(JUGEMレビュー »)

「チャンス」のピーター・セラーズが主演した'68年のMGMコメディ、冒頭の劇中劇で状況が分からないうちから笑わされました!
インドから来た駆け出し俳優に扮して、Mr.ビーンの原点か?っていう密室サイレント・コメディ・・・から騒ぎの果てが微妙にセンチメンタルなオチ、という抜け感もまた洒落てますよ。
紹介記事【2017.08.02】
デイブは宇宙船 [DVD]
デイブは宇宙船 [DVD] (JUGEMレビュー »)

「現代文化を異文化の視点で描く」という「星の王子 ニューヨークへ行く」パターンを、もう一捻りして「異星人集団のSF冒険活劇」に練り込んだ本作。
時代遅れの事前情報で人工衛星から計算外、妙に多機能なデイブ・ミン・チャン号・・・原始的で野蛮な文明に毒されていく乗組員、そして地球人と宇宙船のロマンス!
個人的にはクローゼットで大笑い、Old Navyネタも可笑しいな・・・「キャプテン・クランチ」ネタやアイスクリーム屋と間違われるコンチなスーツ姿など、分かればウケる要素も。
紹介記事【2017.03.14】
コンボイ [DVD]
コンボイ [DVD] (JUGEMレビュー »)

故サム・ペキンパー監督作では評価の低い本作、分かってねーよなぁ。
70年代に隆盛したカー・アクション的ロード・ムービーの流れを汲みつつも、救世主の物語が仕込まれてるのは何故?
少なくとも当時のアメリカにおけるトラック運転手という生業の社会的地位はド底辺、その連中からエクソダスが始まり・・・賞賛から憎悪へ豹変する世間に諦めない男と男、死して英雄となる世の中を笑うラストは痛快の一語!
紹介記事【2017.01.17】
PlayStation 2 ミッドナイト・ブラック SCPH-50000NB【メーカー生産終了】
PlayStation 2 ミッドナイト・ブラック SCPH-50000NB【メーカー生産終了】 (JUGEMレビュー »)

正直、ゲームはこれで未だに事足ります。
メーカーには悪いけど、精彩グラとかオンラインとか不要だし。笑
紹介記事【2017.04.21】
勝手に観光協会 勝手に御当地ソング47+1
勝手に観光協会 勝手に御当地ソング47+1 (JUGEMレビュー »)
勝手に観光協会
みうらじゅん&安斎肇による歌とコーラスで、全国各地の郷土愛を歌い上げる本作。
モチーフ探しの観光後、旅館の角部屋で共同作詞&レコーディング…テレコ直録りの部屋鳴りがまたトリップ感を昂ぶらせます。
10年越しの生みの苦しみは、ラスト沖縄の不自然なフェードアウトで昇天したかのよう。笑
[Disc1]紹介記事【2017.06.07】
[Disc2]紹介記事【2017.06.17】
ミッドナイト・ドリーム
ミッドナイト・ドリーム (JUGEMレビュー »)
マンハッタンズ
日本版ジャケの、煌めく摩天楼の夜景がピッタリな甘々コーラス。
ドゥワップ時代から息の長い男声グループによる、ブラック・コンテンポラリーなA.O.R.盤です。
正直、こういう毒にも薬にもならんようなベタさって本来は苦手な筈なんですが・・・1曲目でガッチリ掴まれましたよ、改めて聴いてみても非の打ち所がありません。
紹介記事【2017.01.31】
Discovery
Discovery (JUGEMレビュー »)
藤田千章,佐藤竹善,アンドリュー・オセロット,クリアー・フィッシャー,小林正弘,キャット・グレイ,西村智彦
今となってはジャケのCGがチープですけど、本作のサウンド・デザインは今でも驚異的です・・・楽器の各パートやフレーズと、イコライジングによる音域(周波数)特性の強弱とを緻密に計算してミックスされている気が。
特に最初の2曲に顕著で、更にラスト2曲ではデヴィッド・T・ウォーカーのギターをフィーチャーした佐藤竹善A.O.R.という意外性も。
紹介記事【2017.03.09】
 (JUGEMレビュー »)

久々に腹の皮が捩れるほど笑わせてもらいました、北海道ローカル局には勿体無いほど優秀なマジメ君の斜め上を行く“バカ枠入社”の花子さん・・・放送事故か奇跡の視聴率かとハラハラ、腹の皮がw
紹介記事【2017.01.19】
ローグギャラクシー ディレクターズカット PlayStation 2 the Best
ローグギャラクシー ディレクターズカット PlayStation 2 the Best (JUGEMレビュー »)

通常版に様々な新要素を追加し、ゲームバランスも再調整された本作・・・いわゆるクソゲー要素が低減したかは判りませんが、新たに水の星アリスティアへ行けるようになり嬉しい!
ただし武器が増えた分、その合成ルールが通常版から一部変更されて思い通りにいかないもどかしさも。
紹介記事【2017.08.16】
もののけ姫 [DVD]
もののけ姫 [DVD] (JUGEMレビュー »)

世間では不当なほど評価が低いようですが、宮崎駿のジブリ作品では本作こそが最高傑作です。
鎮西の乙事主の“このままでは わしらはただの肉として 人間に狩られるようになるだろう”という言葉が、やがて“小さくバカになりつつある”猪たちを狩りもせず流れ作業で食らう千尋の親に繋がるのです。
紹介記事【2017.04.29】
Zill O'll ~infinite~
Zill O'll ~infinite~ (JUGEMレビュー »)

PS版からのグラフック向上と、仲間キャラクターやイベントの増加で分岐するエンディングもアップした本作。
出身地によって変化する展開、イベントでの対処次第で敵にも味方にもなるキャラクター。
そして奥深い歴史設定が反映された人物造形など、何周しても飽きのこないゲームソフトです。
紹介記事【2017.11.15】
EMOTION the Best 機動警察パトレイバー2 the Movie [DVD]
EMOTION the Best 機動警察パトレイバー2 the Movie [DVD] (JUGEMレビュー »)

前作の(大規模ハッキングによるサイバー・テロ)が絵空事ではなくなった現在と、フェイク情報に自衛隊と警察が翻弄されて東京が戒厳令下に置かれる本作。
冒頭の場面は、PKO日報問題で揺れる現在が25年も前に描かれた本作に重なります。
ハードボイルドな展開に織り込まれた大人の恋路に、古典芸能の趣きを漂わせた演出は意味深です。
紹介記事【2017.04.30】
 (JUGEMレビュー »)

正直に言って、この作者の絵柄は苦手です・・・でも、本作にはこの絵柄しかない!って感じ。
だから苦手な方にも読んでみてほしいです、あの戦争について語らなかった人の気持ちが伝わってきます。
そしてラストの、現代に突き刺さる批評に思いを巡らせてほしいです。
紹介記事【2017.06.20】

最近みたDVD
「カンフー・ヨガ」(←リンク先はTSUTAYA作品情報)

原題もそのまま「KUNG FU YOGA」、中国とインドという地理的には密接し政治的には敵対する二大国…大きく異なる気候と文化を、ジャッキー・チェンが橋渡し?
唐と天竺との友好は、マガダ国を武力制圧したアルジュナの軍勢が大使の王玄策を襲撃し一触即発…マガダ国王の依頼で吐蕃(チベット)援軍を率いてアルジュナの象軍と対決、って冒頭から「無双」系CGアクション。笑
ジャッキー・チェン教授は考古学者、自分で「インディー・ジョーンズ」と言っちゃうので他に説明は不要でしょう。
マガダ財宝を追って消息を絶った親友の息子ジョーンズと教授の助手と、インドの美女アスミタ博士&助手が協力して宝探し…これは“一帯一路”政策にも合致するとか言わせる辺りがネタなのかマジなのか、先ず赴くはコンロン山脈の地下水脈。

一方、仇敵アルジュナの末裔も財宝強奪に動き出し…意外とすんなり序盤で財宝防衛ミッションは片付きましたね、奥義の内三合と外三合はカンフーRPG「射雕英雄傳」を思い起こさせます。
そこからジョーンズが持ち逃げした「真なる財宝の鍵」が、ドバイのオークションに出品されて豪勢なカーチェイス展開へ…件(くだん)の「鍵」は世界を支配する“シヴァの目”、しかし結末うやむやボリウッド式ダンスで終劇〜。笑
印中友好ムードを醸しながらも、最初の神殿内シークエンスで踊るバックダンサーは中国人女性で固めている辺り流石チャイナ・ファースト。
最早ジャッキー映画という看板で観るべきではないね、むしろ出てなきゃガッカリしないレベル。


〈ジャッキー・チェン〉関連記事:
【最近みたビデオ】「蛇拳」| 2007.09.14
【最近みたDVD】「ドラゴン・キングダム」| 2013.04.25
【最近みたDVD】「カンニング・モンキー 天中拳」| 2018.02.11
【最近みたDVD】「ドラゴンロード」| 2018.02.22
【最近みたDVD】「スキップ・トレース」| 2018.03.14
0
    | cinema | 2018.09.24 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |
    本日の脳内BGM
    TAYLOR DAYNE「Tell it to my heart」
    KAJAGOOGOO「Too shy」
    中森明菜「ミ・アモーレ」
    山下達郎「The theme from Big Wave −ビッグ・ウェイブのテーマ−」
    MARY WELLS「My guy」
    TOWER OF POWER「So very hard to go」「Below us, all the city lights」


    *以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

    『Kajagoogoo - Too Shy BASS cover by Luke Jaeger』(いわゆる弾いてみた動画です、当時はアイドル視してましたけど実は自作自演だったんですね・・・動画の人は勝手にオブリ入れたりしてますが、イントロやサビのフレーズはかっこいいんだよなぁ)
    0
      | B.G.M. | 2018.09.23 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |
      最近みたDVD
      「ダウンサイズ」(←リンク先はTSUTAYA作品情報)

      マット・デイモン主演で原題も「DOWNSIZING」、要は手のひらサイズに小さくなった主人公のお話です…といっても目の付け処が面白く、僕も「あらゆる問題の根本原因は人口過密にある」と思ってたので興味を惹かれたんです。
      “1950年代になると/研究所は人口過剰を問題視/人類最大の脅威と確信しました/現代の厄災の原因は――異常気象や食と水の安全への壊滅的影響など…”
      “1950年代、既に研究所は我ら人類にとって最大の脅威は人口の増加にあると確信しておりました…今日我々が直面している災厄、異常気象に食糧危機、更に水質汚染といった危機を予測していたのです”
      “人道的 包括的な唯一の救済策”、それが人間のダウンサイジング…有機体を縮小する技術によって成人を約13センチに、副作用は皆無。

      先ずノルウェーの研究所から36人の被験者グループが“世界初のミニ人間の共同体”を形成し、今では世界各国の各地で運営される同様の専用エリアで多くのミニ人間が暮らしています…現代社会に隣接する、リアル某ワールドスクエアのリアリティはリアルな風景や人がミニチュアっぽく撮れる写真みたいで不思議なドキドキ感が。
      でもさ、縮小する際に全身の毛や腸内の老廃物が障害になるのだったら歯や爪だって抜かなきゃダメなのでは?…ともあれ、この縮小化の医療プロセスは非常に興味深いです。
      15万2千ドルの資産が小人生活なら1250万ドルに相当する、いや1ドルが千ドルの価値という人もいる…この経済的なメリットに決断するマットと妻、なのに彼女は土壇場でビビって縮小キャンセルって!笑

      しかし所詮は実社会の庇護がなければ維持出来ない縮小ライフ、どこか戦前の移民政策や戦後の社会主義国を理想郷と煽った側のニオイも…政府にしてみれば実社会を富裕層で運営し、貧困層の生活保護費や医療費の国庫負担を圧縮出来る訳で。
      消費規模と納税額も縮小されて実社会にぶら下がってる、となれば普通サイズと縮小サイズで同等の権利は公平性が保たれない…つまり縮小ライフが楽しめるのは実社会に貢献している普通サイズのおかげ、という論調も見え隠れ。
      法整備が追い付かない状況を好機とスモールタウンに嗜好品ビジネスを持ち込みパーティ三昧のドゥシャン(クリストフ・ワルツ)、その清掃婦として働くベトナム女性は母国でデモを弾圧する当局から強制的に縮小化された上に密航中に片足を失った悲劇のアイコン…コメディかと思ってましたが、なかなか重層的な好い物語でしたよ。

      ドゥシャンの取引先、最初に作られたノルウェーのスモール・タウンに同行するマットと清掃婦。
      社会風刺に先端技術のアイロニー、ロマンスでありビルドゥング・ストーリーでもあり…神話的な旅と、世界の終わりの始まり。
      「自然は謙虚な彫刻家」という台詞の背景にはフィヨルドが相応しいね、だけど画面の矢印には笑いました。
      ノルウェーは寒いからなのか、他の地域のように外界と隔絶されたシェルター暮らしではなく…いや待てよ、巨大生物の島状態なノルウェーのコロニーを見てると(ベトナムの縮小人は鳥や昆虫に餌と間違われながら暮らしてるのでは?)と思えてきます。
      アメリカが「2300年未来への旅」みたいなスモールタウンを建設したのは、それだけの技術と予算だけでなくそういう潜在意識があるからかも?

      最初のダンスと二度目のダンス。
      清掃婦の言う“アメリカ人、8つのファックしかない。愛のファック、憎いファック、性欲だけファック、お別れファック、仲直りファック、酔ったファック、義理ファック、同情ファック”は名言、しかしベトナム人は他にもあるって事?笑
      大深度巨大地下シェルターに向かう人々と、彼らをカルトと言い切ってアメリカに帰る人。
      結局マットは最後まで道化役でしたな!笑
      マットに縮小ライフを勧めた友人デイヴはジェイソン・サダイキス、美術効果とアニメ・パートはインダストリアル・ライト&マジック…撮影ロケ地はネブラスカ州オマハとL.A.、オンタリオ州トロントにノルウェーだそう。
      込み入ったストーリーを整理した構成力と、テンポよい演出は見事です。


      〈ミニチュア〉関連記事:
      【最近読んだ本】パラダイス山元「ザ・マン盆栽百景」| 2009.05.26
      【最近行ったところ】MOT「館長 庵野秀明 特撮博物館」| 2012.08.29
      【最近読んだ本】スリンカチュ「こびとの住む街 2」| 2013.08.28
      【最近みたDVD】「俺たちサボテン・アミーゴ」| 2013.08.29
      【最近読んだ本】MINIATURE CALENDAR(田中達也)「MINIATURE LIFE」| 2014.05.26
      【最近読んだ本】本城直季「本城直季写真集 small planet」| 2014.10.08
      【最近みたDVD】「ホットファズ -俺たちスーパーポリスメン!-」| 2017.09.18
      0
        | cinema | 2018.09.23 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |
        本日の脳内BGM
        AJF '82 ALL STAR JAM「It's all right with me」
        HUEY LEWIS & THE NEWS「Change of heart」「Tell me a little lie」
        CAROLE KING「It's too late」
        HUEY LEWIS & THE NEWS「The only one」
        HOWARD JONES「What is love?」
        POINTER SISTERS「Fall in love again」
        山下達郎「Get back in love」
        RUN DMC「It's tricky」
        CANDY DULFER「Sunday afternoon」
        山下達郎「Guess I'm dumb」


        *以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

        『Change Of Heart- Huey Lewis And The News』(Sound Only)


        『The Only One- Huey Lewis And The News (Vinyl Restoration)』(Sound Only)
        0
          | B.G.M. | 2018.09.22 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |
          最近行ったところ
          上野(東京国立博物館「海の道 ジャランジャラン」展)(←リンク先は東京国立博物館公式サイト内当該ページ)

          雨天時は美術展が空いてるので、台風の合間を縫うように上野まで行ってみました…空いてれば映画でも好いかな、と思ったら軒並み潰れちゃったみたいで。笑
          しばらく見ない内に聚楽跡は小綺麗になってるし、ユニークだかU2だか服屋もなくなっちゃってたのね?
          なので上野のお山に上がって、何か面白そうなのないかな?…と案内板をチェックしたけど今一つビンと来なくて、とりあえず「海の道 ジャランジャラン」という謎タイトルに惹かれ東京国立博物館の東洋館へ。
          しかし上野公園の噴水って、もっと長々と動物園の手前辺りまであったような気がしたのは思い違いか?

          公園も人気はまばらで、やっぱり外国人の観光客がほとんどでしたね…博物館も、いたのは外国人でした。
          さて東洋館には入ったものの、件(くだん)の展示が地下だと気付かず常設展を観始めて(なんか違くない?)と…しかし今読んでる漫画「雷火」に関わる魏代の仏像や、最初に仏像制作が始まったガンダーラとマトゥーの男らしいインド顔の仏像が新鮮で興味深く鑑賞。
          ところが1年ぶり位に履いたブーツで靴擦れしてきちゃって気が散るわ、喉が渇くわで集中力が限界に…最後の方の書画や朝鮮の展示はスルーして一旦休憩、それから地階の展示に気付き「ジャランジャラン」へ。

          今年は日本インドネシア国交樹立60周年だそうで、ジャランジャランとは散歩を意味するのだとか…カンボジアの仏像(金剛像)は小柄な感じで面立ちも日本人的、というかダウンタウン浜田とナオト・インティライミを足して二で割った感じの親しげな雰囲気が。笑
          土着のナーガ(蛇)信仰とヒンドゥーの影響が、ご本尊ドーン!じゃなく色々くっついてワンセットな印象。
          何故かインドの細密画もあって、水彩画なのに独特の発色が面白かったな…どの文化でも芸術の発展に宗教が関わっているのは、衣食住とは無関係な富の集中が職業として成立させるからなのだと思ったりもして。

          バティック(ジャワ更紗)も数多く展示されていましたけど、ガラス越しだと生地の風合いが分からなくてピンと来ませんでした…そりゃあ触られても困るでしょうが、間近で観察したかったな。
          特に金糸で光り物を織り込んだ布、多色染めの布も目を引きました…しかし実際にマネキンがまとった状態で見せてほしかったな、あんなデカい布じゃあ体に巻くのも一苦労だろうしイメージが浮かばないからね。
          ちょうど前夜たまたまYouTubeでインドネシアのイカす(死語)バンドを発見したばかりだったので、インドネシア古典音楽の楽器もあるかと思ったのだけど…多分なかった、と思います。


          関連記事:
          【最近聴いたCD】「ナチュラル・サウンド・イン・アジア」 | 2007.08.14
          【最近読んだ本】今岡昌子「天山南路」| 2008.10.16
          【最近読んだ本】神谷武夫「インドの建築」| 2008.12.19
          【最近読んだ本】神谷武夫「インド古寺案内」| 2008.12.21
          【最近読んだマンガ】手塚治虫「ブッダ」全12巻| 2009.12.25
          【最近みたDVD】「NHKスペシャル 文明の道」第5集「シルクロードの謎 隊商の民ソグド」| 2010.11.06
          【最近みたアート】「空海と密教美術展」| 2011.08.02
          【最近読んだ本】今岡昌子「天山南路」(再読)| 2011.09.26
          【最近読んだ本】荒俣宏(著)、大村次郷(写真)「獅子 ―王権と魔除けのシンボル」| 2012.09.20
          【最近読んだ本】山折哲雄、大村次郷「ブッダの教え 仏教2500年の流れ」| 2012.10.02
          【最近聴いたCD】「ジャスミン・アイル〜ジャワのガムラン音楽への誘い」 | 2013.01.31
          【最近読んだ本】菅沼晃「モンゴル仏教紀行」| 2013.03.07
          【最近読んだ本】中淳志「バーミヤン 写真報告2002」| 2013.04.03
          【最近みたDVD】「黄金の都バーミヤン 〜三蔵法師が見た巨大仏〜」| 2013.04.10
          【最近読んだ本】小林正典「横たわるブッダ」| 2013.10.30
          【最近読んだ本】二元裕子(編訳)「ラオス現代文学選集」| 2014.03.17
          【最近読んだ本】杉原たく哉「いま見ても新しい 古代中国の造形」| 2014.09.23
          【最近みたDVD】「NHKスペシャル 文明の道 第3集 ガンダーラ 仏教飛翔の地」| 2014.10.17
          0
            | visited / plan | 2018.09.22 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |
            本日の脳内BGM
            BOB MARLEY & THE WAILERS「No woman, no cry」
            山下達郎「The theme from Big Wave −ビッグ・ウェイブのテーマ」
            CHANGE「Paradise」
            KOTCH「Two occasions」
            GLADYS KNIGHT「Licence to kill」
            THE OFFSPRING「Pretty fly」
            BELINDA CARLISLE「Heaven is a place on Earth」
            JAMIROQUAI「Cosmic girl」
            THE EMOTIONS「Best of my love」
            THE BEACH BOYS「Surfin'」


            *以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

            『Tatsuro Yamashita - The Theme From Big Wave』(Sound Only)


            『Gladys Knight License To Kill James Bond 007』(やはり彼女、60年代にモータウンでヒットを飛ばしたグラディス・ナイト&ザ・ピップスの人でしたか)


            『Belinda Carlisle - Heaven Is A Place On Earth (Live 1988)』(彼女って、元ゴーゴーズだったのね)
            0
              | B.G.M. | 2018.09.21 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |
              最近みたDVD
              「劇場版総集編オーバーロード 漆黒の英雄【後編】」(←リンク先はTSUTAYA作品情報)

              前編の「不死者の王」は、近未来の多人数参加型オンラインRPG「ユグドラシル」から地下墳墓ごと異世界に転移してしまったアンデッド魔王が冒険者になって巨大ハムスターを手懐けるまで…って、ずいぶんと中途半端な区切りだよな!
              どーせ最後に映った敵もアレでしょ「アニメあるある」な、後編への繋ぎでザコ中のザコ的な?…と思ったら中盤近くまで引っ張ったね、そのせいで後の展開が押しちゃったんじゃない?
              そもそも前編のハムスター削って中盤までを前倒ししとけば、こんな半端な終わり方も避けられたのでは?
              なーにが後編だよ、まだまだ完結してないクセにさ。

              配下の守護者1体が何者かの精神支配で寝返り、魔王が自らの不利を承知で一騎討ちを仕掛ける後半は見応えあっただけに残念だわ。
              アンデッド魔法に特化した後衛タイプの魔王に対し、物理攻撃に長けて攻撃魔法や回復手段まで有する守護者でしたが…互角以上に戦えていると錯覚させる、ブラフを用いた戦略で勝敗は魔王の手中にあったのね?
              だけど話は序盤も序盤でしょ、もしかして続きは「2」とか「3」って後に付けて順次公開する気かよ…こういう映画化スタイルって、近頃多くない?
              というか「総集編」を謳っておいて何だこのオチなし、気に入らねーなー無駄なギャグも含めて。
              0
                | animation | 2018.09.21 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |
                本日の脳内BGM
                山下達郎「The theme from Big Wave −ビッグ・ウェイブのテーマ」「悲しみのJody」
                MARVIN GAYE「Midnight lady」
                JAMIROQUAI「Cosmic girl」
                ユニコーン「いかんともしがたい男」
                THE TEMPTATIONS「Just my imagination (running away with me)」
                HUEY LEWIS & THE NEWS「Change of heart」「The only one」
                GLORIA ESTEFAN「Turn the beat around」
                HUEY LEWIS & THE NEWS「Stuck with you」
                村田和人「一本の音楽」
                GLADYS KNIGHT「Licence to kill」
                DURAN DURAN「A view to a kill」
                山下達郎「Guess I'm dumb」「Loveland, island」


                *以下の動画は、携帯からでは閲覧できないかもしれません。

                『山下 達郎 悲しみのJODY (She Was Crying)』(Sound only)


                『Tatsuro Yamashita - Guess I'm Dumb』(ビーチ・ボーイズではなくグレン・キャンベルのカバーですね、まぁ書いたのはブライアン・ウィルソンなんですけど;Sound only)
                0
                  | B.G.M. | 2018.09.20 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |
                  最近みたDVD
                  「ミラクル・ニール!」(←リンク先はTSUTAYA作品情報)

                  別に「ポールのミラクル大作戦」とは何の関係もない、'15年のイギリス映画で原題は「ABSOLUTELY ANYTHING」…主役ニールはサイモン・ペッグで恋人役にケイト・ベッキンセール、監督のテリー・ジョーンズ繋がりでテリー・ギリアムら「モンティ・パイソン」メンバーが宇宙人役CVとして参加してる他ロビン・ウィリアムズも自殺1か月前に愛犬デニスの声で出演。
                  でもやっぱり僕は本作も、日本語吹き替え&日本語字幕で観ちゃいましたけど。
                  10日間限定で全能パワーを授かったヘボ教師ニール、使い方次第で人類絶滅か高等宇宙人たちの仲間入りとも知らずに無駄使い。

                  いやー英国コメディって当たりハズレが大きいよねぇ、そもそも大笑いっていうよりニヤリといった笑いが多いにしても…ストーリーは70年代のコメディにもありそうな超能力ラブコメだし、話のテンポも昔っぽいのは狙ったんだとしても。
                  小道具IT位しか今っぽさは感じないし、それも重要って訳じゃないし…かといって時代を超越した面白さがあるでもなく、なんだか全体的にボンヤリしてて。
                  まぁ日本語吹き替えですからロビン本人の可笑しさとは違うにしても、あの犬の喋りは妙にイラッとするし…キャスティングと内容は一致しないという事で、期待した分だけガッカリ。
                  0
                    | cinema | 2018.09.20 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |
                    本日の脳内BGM
                    今井美樹「オレンジの河」
                    WHAM!「Wham rap! (enjoy what you do)」
                    AJF '82 ALL STAR JAM「It's all right with me」
                    MICHAEL JACKSON「Don't stop 'til you get enough」
                    ZAKK WYLDE「Empty inside」←「Way beyond empty」
                    TOWER OF POWER「So very hard to go」
                    THE BROTHERS JOHNSON「Stomp!」
                    JAMIROQUAI「Cosmic girl」
                    CASIOPEA「Fabby dabby」
                    水木一郎「コン・バトラーVのテーマ」
                    DARYL HALL & JOHN OATES「You make my dreams」


                    *以下の動画は、携帯からでは閲覧できないかもしれません。

                    『Tower of Power - So very hard to go (video/audio edited & remastered) HQ』


                    『Stomp! - The Brothers Johnson "HQ/HD"』
                    0
                      | B.G.M. | 2018.09.19 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |




                      ↑ top