバー2 the Movie [DVD] (JUGEMレビュー »)

前作の(大規模ハッキングによるサイバー・テロ)が絵空事ではなくなった現在と、フェイク情報に自衛隊と警察が翻弄されて東京が戒厳令下に置かれる本作。
冒頭の場面は、PKO日報問題で揺れる現在が25年も前に描かれた本作に重なります。
ハードボイルドな展開に織り込まれた大人の恋路に、古典芸能の趣きを漂わせた演出は意味深です。
紹介記事【2017.04.30】
 (JUGEMレビュー »)

正直に言って、この作者の絵柄は苦手です・・・でも、本作にはこの絵柄しかない!って感じ。
だから苦手な方にも読んでみてほしいです、あの戦争について語らなかった人の気持ちが伝わってきます。
そしてラストの、現代に突き刺さる批評に思いを巡らせてほしいです。
紹介記事【2017.06.20】

本日の脳内BGM
THE SMITHS「The boy with thorn in his side」
BOB MARLEY「Redemption song」
種ともこ「片恋同盟」
NICK LOWE「Cruel to be kind」
BOΦWY「Baby action」
YOU & THE EXPLOSION BAND「恋はサンパウロ」「抱いて、ルパン / I miss you babe(yes, I do)」
KC & THE SUNSHINE BAND「Let it go (part 1 & 2)」
ERIC CLAPTON「Tears in heaven」「Knockin' on heaven's door」
ゴダイゴ「キャリー・ラヴ」
PRINCE & THE REVOLUTION「When doves cry」
NICK LOWE「Cracking up」
THE HOLLIES「Long cool woman (in a black dress)」
オリジナル・ラヴ「夢を見る人」
SHALAMAR「You're the one for me」


*以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

『Eric Clapton - Tears In Heaven (Official Video)』


『Long Cool Woman in a Black Dress - The Hollies』
0
    | B.G.M. | 2018.11.21 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |
    最近みたDVD
    「ReLIFE」File.7(←リンク先はTSUTAYA作品情報)

    何故かアバンなしの「report12 ダブルパニック」、ようやく夏休み突入で高校時代は当然だった長期休暇の有り難みに震える海崎。
    しかし期末も赤点だったので夏休みでも補習登校なのね、補習&再試を繰り返す日々は現在も進行形っと。
    些細な大神の言葉に動揺する狩生、そりゃあ彼が付属大エレベーター受験じゃなきゃ離ればなれになっちまうわな…しかし1学期終了の慰労会を海崎宅で開く夜明&小野屋、彼の家なら飲みも経費で落ちるって?笑
    その席で話題に上がったのが、狩生の気持ちに気付いてない大神の鈍さ…そして大神を早速いじる海崎、でもブーメラン発言で自爆!

    “気付いたら将来仲間内で独り身は自分だけという事に!”って、そりゃあ海崎の言う台詞じゃねーやなぁ?笑
    チャラく見えてシッカリ屋さん、しかも案外ウブな大神…海崎への「バカのクセに!」は笑ったなー、でもシッカリ意識しちゃって!
    恋を自覚した大神、花火大会で告っちゃえ!から夜明&小野屋+日代の作戦会議へ…すっかり女性経験豊富キャラ認定された海崎、やっぱりED曲はホワイトベリーの打ち上げ花火〜!じゃなくて「夏祭り」かぁ。
    いつもは海崎がベランダ閉めてフェードアウトなのに今回は続きあり、アバン抜いた分を後ろに回したにしても何か意味があるのか?

    という訳で花火大会の「report13 告白」、いきなり気を利かされ2人きりで戸惑う大神と狩生…そして海崎は小野屋にくっつかれながら、夜明と腕を組んでる日代を見て心がザワザワ。
    あの2人を告白ムードに誘導した気でいた海崎、まさか自分も日代と2人きりにされるとは!…とはいっても鮮やかに咲いて散りゆく花火のように、卒業すれば仲間たちの記憶から消される海崎にしてみれば日代の残り少ない高校生活の思い出を奪う真似は出来ず。
    でもやっぱ被験者No.001は日代なので、実は何も問題ないんじゃないのかな〜?
    好いムードで新学期スタート、ってあれ?最終回?!

    ED曲がOPと同じってだけでなく次回予告もないし、だけど「2学期からは小野屋が日代のサポート担当に就く」発言は何なのさ…というか、宅配レンタルの記事ページには9巻まであるけど続きはOVAなの?


    前巻
    0
      | animation | 2018.11.21 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |
      本日の脳内BGM
      MARLENA SHAW(from the "LOOKING FOR Mr. GOODBAR" O.S.T.)「Don't try to stay until tomorrow」
      BOB MARLEY & THE WAILERS「No woman, no cry」
      CASIOPEA「Strasse」
      AC/DC「Evil walks」
      POINTER SISTERS「Jump (for my love)」
      THE TRAVELING WILBURYS「End of the line」
      菅野よう子 feat. ORIGA「I do」
      REBECCA「Moon」
      SHALAMAR「You're the one for me」
      TAYLOR DAYNE「Tell it to my heart」
      SING LIKE TALKING「Joy」
      0
        | B.G.M. | 2018.11.20 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |
        最近行ったところ
        清澄白河(深川江戸資料館)

        いや本来の目的は墓参りだったんですけどね、近くだし久しぶりに寄って来ました…もう何度も来てるので当時の区割りを原寸で再現した家並みは見慣れてるんですが、見飽きませんよ。
        ココの好い所は、展示に触れられるし家屋に上がり込んだり出来る点ですね…縁側で雨の音を聞いていたら、亡き祖父母の家が木造だった頃を思い出しました。
        小引き出しや戸棚の中にある小道具の考証など、細部にまでこだわっています。
        一人で古地図を眺めてたら係員に話し掛けられ、当時の絵図が酉の方角(西)を上にして描かれている事を教わりました…小ネタの振り方が、また上手いんだわ。

        竪川や横川といった地名も西を上にすると縦横だからだったとか、空き地が多い場所は縮尺を詰めて描かれているとか…一旦は掘った水路も使い勝手に合わせて埋め戻していたとかで、その名残に堀留という地名があるといった話が次々と!
        その話しぶりも適当に間があって押し付けがましくなく、今度からは積極的に話し掛けてガイドしてもらおうという気になりました。
        もう開館から20年以上は経ってる筈なので、流石に屋根の上の猫も草臥れてきてますが…また墓参りのついでとか、あるいは誰か誘って来てみるとしますか。
        それにしてもMOT、いつまで改装工事してるんだ?


        関連記事:
        【最近行ったところ】深川・清澄| 2008.05.11
        【最近行ったところ】清澄白河| 2008.12.31
        【最近行ったところ】清澄白河| 2011.04.12
        【最近行ったところ】深川| 2012.03.28
        【最近行ったところ】深川| 2013.08.25
        【最近行ったところ】墓参り、深川江戸資料館、木場公園| 2015.04.04
        【最近行ったところ】深川(清澄白河)、MOT(東京都現代美術館)| 2015.07.30
        【最近行ったところ】深川(墓参り)| 2016.08.22
        【最近行ったところ】清澄白河| 2018.05.24
        0
          | visited / plan | 2018.11.20 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |
          本日の脳内BGM
          BOΦWY「My honey」
          KATRINA & THE WAVES「Walking on sunshine」
          BOB MARLEY「Redemption song」
          STRAY CATS「Rock this town」
          COMPLEX「恋をとめないで」「Rambling man」
          0
            | B.G.M. | 2018.11.19 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |
            昨日の脳内BGM
            HUEY LEWIS & THE NEWS「Change of heart」
            オリジナル・ラヴ「朝日のあたる道 -As time goes by-」
            T.REX「The slider」
            THE POWER STATION「Lonely tonight」
            YOU & THE EXPLOSION BAND「恋はサンパウロ」
            BOB MARLEY & THE WAILERS「Jamming」
            BOB MARLEY「Redemption song」
            HISHAM FAGEEH「No woman, no drive」
            布袋寅泰「Dancing with the moonlight」
            MARTY BALIN「Hearts」
            0
              | B.G.M. | 2018.11.19 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |
              最近読んだマンガ
              藤原カムイ×寺島優「雷火 (普及版)」第十一巻

              ライカが前巻ラストで出会った娘は狗奴国の馬番衆で、元は海を渡ってきたというリン…なるほど馬の扱いは手慣れたもの、勝ち気な彼女に心惹かれるライカ。
              邪馬台国のクーデターに敗れ、追撃を受けながらも狗奴国に辿り着いた生口頭ダナン…彼が「壱与は裏切り者」と告げた事で迷いを吹っ切ったライカでしたが、彼の出陣を止めたのは他ならぬ狗奴国王なのでした。
              “猪突猛進の単純野郎にオレの大事な兵はやれねぇ”と、ライカに「五房の行」を受けさせます…予想以上に強大化した邪馬台国を攻め落とすには、先ず狗奴国の後継者を見極める神事で実力を示さねばならぬと。

              孤立無援で暗黒の行、毒虫の行そして毒ガスの行と次々に突破していくライカ。
              前巻で張政の影武者として老師と対決し、落首した仲間を葬る公孫衆…邪馬台国へ偵察に出た騎馬隊は彼らの前に為す術もなく、囚われた夜美はタマキの壮絶な拷問に曝されるのでした。
              描き方が上手いのか、比較的ライトな拷問ながら目を背けたくなりましたよ…と同時にタマキの性格ならばもっとエゲツナイ手段を講じそうな気も…しかし巻末の「雷火設定資料集(九)」でも作者みずからネタにしてましたけど、なんで夜美はブルマ履いてんのさ?笑


              前巻
              0
                | comic | 2018.11.19 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |
                最近やったゲーム
                PS2ソフト「FINAL FANTASY XII INTERNATIONAL ZODIAC JOB SYSTEM」

                前回は、召喚獣1号を捕獲して無事に王家の証を得た元王女アーシェと空賊一味…しかし亡き夫の幻影が何故こんな場所に、彼女を導いているのでしょうか?
                王墓から出るや、航空不能エリアだった筈なのに帝国軍の飛空挺がわんさか…信頼していた戦友ウォースラの裏切りで王家の証=天然破魔石を取り上げられたアーシェと空賊は再び身柄を拘束されますが、旗艦内で破魔石を測定しようとしたら魔霧(ミスト)過敏のフランが魔酔いバーサーク化?
                よく分かりませんが古の破魔石を軽視した結果メルトダウン、空賊一味はギリギリ脱しましたが帝国艦隊は巻き添えで全滅だってさ。

                破魔石=王家の証を回収したアーシェ&空賊一味はダルマスカ城下ラバナスタへと身を潜め、時機を見たビュエルバ領主オンドール侯は各地の反帝国勢力を統率し解放軍を結成…たまに講釈を述べる語り手が実は侯爵だったのね、つまり本作は彼が後に記した回想録の再現ドラマという訳です。
                この構造も「FF10」だな、過去の出来事であるのなら分岐のない一本道である事はむしろ当然だよね?
                批判厨から揚げ足を取られないよう辻褄合わせるのも大変そうだわ、不満の声を減らそうと広大なフィールドに精細なグラフィックにセーブポイントでの全回復と盛り込んでも貶されて。

                だって日本語CVの無印版は別名「オイヨイヨ」ですからね、まぁ本作はCVが英語なので言われないけど…そういや本作の4倍速モードも無印版の「移動が面倒」という意見が反映されたそうですが、製作サイドにしてみれば(フィールドを広くしたら移動距離も長くなるに決まってんだろ!)と呆れた事でしょう。笑
                さてオンドール侯の率いる解放軍がアルケイディア帝国に反旗を翻さんとするタイミングで、覇権を競う西の大国ロザリアもまた機に乗じて蠢動を始めました。
                独断運用で艦隊を全滅させた第三皇子ヴェインの責を問う元老院、皇帝グラミスは泣いて馬謖を斬るのか?

                艦隊を消し飛ばした破魔石は、かつてアーシェの亡き夫の故郷を滅ぼした威力に匹敵する…戦時のそれとラバナスタ王宮からヴァンがちょろまかしたお宝と、覇王の遺産2つを隠し持つが故に、帝国は人造破魔石の生成が可能だったようで。
                それ故にヴェインも血眼で艦隊を動かしたのね、改めて帝国への復讐を誓うアーシェではありますが使いこなせなきゃ覇王の遺産も宝の持ち腐れ…なので魔石に詳しい古き民に相談すべくオズモーネ平原の先にあるガリフの里へ、といっても空賊はタダじゃ動かないので内金の代わりにアーシェの結婚指輪を要求します。
                んー、ちょいと意味深。笑

                今度は遠出になりそうなので、ラバナスタを発つ前に各ショップなど覗きつつNPC達から一通り情報収集を…って、やけに頼まれ事されちゃって嬉しい悲鳴!
                西の砂漠の砂嵐の件に、東の川岸のサボテン息子探しに…地下の空き家の元住人の置き手紙の件に、あと何だっけ?まだあった気が。


                *以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

                『Final Fantasy XII English and Japanese Voice Comparison ファイナルファンタジーXII 日本版とインターナショナル版声比較』(国内盤の日本語CVは、聞き慣れないので違和感が・・・ちなみにバッシュの日本語CVは小山力也なのね、個人的にはインター盤のフランの掠れた声が好きだな)


                『FFXII: The Barheim Key』(サボテン息子を解決すると渡し舟が利用可能になる他、バルハイム地下道の鍵ももらえるのですな)
                0
                  | game | 2018.11.18 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |
                  本日の脳内BGM
                  STEVIE WONDER「Lately」
                  BILLY JOEL「If I only had the words (to tell you)」
                  SCORPIONS「Rock you like a hurricane」
                  REBECCA「Raspberry dream」
                  THE LOVIN' SPOONFUL「Summer in the city」
                  山下達郎「The theme from Big Wave −ビッグ・ウェイブのテーマ−」
                  THE WHO「All right now」
                  DONNA SUMMER「Hot stuff」
                  THE BEACH BOYS「Don't worry baby」
                  0
                    | B.G.M. | 2018.11.17 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |
                    最近やったゲーム
                    PS1ソフト「エクソダスギルティー」

                    前回の続きは【未来/スィー編】から、いきなり倒れたラーライラが回復するまで博多弁プロフェッサーのティティ宅にご厄介を…因みにティティ、王室に頼らない自活の道を研究しているせいで肩身が狭いとか。
                    食糧による依存で市民を支配している王室にしてみれば、善からぬ研究という訳ね…そもそも人が何故こんな終末を生きねばならないのか、それすらも忘れ去られている時代なのでした。
                    ラーライラが寝込んでいる今、ティティが話したがらないウーの話を聞き出すためにレイルルを連れて関門の情報集めに出るスィー。
                    関所破りを試みた人物のせいで、町は警護兵だらけ。

                    また四方を行きつ戻りつしていると関所破り未遂犯が捕らえられ、処刑されるとの情報が…ティティから手製えんまく弾を受け取り、大聖堂こと首切り堂に行くと年端もいかぬ少年が!
                    そこで一計を案じたスィー、レイルルにゴキ虫コスプレさせてパニックを起こして少年タツタと脱出…関所の向こうにあるヴィレッジ・ギルドに帰ろうとした彼は、シティを壊滅させた極悪2人組への警戒で門が閉ざされたため強行突破しようとしたのだそうで。笑
                    話に尾ヒレ付きまくり、ガチムチ悪党と思われてるスィー&ライリー…おかげで可憐な(?)2人はスルーな訳で、そこは喜ぶべきか?

                    ここで【過去/アーレス編】にザッピング、川の氾濫から少女を救おうとして逆に助けられたアーレス…彼女の名前はウィルじゃなくアクア、彼女が見付けたという「かしの木のつぼ」を受け取って中を確かめると「紋章のことわり」を記した紙片が出てきました。
                    その後また行きつ戻りつしても進展なくウル・アークに戻ってきた彼は、マーサと面会して去った眼帯の男がアブラームの従者ディーだったと聞かされました。
                    ディーは各地で神への冒涜を説いて神官から睨まれているらしく、プレン・アークのウィルに生け贄となる事を拒むよう進言したとの噂も小耳に挟みますが。

                    再会したアクアは、マーサがディーと面会した事で神官たちの怒りを買ったと言い…もしやと思ってウル集落に急行すれば案の定、炎の神官フレアの放った業火により処刑されるマーサ。
                    しかし彼女は自ら命を差し出す事で集落を全滅から救ったのです、ここでアーレスが激情に駆られフレアに逆えばマーサの遺志を無にしてしまう…人気の絶えた集落に現れたディーは、神官たちが民への弾圧を強める事が本当に“神の意志”かを質したいと言います。
                    彼が放浪して得た情報は、四大元素のアイテムが神に会う条件である事…そしてマーサとウィルには、神に選ばれた印があった筈と。

                    ウィルの体に印された痣は“悪魔の杖”、マーサのは“神の杖”と呼ばれていて…その2つの杖が交わる時に起こる“何か”を神は欲している、それを2人とも知っていながら拒んだと。
                    とすれば、マーサは処刑される事によって神の望みを断ったのか?…それは命懸けの異議申し立てだったのか、また別の理由なのか?
                    アブラームの志を継ぐディーは、今もアブラームが眠る迷いの森を突破する手段を探すため生き字引の老婆をシー・アークへ訪ねると言い…アーレスは先ず、何らかの理由で神の裁きに加わらなかった水と砂の神官に接触する事にしました。
                    と、今回はここまで。
                    エクソダスギルティー1(←左クリックで拡大表示されます)
                    0
                      | game | 2018.11.17 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |




                      ↑ top