素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店 [DVD]
素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店 [DVD] (JUGEMレビュー »)

人生に飽きた大富豪が終活代理店で運命の女性と出会う、という微妙に古臭いプロットに敢えて挑んだ'15年のベルギーと他国の合作映画。
2人が波打ち際で踊るエンドロールに「その男ゾルバ」を連想しましたが、内容は奇想天外なライト・コメディです。
エロもグロも観せずに全年齢での観賞に耐え得る映画です、ヨーロッパ映画らしい上品な笑いで無難にオススメです。笑
紹介記事【2018.07.04】
酔拳 (ドランク・モンキー) [DVD]
酔拳 (ドランク・モンキー) [DVD] (JUGEMレビュー »)

僕にとって(ジャッキー・チェンといえば!)の1本です、「蛇拳」などと同時代ながら、仇討ちなしの明るいストーリー。
しかも赤鼻爺さんユエン・シャオティエンにお調子者ディーン・セキ、凄腕の悪党にウォン・チェン・リーと役者も好いし。
“手は戸を探り 足は戸を破る”とか漢詩っぽく意味あり気だけど訳が分からないフレーズが個人的にツボりました。笑
紹介記事【2018.10.27】
リュミエール! [DVD]
リュミエール! [DVD] (JUGEMレビュー »)

リュミエール協会は1896年より世界各地にスタッフを派遣して最初期の短編動画シネマトグラフを撮影しており、その1割にも充たない108作品を選りすぐって編集した貴重な記録映像集です。
日本語ナレーションは立川志らくによる噺家口調、弁士がわりに的な発案でしょうが好き好きでしょうな。
基本的な映画の手法が早くも完成されていた事に驚かされ、優れた情報媒体であり大衆娯楽でもある動画の偉大さを実感。
現代では一個人の投稿動画が社会を変革し得るまでになった、双方向的な映像の未来を考えてみたりも。
紹介記事【2018.08.11】
光速シスター
光速シスター (JUGEMレビュー »)
星里もちる
好きが高じて往年のドラマ専門チャンネルに勤務する主人公、いわゆる聖地巡礼から帰ると妹が!?
某掲示板のオカルトスレ先取りですか、まぁ連載当時は聖地巡礼なんて言い方もしなかったけれど。
妹の正体は宇宙人、姿を偽装+主人公の記憶を書き換えて居候って!
昔のドラマや特撮へのオマージュを盛り込んだ、作者の趣味全開っぷりと間の取り方が絶妙に可笑しいです。
そして最後は作者に泣かされました、好い意味で。
紹介記事【2018.07.26】
李白の月
李白の月 (JUGEMレビュー »)
南 伸坊
本書から教わった志怪の妙味は、怪談に惹かれる僕の指向を明瞭にしてくれました。
恐怖や怨念じゃないしホラーでもない、不思議の一言では片付かないポッカリとした空白を独特の文体で説明してくれるのですが。
明治大正期の文豪が、かつて日本文学のフォーマットに合わせようとして整理しちゃった翻訳にはない妙味が味わえる筈。
紹介記事【2018.08.04】【2013.07.01】
月光浴音楽
月光浴音楽 (JUGEMレビュー »)
ナカダサトル with FIELD ORCHESTRA
虫の音とか波の音なんかが7トラック、1時間ちょっと続いてる自然音だけのCDです。
本作のポイントは、途中で聴こえるディジュリドゥみたいな謎の低音ですね……聴いてる分に害はないのですが、その場にいるような臨場感に(何の音なんだろう)と聴き入ってる内に爆睡。笑
紹介記事【2018.11.16】【2010.10.20】
遥かな町へ [DVD]
遥かな町へ [DVD] (JUGEMレビュー »)

谷口ジローの同名漫画を実写映画化、だけど何故だかベルギー/フランス/ドイツの合作映画…そして何故かDVD制作は鳥取市?
舞台はフランスの田舎町、帰省した初老のバンドデシネ作家が14歳の運命的な時へとタイムスリップ。
体は少年、心はオッサンて「リライフ」もビックリの振り幅だな!
だけども胸が切なくなるのは、どんな大人の心にも子供だった頃の傷が残っているからなのでしょう。
紹介記事【2018.07.03】
アデライン、100年目の恋 [DVD]
アデライン、100年目の恋 [DVD] (JUGEMレビュー »)

しばらく個人的にハマっている不老不死者というテーマを扱った、麗しきブレイク・ライブリー主演作です。
彼女のコンサバティブなファッションと姿勢の美しさは「隣のヒットマン」のナターシャ・ヘンストリッジを思わせ、チャーミングな表情は深キョン超え!
しかし常人と違うが故に慎重な彼女が恋に落ちたのは、若くて金持ちで慈善家でイケメンで知的でナンパも上手いという胡散臭い程の好青年で……いや、僻みは言うまい。笑
庶民的じゃないラブストーリーが嫌いでなければ、彼女の美しさだけでも。
紹介記事【2018.01.20】
【メーカー特典あり】ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE(オリジナルステッカー付) [DVD]
【メーカー特典あり】ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE(オリジナルステッカー付) [DVD] (JUGEMレビュー »)

台湾のローカル・バスって、高速バスの立派さとは違う魅力があります。
内容はTV番組と一緒です、なので海外とはいえグルメ情報も観光もないのです。
気楽な旅に見せながら、悪天候のアクシデントには同行スタッフの苦労がしのばれます。
個人的にはイイ感じに年増チックなマドンナ、三船美佳にグッときました。笑
紹介記事【2018.10.10】
トウェイン完訳コレクション  アーサー王宮廷のヤンキー (角川文庫)
トウェイン完訳コレクション アーサー王宮廷のヤンキー (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
マーク・トウェイン
中学の時に挫折した、文庫本の分厚さと読み辛さも今なら平気!笑
19世紀末のコネチカット・ヤンキーが何故か6世紀のイギリスで大活躍、つまり「読者の現代>130年前の現代>回想の中の現代」と、著者も予期しなかった入れ子構造なのがまた面白いです。
ちなみに、著者と同い年の有名人は“篤姫、小松帯刀、坂本龍馬、福澤諭吉、松平容保、土方歳三”だそう。
トマス・マロリーの古典文学「アーサー王の死」を読んでいる方なら、もっと面白いのでしょう。
「賢者の孫」のネタ元でしょうか、しかし著者の時代を先取した批評精神に脱帽です。
紹介記事【2018.09.28】
ダウンサイズ [DVD]
ダウンサイズ [DVD] (JUGEMレビュー »)

常々「あらゆる地球的問題の根源は過密状態にある」と思っている僕にとっては、興味深い内容でした。
“1950年代、既に研究所は我ら人類にとって最大の脅威は人口の増加にあると確信しておりました…今日我々が直面している災厄、異常気象に食糧危機、更に水質汚染といった危機を予測していたのです”
手のひらサイズになると、1ドルが千ドルの価値に……しかし所詮は実社会の庇護がなければ維持出来ない縮小ライフ、どこか戦前の移民政策や戦後の社会主義国を理想郷と煽った側のニオイも。
法整備が追い付かない状況を好機と見た連中の憎めなさ、悲劇の象徴にされてウンザリなヒロインなどコメディ調ながら重層的な好い物語でした。
込み入ったストーリーを整理した構成力とテンポよい演出、映像美も見事です。
紹介記事【2018.09.23】
グローイング・アップ5 ベイビー・ラブ [DVD]
グローイング・アップ5 ベイビー・ラブ [DVD] (JUGEMレビュー »)

イスラエル版「アメリカン・グラフィティ」、基本は失恋映画で今回はモテ男ボビーの妹がヘタレ主人公ベンジーの恋人に!
安っぽいファッションやショボいレースなど庶民的で微笑ましく、戦後のアメリカが世界に及ぼした影響力が伺えたりも。
チャリポツ野郎ヒューイのジュース「ブフォ!」、はとこのケダモノ娘フリーダ怪演ぶりは見どころ。
DVD自体のちゃちな仕様は謎です。笑
紹介記事【2018.11.22】
FOR YOU (フォー・ユー)
FOR YOU (フォー・ユー) (JUGEMレビュー »)
山下達郎,山下達郎,ALAN O’DAY,吉田美奈子
ファンからすれば(他のアルバムどんだけ知ってんの?)と突っ込まれそうですけど、本作しか知らないんです僕。
でもこれが彼の最高傑作でしょう、収録された楽曲のバランスも鈴木英人のジャケもね。
スライ風ファンク「Hey reporter!」が入ってる統一性のなさが上手く引っ掛かる構成、ただファン向けのボーナストラックが浮いちゃってるんだよなぁ!。
紹介記事【2018.10.13】
レベルE全3巻 完結セット (ジャンプ・コミックス)
レベルE全3巻 完結セット (ジャンプ・コミックス) (JUGEMレビュー »)
冨樫 義博
本作は多分、僕みたいに(作者の名前は見聞きするけどナンボのモンじゃい?)位に思ってる人が読むに相応しい気がします。
鴨川つばめ江口寿史に池上遼一タッチの劇画顔と、分かれば尚更笑えるし有名なのも納得の画力です。
それと秀逸なのは筋の運び方と見せ方ね、ただ人間性は疑うけど!笑
紹介記事【2018.08.16】
スターフォース: 最強の軍団、誕生! (ハヤカワ文庫SF)
スターフォース: 最強の軍団、誕生! (ハヤカワ文庫SF) (JUGEMレビュー »)
B.V. ラーソン
電子書籍として発表されたアメリカ版なろうSF小説、子持ちの大学教授がベタな地球侵略に立ち上がるシリーズの第一作。
意外性あふれる教授の頭脳サバイバルに引き込まれます、ハリウッドが映画化しそうなレベル。
しかし8年経ってもハヤカワ文庫から続きが出ないので、ちょっとオススメしづらいです。笑
紹介記事【2018.08.29】
スターオーシャン3 Till the End of Time
スターオーシャン3 Till the End of Time (JUGEMレビュー »)

ディレクターズ・カット版が出てるようなので、そちらをオススメします。
僕も終盤でメニュー画面を開こうとしてブラックアウトや異音と共に「ディスクからデータを読み込み中です」と表示されたままフリーズでプレイ断念中です。笑
リアルタイム・バトルの忙しさは好みの問題として、城下町などの雰囲気が最高!
中世レベルの惑星に来た主人公がハイテク宇宙人側、という立ち位置はユニークで楽しめました。
紹介記事【2018.07.25】
ドゥービー天国
ドゥービー天国 (JUGEMレビュー »)
ドゥービー・ブラザーズ
若い頃は避けてたドゥービー、ですが名曲「Black water」を収録した本作は通しで聴きたかったのです。
M・マクドナルドのAORカラーが強い後期とは異なる、ブルース+カントリーな旨味と寛いで演奏を楽しんでるバンド感が魅力かと。
70年代ウェストコースト・サウンドを象徴するエッセンス満載で、個人的にはアコースティックの低音が心地好かったな。
紹介記事【2018.09.26】
シチズンフォー スノーデンの暴露 [DVD]
シチズンフォー スノーデンの暴露 [DVD] (JUGEMレビュー »)

国家に逆らえばどうなるか、国家は国民に何を隠しているのか?
かつて一躍時の人となったエドワード・スノーデン氏、時点でも無事に恋人と亡命生活を送れている事を祈ります。
本作の原題は「CITIZEN FOUR」で市民の敵(citizen's foe)ではありません、彼を見るとカナダの白人ラッパーSNOWを連想してしまいますが。笑
本作はドキュメンタリーなので、現場の緊迫した空気は本気(マジ)です。
紹介記事【2018.09.01】
K-PAX 光の旅人 [DVD]
K-PAX 光の旅人 [DVD] (JUGEMレビュー »)

自らを千光年も彼方の「琴座に近い“K−PAX”から来た異星人」という患者ケビン・スペイシーと、精神科医ジェフ・ブリッジスの物語として原作小説にアプローチしてます。
いわば両作が互いを補完しあう関係のようで、ミステリー仕立ての原作を分かりやすく観せてる気もします。
スピリチュアルな観点からも、普通のヒューマンドラマとしても充分に楽しめます。
紹介記事【2018.12.11】
心霊づきあい (MF文庫ダ・ヴィンチ)
心霊づきあい (MF文庫ダ・ヴィンチ) (JUGEMレビュー »)
加門七海
いわゆる心霊体験の豊富な著者が、著名人の“さまざまな「視える」人たち”と語らう企画から生まれた対談集。
巻末には漫画家の山本英夫による著者へのインタビューなど、単行本に追加要素を増やした文庫版です。
大御所的な松谷みよ子稲川淳二の他、TVプロヂューサーにタレントにレスラー議員や海外レポーターなどの“霊的なものへのスタンス”は興味深く読めました。
各インタビューを挟むように前書きと後書きがあって、会話の状況が伝わりやすくなってる構成も僕は好きです。
紹介記事【2018.10.15】
いくぜ!温泉卓球!!
いくぜ!温泉卓球!! (JUGEMレビュー »)

頑張りましたね彩京、ユニークなゲームソフトが出しづらくなったPS2で敢えてこれか!笑
まぁ定価で購入する方は今更いないと思うので、中古プライスなら甥っ子たちとの対戦ゲームに適当かと。
愛ちゃん(当時)が卓球するとは期待しないでください、つかCVも違うし。
この偽カータン、色違いってだけで版権とかクリア出来るの?
ステージ数もキャラも少なめですが操作性は良好で、一応キャラ毎の挙動に違いを持たせてる辺りも好感が。
紹介記事【2018.07.19】

最近やったゲーム
PS2ソフト「ローグギャラクシー ディレクターズ・カット」

前回、インセクトロンSランクの強豪を相手に秘技コードで最強にしたチームでもタジタジ…攻撃一辺倒では勝てないとみて、女子2名にグチグチ言われつつアリスティアへ。
折角なので新種の進化形態を研究すべし、という崇高な学術目的も秘めて…などと勿体ぶって本当の目的はルルカのパンチラ!とかではないのよ、だったら高低差のあるダンジョンに行きますってば。笑
ところでインセクトロン用の秘技コードを使った幼虫ですが、エサを12個あげても成虫にならなかったからコードの使用を中止にしました…PARの使用でデータ破損なんて自己責任だし、まぁ念のため。

その後、最強の幼虫が成虫になるまでに食わせた3倍エサは…18個だったかな?とにかく(永遠に幼虫か?)と焦ったので一安心、とはいえ後から捕まえた幼虫よりエサ一個分早かっただけってのも妙だわ。
で、クモ型インセクターのグレードは強い順にタランテクィーン>サンギョスパイダ>ウロコクモック>ブチクモック>アラクネア>タランチューノ>スパイウェビー>スパイダンと判明…タランテクィーンは女王っぽい襟巻き&口紅が特徴でアラクネアは尻にハチみたいなトゲがあり、拡大時の動作が実にクモい!笑
特技のネバネットは、指定したマスの周囲3×3の移動を数ターンだけ前後左右1マスに制限します…これは遠くへ動ける敵に有効ですね、味方にも効いちゃうけど。笑

しかしクモ型は海洋研究所×エサの石でスパイダン〜タランチューノが捕れるんだけど(←追記:電気うなぎでも捕れました)、カタツムリ型はどの辺で何をエサにしたのか思い出せないんだよね〜?笑
海洋研究所で捕ってたような、エサも石系だった気が…ただしクモ型に比べて捕獲率が低い印象です、実際3匹しか捕まえてませんし。
カタツムリ型のグレードも、同じく強い順にカイデンツムリ>アップリーナ>マイムマイム>タニッシー>バクレツマイマイ>マイマイボマー>ボムデンデン>ボムツムリ。

殻が何故かシルクハットに導火線のカイデンツムリ、まんま田螺のタニッシーや名前どおりのアップリーナ…スイカ背負ってるマイマイボマーにでんでん太鼓のボムデンデンなど基本的に殻が特徴です、でも顔が落書きみたいで雑過ぎ!笑
特技はボムドロップとボンバーの2つ持ちで、前者は殻を最大2マス前方に投擲して周囲3×3マスの自軍にもダメージ…ただし目の前が塞がっていると自分もダメージ食らう諸刃の剣、後者は自爆攻撃と知らずエライ目に遭いましたよ。
遠距離+範囲攻撃は魅力的なんだけど、こんなのキング設定したら逆に危なっかしくて使う気にはなれませんよ!笑
ローグギャラクシー・インセクトロン_カタツムリ+クモ.jpg(←左クリックで拡大表示されます)
0
    | game | 2019.08.17 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |
    最近読んだ本
    木原浩勝「九十九怪談 第五夜」

    先日の「第四夜」に続きまして、本書もミッチリ99話を収録…読み終えたばかりの話でも、読み返すと引き込まれてしまいます。
    正直(どこまでマジなの?)と思わなくもないけれど、仮に作り話でも一話毎が奇想天外すぎて天晴れです。
    そういえば途中に無題のエピソードを挟むってのも、著者なりのテクニックだったりするのかなぁ?…前の「第四夜」になかったので油断してました、というかまたもビビってしまいましたよ無題なだけなのに。笑
    内容は著者自身の体験談で、本編の刈り込んだ文体とは違うエッセイ調の文章がウエハース効果を上げているのは狙い通りなのかも。


    〈木原浩勝〉関連記事:
    【最近読んだ本】「隣之怪 木守り」| 2008.07.18
    【最近読んだ本】「隣之怪 蔵の中」| 2008.08.02
    【最近読んだ本】中山市朗(共著)、恩田陸(編)「新耳袋コレクション」| 2014.09.11
    【最近読んだマンガ】山岸凉子「ゆうれい談」| 2015.09.06
    【最近読んだ本】「九十九怪談 第一夜」| 2018.10.24
    【最近読んだ本】「隣之怪 第四夜 息子の証明」| 2019.01.18


    以下、個人的に印象深かった話。
    続きを読む >>
    0
      | books | 2019.08.17 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |
      最近読んだマンガ
      石塚千尋「ふらいんぐうぃっち」6巻

      あーこれ読んでたわ…と思いつつも気持ち好く再読しちゃいました、気付いても途中で止められなくて。笑
      もしかして結構、間が空いてたかも?…というかね、所々に覚えのないコマが。
      下手するとコマ単位じゃなくページで見覚えがなかったりして、自分の脳に欠陥でもあんじゃないかと不安にもなってしまいました。
      特に真琴より1コ上の先輩魔女・鹿角小夜が職員室で“まこと”を特定する件(くだり)なんて、見開き2ページ丸ごと描き下ろしか?って位の印象…そんな感じで以前に読んだ時よりコマが増えた(気がする)分、話の流れがスムーズになってディテールも鮮明に。笑

      思えば最初の「千夏のお祝いファンタジーもつ」と「寝坊した夏の運び屋と冬の根掘り」の後は、一応ずっと新キャラ登場エピソードだったんですね…実際に鹿角センパイが出るまで「使い魔&火曜日限定トンカツ学食」で2話引っ張りますけど、これが終盤の祈祷系ミッションだけのキャラだったら勿体ないよなぁ〜?
      改めて見ると鹿角センパイのキャラ付けってユニークですね、一見キツめなのを自覚してる絵文字や顔文字を多用したメールとかイヤな事から逃げる女々しさ?とか…単にギャップの魅力じゃなくて、矛盾した言動の節々に感じられる人間味が可愛くて可笑しいです。

      しかし逆に、今回は存在感が更に薄くなってたな圭…女子連にも“半分女の子みたいなもん”とか言わせて、作者が圭を男扱いしてないのもどうかと思うなー?
      だって、そんなら草食系男子キャラとして描けばまだしも…母親と一緒に出ても顔で区別が付かないのって、実はそこも意図的に描いてたりするのでしょうか。
      とはいえ、男女が出てきて恋愛に発展しないのは本作の面白さでもありますからね…とりあえず魔法=バトル的な可能性もなさそうですし、この淡白さとユルさで続いてくれれば好いな。


      前巻
      0
        | comic | 2019.08.16 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |
        最近聴いたCD
        V.A.「Motivation DRIVING SWEETS」

        '04年リリース、元DEEE-LITEのテイ・トウワがコンパイルしたシャレオツ・トラック11曲を収録…って微妙に嫌味なニュアンスですけど悪気はありません、なかなか小気味好い選曲でドライブ・デート的なシチュエーション向きなのかな?
        ジャケットのアートワークもタイトルどおり、車と山盛りスイーツで…90年代の華やかな消費活動を彷彿とさせますな、トレンディ・ドラマとかベイエリアとかいった雰囲気ですかね?
        思えばDEEE-LITEも90年代だったんだな、でもテイって藤原ヒロシ並みに21世紀まで残ってる印象があって…なのにコレか、という違和感も多少あったり。

        全曲バスドラ4つ打ちなのはハウスのお約束でしょうが、なんか垢抜けない感じがするのも彼のコンセプトだったりするのですかね?
        2曲目のトム・トム・クラブ「Wordy rappinghood」が単なる丸パク同然で困惑させられ、とはいえ「卒なくまとめたつもりだろうが大有りだろ!」と決め付けるのは早計で、決してトンガリ過ぎてはいない匙加減に購買層ターゲットを意識した仕事ぶりが感じられ。
        などと分かったようなコト書いてますが、実はハウスもレア・グルーヴも詳しくないのでね…むしろ玄人受けするトラックやリミキサーだったりして、もう業界では話題騒然なのかもね?

        でもやっぱり、この音でウーハーをプルプルさせてる車を想像すると…バブリーな印象になっちゃうんだよなぁ、高級外車であれRVであれハイブリ軽であれ。
        もしかしたら'04年頃の所謂クラブで流れまくってたトラックだったりするのかもね、だとしたら90年代初めの大箱で流行ってたユーロ系ハウスの方が未だに曲として聴けると思うわ。
        とりあえずこの手のトラックをアルバムに収録するなら、一々やたら長くて勿体ぶった4つ打ちのイントロはどうにかした方が好いだろうと僕は言いたいです。
        各曲こっちで尺詰めリミックスしちゃうぞ、っていう程の愛着は持てないけど。


        〈テイ・トウワ〉関連記事:
        【最近聴いたCD】V.A.「細野晴臣トリビュートアルバム」| 2007.11.06
        【最近聴いたCD】MONDO GROSSO「Next Wave」| 2012.08.04
        【最近聴いたCD】DEEE-LITE「World Clique」| 2012.12.14
        【最近聴いたCD】MONDO GROSSO「Next Wave」(再聴)| 2013.09.25
        【最近聴いたCD】DEEE-LITE「INFINITY WITHIN」| 2015.10.21


        以下、アルバム曲順・アーティスト名・タイトル
        続きを読む >>
        0
          | music | 2019.08.16 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |
          最近やったゲーム
          PS2ソフト「スターオーシャン3 Till the End of Time」

          前回FD界のスフィア本社からエターナルスフィア宇宙へと送り返されたフェイト一行、アペリス教の宝を譲ってもらおうと未開惑星その2に戻って来ました。
          それはシーハーツの国宝でもあるので、先ずはアペリスの聖女ことシーランド女王に許可を得ないとね…て、礼拝堂の地下ダンジョンは攻略サイト頼りに進行。
          しかしエリアボスは復活しても宝箱は復活しないのね、っていうより聖殿の重蔵品に手を出す許可はもらってないよね…未開惑星保護条約はどうしたフェイト、でもまぁ気にしないか!笑
          たださ、宝玉セフィラ入手イベント後は自動的に戻っていて欲しかったなぁ〜?

          お次はセフィラで開くゲートがモーゼルの古代遺跡にあるそうで、水没都市を経由するならクリエイターのイベントも起こすかと先に溶岩洞窟へ…バニッシュリングくれたバニラを金で釣ると、たまたま秘密特訓中のアルベルに遭遇したので執拗にボコったらバトルコレクション増えまくり。笑
          イベント起こして回廊と砂漠を越え古代遺跡へ、地下水脈に入ったものの…暗いしライトストーン使えないじゃん、しかも梯子の途中でエンカウントするからバトル終わったらバグってキャラ消失で身動き取れず泣く泣くロードする羽目に。
          ようやくクリアってタイミングで、マジ何なんだよ!

          手前でセーブしてて好かったわ、もう地下は無視して逆側のゲートへ…そこはスフィア社のプログラム情報をこちら側に送るターミナル&防御区画、と解説するのは意識体でサポートに来た例の反対派スタッフ。
          スイッチ迷路の先は螺旋の塔ですか、そして最上階が正念場…フェイトたちをサポートしてきたスタッフが兄と呼ぶ若社長、自分の作成したデータに瞬殺されて自分のアバターもろとも全消去を実行させ最終決戦。
          これが「戦いに勝って勝負に負けた」という事か、宇宙まるごと終了とは…しかし目覚めれば一炊の夢の如く、太陽は変わらずに大地の草木を照らすのでした。

          データが復旧されたのか、唯心論的な結末なのか…あるいは宇宙まるごと残留思念という状態なのか、その辺はフェイトや仲間たちが知る由もない話ですな!笑
          でもまぁメタSFというより、僕は「ソフィへの手紙」みたいな感じがして好きですよ…創造の産物であっても信じる人がいる限り存在している、そういう台詞をゲームキャラに言わせるのは小説と違った趣きで。
          そういえば本作のノベライズ版を以前に読んでたんだよな、小説としては今更としか思えませんでしたけど実際にプレイした印象は逆に新鮮でしたね…アクションとかシステムとか、不満点は多々あれど満足です。


          〈プレイ履歴〉
          【2018.07.25】OP〜未開惑星1〜未開惑星2
          【2018.08.01】未開惑星1〜未開惑星2(再)
          【2018.08.08】未開惑星2(山道〜国境の村〜訓練砦〜交易都市)
          【2018.08.14】未開惑星2(交易都市〜王都〜鉱山〜王都)
          【2018.08.26】未開惑星2(王都〜戦場〜聖地)
          【2018.09.10】未開惑星2(王都〜砂漠〜古代遺跡〜王都)
          【2018.09.19】未開惑星2(王都〜山道〜溶岩洞窟)
          【2018.09.25】未開惑星2(敵国王都〜溶岩洞窟〜王都〜訓練砦)
          【2018.10.01】未開惑星2(訓練砦)〜戦艦〜月面基地
          【2018.10.06】月面基地〜戦艦
          【2018.10.11】戦艦〜境界惑星〜FD界
          【2018.10.18】FD界〜未開惑星1
          【2018.10.25】未開惑星1〜未開惑星2

          関連記事:
          【最近読んだ本】「スターオーシャン Till the End of Timeのあるきかた」| 2019.02.10


          以下は作中のメイン舞台となった「未開惑星その2」の地理的な繋がりをアーリグリフ王国からシーハーツ王国まで列記しときます、個人的な備忘録として。笑
          続きを読む >>
          0
            | game | 2019.08.15 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |
            最近買ったもの
            ベース用ケーブル、PS2用コントローラ&メモカ2枚+PS1用メモカ1枚

            先日の「最近行ったところ」でも書きました、甥っ子2人とアキバ〜上野めぐりをした時に買った物です。
            ギター/ベース用ケーブルはBOSS製のBIC-10A/3mで¥3,240、コネクター部分が24金でコーティングされていて片側がL字のタイプ。
            前回スタジオ入りした時、たまに出音が途切れたので…流石にエフェクター間のパッチケーブルは買い換えたばかりだから、ベース側かアンプ側のどちらかが断線してるのかもと思って。
            しかしパッケージが新品なので、もしかしたらとAmazonで検索してみたら…定価よりも安く買えてました、まぁ使ってみて値段なりかそれ以上なら好いけどね。

            PS2のコントローラーは¥1,080、PS2用メモリーカードは2枚とも¥500でPS1用が¥250でした…通販で買うよりは送料がない分だけ安上がりかな、しかも中古とはいえ純正品だしメモカはクリーニングだけじゃなく前所有者のゲームデータも消してある丁寧さが良心的という印象です。
            だけど今まで中古のメモカを買うと大抵は他人のデータが残っていたので、自分の所有するソフトのを見付けた時にはプレイしてみるのも面白かったんだよな!笑
            コントローラーに関しては現在使用中のが分解清掃で直る気がしなかったのと、最初の店より3割ほど安かったので買い換えました。


            〈楽器・メンテナンス〉関連記事:
            【最近気になっている事】ベース修理(アクティブPUの電池接触不良)| 2007.07.03
            【最近買ったもの】ギター・スタンド4本、ヘッドフォン・アンプ、クリップ式チューナー| 2008.05.27
            【最近あげたもの】ヘッドフォン・アンプ| 2010.04.11
            【最近のやるべき事】ロックピンの交換| 2016.03.07
            【最近行ったところ】谷中〜御茶ノ水| 2016.03.28
            【最近買ったもの】ロックピン| 2016.04.01
            【最近買ったもの】パッチケーブル×2+マルチスパナ| 2019.03.07
            【最近買ったもの】5本立てギターラック| 2019.03.15
            【最近あげたもの】ギタースタンド4本+チューナー、DVD各種| 2019.03.20
            【最近の初体験】楽器のメンテ出し| 2019.04.23
            【最近行ったところ】神田明神〜御茶ノ水| 2019.05.23
            【最近買ったもの】譜面立て、各種ギター弦| 2019.06.13
            【最近作ったもの】ギターのストラップ修理| 2019.07.17
            0
              | give / take | 2019.08.15 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |
              最近やったゲーム
              PS2ソフト「ローグギャラクシー ディレクターズ・カット」

              インセクトロンにも秘技コードを使用した前回、他には「アイテム倉庫から出すと個数MAX」&「攻撃値&防御値レベル3倍」+セーブデータに反映されない「全属性耐性&全ステータス耐性MAX」&「ジェスターHP減らない」も依然として効かせてます。
              早速セーブデータを別にして、追加コードの効きを確認…捕獲したての低いランク幼虫も、エサ1つ食わせたら一気にHP999で攻撃力も防御力も各種耐性も100?これはヤバいな!
              無印版の秘技コード「常に空腹」どころじゃなく、もう優勝するしかないよね?と、ランクAトーナメントの決勝戦から再開したら予想外の大苦戦…おいおい、これで「最強」なのかよ!

              楽勝だろうと高をくくって、DC版で加わったクモとカタツムリて挑戦したのが甘かったか…そこで今まで戦ってきた強めの虫もステータスMAX化、なのにランクSの初戦で5匹とも残りHP半分以下という余裕ない勝ちっぷりじゃ最終トーナメント残り4戦はヤバそう!
              単に駒を強くするだけじゃなく、僕の采配も問われてくる訳か…今までの突撃戦略を見直して、他の種類の虫も捕獲して来ましょう。
              例えば「ヘルプ」で紹介されてた落とし穴作戦とか、無印版でも試してなかった戦法で色々と遊ぼうかな?

              力押しのチーム編成を見直すべく、新戦力獲得の旅に出たジェスターら…虫カゴを方々に仕掛けといてボンヤリ過ごす、となればアリスティア!
              旅のお供は女子2人、キサラ&ルルカ…嗚呼、こういう発想って雄々しいな。笑
              キサラはビキニ姿だし、ルルカも露出多めのボンテージ風…だったら閉塞感たっぷりのダンジョンより開放的なアリスティアでしょう、DC版で新規追加されたビーチリゾートだけに新規インセクターも捕獲しやすいエリアのような気が。
              ちなみに追加虫のクモとカタツムリの2種って、僕は他の星では捕まえた事がありません。

              それにしても「エサあげると最強」って秘技コード、耐性MAXなのに敵より耐性ない気が…とはいえ低ランクの格下を相手にして効果を実感、初めて実戦投入した秘技コードを効かせた幼虫と効かせなかった幼虫とでは強さが大違い。笑
              幼虫でもエサやり一発で最強にはなりますが、いつ成虫になるんだコレ?…3倍エサが無効にされてるのかなぁ、普通のエサでも確か10個ぐらいで成虫になる筈なのに!
              それとこの秘技コードを使用してからは、何故か捕獲時の段階で耐性ステータスが既にMAX…もちろんエサやりで攻/防/HPも全部MAXにはなったものの、本当に大丈夫なのかねこのコードは?

              補足:インセクターのエサやりに関して、各種の無印版の各種攻略サイトでは「20個で成虫になる」と書かれてましたスミマセン・・・3個分の効果があるエサなら、成虫になるまで7つという事になりますね。
              0
                | game | 2019.08.14 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |
                最近みたDVD
                「ダーティ・ボーイーズ」

                (ボーイーズって何?)と気付いて、いやまぁボーイズでは無理があるけどなぁと…原題は「BULLETPROOF」、アダム・サンドラー×デーモン・ウェイアンズなる黒人俳優のクライム中年バディ活劇ですからボーイズ要素は微塵もありません。
                ちなみにデーモン、なんか見覚えあると思ったら先日の「ラスト・ボーイスカウト」でBWとバディを組んでた役立たず兄ちゃんか!
                そしてアダムも'96年の本作ではブレイク前というか、自分の映画会社で好き勝手に作る前ですし…アダムが製作に関わったのってどれも微妙で、彼は役柄に徹している方が面白いのでは?とも思ってたのでね。笑

                アダムとデーモンは車泥棒コンビ、と見せかけてデーモンは麻薬密売人でもあるアダムの元締めを捕らえたい潜入捜査官…ボスは町の顔役と見当は付いていたけど確証がない、そこでアダムを信用させて取引現場を押さえようという手筈で。
                そうはいってもアダムに情が移ったデーモン、身バレで修羅場の最中に友人を更正させようと説得するも銃弾で返され大重体…その場にいなかったボスに命を狙われるアダムは司法取引に応じ、リハビリに耐えて職場復帰したデーモンが元相棒の護送を任されました。
                と序盤20分でお膳立て完了、ここからは愛憎半ばする2人のアリゾナ珍道中に。

                アダムは相棒の裏切りに腹を立ててる一方で、意図せず彼に発砲した後ろめたさを感じてもいて…デーモンもまた殺されかけた恨みを抱えつつ、1年間つるんだ間に培われちゃった情が消し飛んだって訳でもなく。
                旅発ち早々ドンパチで護衛チーム全滅、つまり誰かが護送班の動向をリークしてるのね…普通はデーモンの上司が怪しいと踏むだろうけど、ここはデーモンが同棲してるリハビリ療法士の女性=新たなバディが裏切らないと筋が立たんでしょ?
                終盤20分は2人が所轄警察署に到着してからのネタバレ展開、拉致られた恋人の救出にボス邸へ突入です。

                「Just the 2 of us」もじりなエンドロールのBGM、これをネタにしたラップ本当に多いよね「Really into you」とか「Can we talk」とかさ…そういや音楽業界では「『Got be real』似のコード展開を『ガットゥービー進行』と言う」って聞いたけど、もしかして「クリスタル進行」なんてのもあるんじゃない?笑
                ところで邦題は「ダーティ・ボーイズ」が正解でパッケージの誤植でした、というか原題の「弾避け」を活かせば好かったのにビデオスルーのDVD化とはいえ雑だな…やはりデーモンは脇役向きでしたが、アダム作品としてはオチでモヤモヤしないだけ上出来かも?


                〈アダム・サンドラー〉関連記事:
                【最近みたDVD】「チャックとラリー おかしな偽装結婚!?」| 2014.10.25
                【最近みたDVD】「チャックとラリー おかしな偽装結婚!?」(再視聴)| 2014.11.12
                【最近みたDVD】「ホット・チック」| 2015.02.04
                【最近みたDVD】「エージェント・ゾーハン」| 2015.07.20
                【最近みたDVD】「エージェント・ゾーハン」(再視聴)| 2015.08.30
                【最近みたDVD】「ウソツキは結婚のはじまり」| 2015.10.08
                【最近みたDVD】「ウソツキは結婚のはじまり」(再視聴)| 2015.12.03
                【最近みたDVD】「リトル☆ニッキー」| 2016.03.06
                【最近みたDVD】「Mr. ディーズ」| 2017.03.30
                【最近みたDVD】「Mr. ディーズ」(再視聴)| 2017.04.08
                【最近みたDVD】「クリック もしも昨日が選べたら」| 2017.04.23
                0
                  | cinema | 2019.08.14 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |
                  最近読んだ本
                  木原浩勝「九十九怪談 第四夜」

                  前に「第一夜」を手にした時は、夜毎99話で何夜まで続くのかと思っていましたが…続いてたんですねー、どんだけネタあるんだ!
                  こないだ本書と「第五夜」と「第九夜」を見付けて買っちゃいました、別に信者じゃないんですけど著者は個人的に当たりなのでね。
                  怪談て、合わない人の話は退屈なのよ怖い云々でなく…著者は誰かの体験を聞いて書いてるようですが、如何に再構成して書くかで同じ話が全然変わるのでは?
                  つまり語り手(視点)や時制を変えてみたり、敢えてぼやかしたり語らなかったり…著者が聞いた元の話が実際はどんな感じだったかを、勝手に想像してみたり。

                  さて本書(本夜?)もキッチリ99話、詰まってます…といっても、1つのエピソードを小分けにするパターンも結構あるんですけど。
                  それにしても感心しちゃいますよ、もう怪談というよりもバリー・ユアグローばりのシュールなショート・ショートですね…だけどラストを飾る港区のマンション話×5は、その後の取材時エピソード+現場写真(?)にゾワッときました。
                  初版'13年の角川文庫ですが、元は'11年の単行本…つまり、いきなり文庫本ではなく単行本で出しても売れてるという事でしょう。


                  〈木原浩勝〉関連記事:
                  【最近読んだ本】「隣之怪 木守り」| 2008.07.18
                  【最近読んだ本】「隣之怪 蔵の中」| 2008.08.02
                  【最近読んだ本】中山市朗(共著)、恩田陸(編)「新耳袋コレクション」| 2014.09.11
                  【最近読んだマンガ】山岸凉子「ゆうれい談」| 2015.09.06
                  【最近読んだ本】「九十九怪談 第一夜」| 2018.10.24
                  【最近読んだ本】「隣之怪 第四夜 息子の証明」| 2019.01.18


                  以下、個人的に印象深かった話。
                  続きを読む >>
                  0
                    | books | 2019.08.13 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |
                    最近行ったところ
                    有楽町、秋葉原、上野

                    有楽町は久しぶりに映画館に行ったのです、甥っ子2人も連れ出して「アポロ11」というドキュメンタリーを観たのです(内容については改めて)…といっても紹介記事は2か月分くらい詰まっているので、かなり先になるとは思いますけど。
                    しかしロードショーなのに9:55からの初回のみとはね、しかもヒューマントラストシネマってデカいのかと思ってたら小劇場サイズだし…マリオン周辺なんて行ったのはハタチ前にバイトしてた頃か交通会館でパスポート申請して以来で、すっかり小綺麗になってたから迷っちゃいましたよ!笑
                    その後、下の甥っ子のリクエストで某イタ飯屋で飯。

                    まだ昼過ぎなので、今度は上の甥っ子の提案で秋葉原へ…彼はアニメイトでCDを買い、ついでに僕もゲームソフトを見て回るのに付き合わせて周辺グルグルしベース用ケーブルを購入。
                    そのまま上野まで足を伸ばしてハードオフとブックオフをハシゴ、そこでPS2用コントローラーとメモリーカード×2+PS1用メモカ×1を衝動買い。笑
                    週末だったので、どこも人だらけ…人混みも本当に久々で、帰ったらグッタリ!
                    そういや下甥は上野でゲームのサントラ買ってたけど、上甥は何のCDだったんだ?…まぁ推して知るべしですけど、こないだまでMJにハマッてたと思えば!

                    しかし彼らと出掛けたのも何年振りだったのやら、ついこないだの夏休みにサイクリングした気でいたら既に2人とも中学生だったとは…もうPS2のゲームなんて見向きもしないもんね、数年したら僕も構ってもらえなくなるんだろうな。
                    正直なところ、彼らが観たい映画じゃないのは承知で強引に連れ出したのですよ…自分たちの好きなコトとは違う引き出しの方が、大人になってから思い出した時に印象深いかもなって。
                    とりあえず「いったん帰ったらウチ来てよ」と呼ばれたので、ちょっくら行って彼らのハマッてるPS4のゲームを観戦してきます。
                    0
                      | visited / plan | 2019.08.13 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |




                      ↑ top