夢みるように眠りたい [DVD]
夢みるように眠りたい [DVD] (JUGEMレビュー »)

2018年の上半期は映像作品に恵まれました、といっても僕の好みなので万人向けとは言い難いのですが。笑
本作も(もう観る機会ないな)と諦めてましたよ、TSUTAYAの宅配レンタルには大助かりです。
心の「閉じられなかった輪っか」の記憶や言えず終いとなった(サヨナラ)と(アリガトウ)の悔恨が救われる気持ちになります、中勘助の「銀の匙」並みに甘々ですが。
映画界の新海誠こと林海象、'86年の監督デビュー作にして製作と脚本も兼任でインディーズ上映した低予算モノクロの“ニューサイレント”。
初主演の佐野史郎と監督の対談解説コメンタリーも、本気で映画好きなら是非。
紹介記事【2018.01.20】
プロハンター DVD Collection
プロハンター DVD Collection (JUGEMレビュー »)

黄金時代の藤竜也&草刈正雄+柴田恭兵という'81年のTVドラマシリーズ、横浜を舞台に繰り広げられるディテクティブ・アクション!

宍戸錠&小林稔侍の刑事コンビと、榎木兵衛と庄司三郎の情報屋兄弟も可笑しいです。

サバンナRX−7は4話から登場、3話までのアメ車も好いなぁ。

怒りで福岡訛りが激化する竜崎には大笑い、でも最終話は「探偵物語」ばりに寂しいんだよなー?
紹介記事(VOL.1)【2018.04.26】
Night to Remember: Uptown Soul Classics
Night to Remember: Uptown Soul Classics (JUGEMレビュー »)
Shalamar
シャラマーを知らなくても楽しめる、煌めく70年代ディスコ・ミュージック。
シャラマーを知ってるアナタも納得の選曲、数多ある彼らのベスト盤でもベストかつリーズナブル。
買ってよし、聴いてよしの一枚です。
紹介記事【2018.05.27】
オーバーマン キングゲイナー 5.1ch DVD-BOX (期間限定生産)
オーバーマン キングゲイナー 5.1ch DVD-BOX (期間限定生産) (JUGEMレビュー »)

DVDは全9巻のTVアニメシリーズ。
皆殺しのトミノと呼ばれた富野カントク心機一転、シベリアからヤーパンへのエクソダス×シベ鉄の攻防を描く摩訶不思議なロボットアニメです。
遥か未来を舞台にしつつも寓話的で、ほのぼのギャクを盛り込みながらも会話の上手さは流石だわ……いわば新世紀「ザブングル」、ただし最後がチト残念。
紹介記事(Vol.9)【2018.03.03】
キッドナップ・ブルース 【初DVD化】
キッドナップ・ブルース 【初DVD化】 (JUGEMレビュー »)

今ではレンタル店でも置いてないしamazonでも希少高値で、一生観る機会はないかと思ってましたよツタヤディスカスありがとう!
ナウい写真家だった頃の浅井愼平が初監督、主演はタモリ一義で音楽は山下洋輔……これでピンときたらご覧あれ。
ジャズメン崩れのパチプロが、鍵っこ舞とチャリブラするうちロードムービーに。
監督は脚本だけでなく、自ら撮影と照明も担当して晩夏の湿度から冬の乾いた冷たさまでを映し取ってます。
育児放棄とか偏向報道とか地方の人の温もりと疎外感、破滅への足音とラスト2分間の白さが沁みます。
対外的には「詰まらないから観ないで」と言っておきたい、昭和ノスタルジーを先取したカルト的な1本です。
紹介記事【2018.01.01】
GANTZ:O DVD 通常版
GANTZ:O DVD 通常版 (JUGEMレビュー »)

リアルな深夜の大阪道頓堀と、精度の高いモーション・キャプチャー&リップ・シンクロのキャラに(CGアニメもここまで来たか!)と驚かされます。
実写で演ったら嘘くさくなる非日常の緊迫感と恐怖に引き込まれ、津嘉山正種池田秀一らの意外なCVキャスティングにもビックリ。
杏にはマジ堪えます、二次元なのに!笑
紹介記事【2018.04.19】
フラクタル [レンタル落ち] 全4巻セット [マーケットプレイスDVDセット商品]
フラクタル [レンタル落ち] 全4巻セット [マーケットプレイスDVDセット商品] (JUGEMレビュー »)

TVシリーズのアニメで、DVDは全4巻。
「コナン」の残され島みたいな景色に「ナウシカ」っぽい飛行機と、牧歌的な光景と裏腹なハイテク世界。
ネッサとネッサと“世界の鍵”、ジェンダーとAIとDVと。
やがて悲しき楽園の真実、胸を衝く永遠のかくれんぼ。
紹介記事(1巻)【2018.05.08】
地球へ・・・
地球へ・・・ (JUGEMレビュー »)

近年のリメイクはクソでしたが、絵が古臭くても構成は本作の方が格段にマシです。
時代を先取りした奥深いテーマは原作に及ばずとも、まとめ方は及第点と言えるのではないかと。
ストーリーと共に素晴らしい、有機的な宇宙船の造形も忘れ難いです。
紹介記事【2018.01.24】
What Time Is It?
What Time Is It? (JUGEMレビュー »)
Time
当時は(プリンスの弟分バンド)とか言われていましたが、実質プリンスの別名義状態だったとは・・・大半が5分超のエレ・ファンク6曲入り、日本でパクられまくったモリス&ジェロームジェロームのコミカルなステージ・アクトは「ジェイ&サイレント・ボブ 帝国への逆襲」で観られます。
紹介記事【2018.02.17】
バニシング IN TURBO [DVD]
バニシング IN TURBO [DVD] (JUGEMレビュー »)

原題は「Grand Thieft Auto」、だけど「バニシングIN60」的な「車泥棒」ムービーではありません。
ラスベガスの教会を目指す若い男女vs.父親の配下&マザコン婚約者、「ランナバウト3」のロールスロイスは本作が元ネタだったのね?
カーアクションは'77年なりに頑張ってるけど、見どころはクライマックスの中流生活デモリション位かも…なのに不思議と一味ちがう余韻が残るという点で、低予算映画のお手本かも。
まぁポスター・アートの名匠ジョン・ソリー(John Solie)のインタビューだけでも一見の価値あり、かと。
紹介記事【2018.02.25】
異世界の勇士 (1981年) (徳間文庫)
異世界の勇士 (1981年) (徳間文庫) (JUGEMレビュー »)
高千穂 遙
'79年の異世界召喚ヒロイック・ファンタジーですから、新味がなくても当然。笑
既にフォーマットとしては使い古された感もあるし、本当に異世界で敵を倒すだけの直球展開なのですが。
読みやすい文章でサクサク進むので、色々とベタながら飽きさせません…むしろこのアッサリとした終幕が心地好いな、手垢まみれの物語でも惹き込まれました。
横田順彌による巻末解説も、学生時代の著者や当時のSF事情が伺えて興味深いです。
紹介記事【2018.05.05】
劇場版 天元突破グレンラガン 紅蓮篇、螺巌篇 [レンタル落ち] 全2巻セット [マーケットプレイスDVDセット商品]
劇場版 天元突破グレンラガン 紅蓮篇、螺巌篇 [レンタル落ち] 全2巻セット [マーケットプレイスDVDセット商品] (JUGEMレビュー »)

「紅蓮篇」と「螺厳篇」でTVシリーズを再編集したダイジェスト。
まるで「ザブングル」な、今じゃ珍しい荒唐無稽なロボットアニメ・・・しかし発掘オーバーテクノロジーって「イデオン」かい、しかも「螺厳篇」では馬鹿ガイナックス発動の無限インフレ化に大笑い。
それでいて滅法アツい男泣きアニメというね、中川翔子の力量にも刮目ッ!
「紅蓮篇」紹介記事【2018.06.26】
「螺厳篇」紹介記事【2018.06.27】
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス [レンタル落ち]
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス [レンタル落ち] (JUGEMレビュー »)

マーベル・スタジオ製作の、B級テイストを狙ったアメコミSF映画。
しかし「Mr. blue sky」で掴まれました、80年代だけでなく6〜70年代の通好みな選曲も二度観して納得。
オッサンの方が笑えるネタ満載です、というかエゴの正体って複製人間マモーだけど何故?笑
肌色が青や緑だと人種という意識が馬鹿げてきますね、ただしストーリーはギャグとネタから逆算したような印象も。笑
紹介記事【2018.04.24】
2300年未来への旅 [DVD]
2300年未来への旅 [DVD] (JUGEMレビュー »)

もしも「未来惑星ザルドス」が好きならば観る価値ありそうな、「スターウォーズ」前夜の70年代SF映画です。
まぁ「ザルドス」程の哲学性も見どころもありませんね、後出しなのに。笑
「80日間世界一周」の監督と、ジェリー・ゴールドスミスの音楽でコレは残念だけど……突っ込み所の多さとか、真実は「Don't trust over 30」の否定とか妙なクセが独特です。
紹介記事【2018.01.10】
不思議な少年 (岩波文庫)
不思議な少年 (岩波文庫) (JUGEMレビュー »)
マーク トウェイン
著者を童話作家と思うなかれ、僕の性格に大きな影響を与えた一冊です。
かつて何度となく読み返しましたが、10年以上ぶりに読んでみたら(なんか違う)感が強くて戸惑いました。
でもそれは、既に僕が本書の少年とシンクロしてるって事なのかも。
とはいえ冒頭の“一五九〇年の冬であった。オーストリアは、まだ世界から遠く離れて、眠りこけていた”という一文には心を掴まれますね。
正統なバージョンであるとされる「不思議な少年 第44号」は駄作なので、本書をご一読される事を強くオススメします。
紹介記事【2018.04.07】

最近みたDVD
「infini-T Force」04(←リンク先はTSUTAYA作品情報)

かつての敵、ラジャによって心が開いたエミ…自ら“ミニケース”を創造し、ヒーローズの危機を救うまで成長しましたよお父さん?
いやパパそいの厭やねんて、娘の成長とかアカンのや…ほれ見い、ケンがイチャるからアンタら抹消やで!
と、いった次第で物理的かつエミの記憶からも消されたヒーローズ…残されたフレンダーも困り顔ですよ。
前回ラストは「かまいたちの夜」が始まるのかと思いましたね、それはともかくEP.10「IGNIT FLAME」。
しかしZもヒーローなんだよな、巨大な運命の輪に抗って娘を救うために何もかも投げ出したんだもの…嗚呼、シングルファザー!

誰からも理解されない孤独な戦い、戦いに正義などないというけれども…あらゆる物語で悪者扱いされてきた存在すべてがヒーローだったんだな、裏を返せば。
そこまでして来て肝心の娘に否定されちゃうと、せっかく敷いたレールを喜んで歩いてくれないと!…パパお仕事ばっかりじゃなくて、一緒にいてくれないと!
お父さん自我崩壊、からの世界お仕置き部屋作戦?笑
父ちゃんビューティフル・ドリーマーやで、いやいや単なる古狸の古典的な堂々巡りの術やねんけどな〜。
“進むのって、痛いな”とは“新しいって、ドキドキ”級の名言だわ…娘の反抗を捩じ伏せるZ、しかし!

創造を象徴する鉛筆“ミニケース”がアツい仲間を呼び覚まし、蘇る修造もとい熱血ヒーローズ…遂にZとの最終決戦、こうなりゃあZもダチ公呼んだれやッ!
でもダミアンと同じで仲間を作らなかったんだよなぁZ、まぁ少数派が悪者扱いになるのは勧善懲悪の物語でもリアルでも同じ事。
いよいよEP.11「INDEPENDENT FLOWER」で始まったガチンコ対決、ヒーローズでは破壊不能と思われたZの具現化した心理防御も独り科学忍法火の鳥で木っ端微塵…さあ逃げてないでエミの成長ぶりに向き合い、ケンの嫁にでもくれてやれ!
そして最終話EP.12「I'LL FIND...」は、後日談風。

名場面集っほく始まったので(おしまいで予算切れ?)と驚かされましたよ、しかし別れの時を丁寧に描いた脚本も驚きでしたね…ヒーローに年齢も性別も関係ない、そして戦いは終わりまた始まるのでありました。
また〆め方も上手いねー、オチまで「アニメあるある」なお約束を活かしてて!
どっかで聴いたような歌の焼き直しっほいOP&ED曲も、これは敢えて狙ってたんだろうなぁ〜?…いやはや尻尾までアンコ詰め込んだね、流石は老舗だ。笑
0
    | animation | 2019.01.12 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |
    最近みたDVD
    「infini-T Force」03(←リンク先はTSUTAYA作品情報)

    前巻ラストで見計らったような父=Zからの「会いたい」メールに動揺するエミ、EP.07「Insane Father」で十年ぶりの再会はパラレル・ワールド越しで、顔を見る事すら敵わない有様。
    次元移動装置を開発した父は、どの世界でも早世する娘を目の当たりにしてエミの世界から去る事で法則を変えた…やがて“ケース”と出会った彼は「娘を死なせたくない」と願い、それを叶えるために既定のバイブルを焼いて新たな時間軸へと世界を分岐させた?
    そして無数に存在していた別の世界を滅ぼし娘が死ぬ運命を消してきたし、これからもエミを守るために“ケース”が必要なのだと。

    ヒーローズは不確定分子であり“俺のこの思いには到底敵わない”という訳で、その頃ヒーロー達はクローンじみた偽ヒーローズの襲撃を受けていたのでした。
    エミが“ケース”の持ち主であると死ぬって、じゃあ彼女自身が願えば問題ないのでは?…なんか「紫色のクオリア」ですな、何故“ケース”が鉛筆だったのかは分かりましたが渡しちゃったら元の木阿弥じゃん?
    そりゃあヒーローズも凹むわな、こうしてZは意気揚々と再び宇宙を消し始め…EP.08「Inner Frustration」でエミはヒーローズに退去通告、ケンはZに直談判に赴くも当然ながら決裂し一方的にボコられ退散〜。

    悔し紛れに(違)ケンは“あいつが本当に守りたいのはオマエじゃない、自分の心だ”とズバリ、出て行ったエミを探すヒーローズに本気ベルリン再登場…エミばっかチヤホヤされてトサカにきたのかヒーローズに八つ当たり、ってオマエ実はロボゴリだったのかぁ!笑
    一方、普通に帰宅していたエミは“ケース”化した普通の鉛筆に封印ラジャの下へ飛ばされ…彼との対話から自らの願いに気付くや今度はラジャの封印を解きエミと別世界へ転送され、何故かバトルのど真ん中へ?
    EP.09「In Flux」でロボゴリがベルの乗り物と判明、そしてエミ狙いは彼女の遺伝子目当てとも判明。

    裏切り者ラジャを圧倒したベルはヒーローズも押さえ込むも、油断した瞬間ラジャの毒爪に刺されて発狂モード突入!
    しかしラジャが親友キャシャーンにバラシた弱点を貫かれて終了、と思ったらテッカマンの偽装移民船に収容され、テッカ民と同様コールドスリーブですかね?
    最期は正義に殉じたラジャ、命懸けで守られたエミも少しは素直になるか…どうでもいいけどエミは部屋着も外着もワンパターンだな、てコトは下着ヤバみ?笑
    おいケン、普通に握手しろよ…いちいちヒーロー握手って、どんどん修造化してるけど大丈夫なのかぁ?
    ケンに心を開くなんて、パパは許しませんよエミ!笑
    0
      | animation | 2019.01.08 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |
      最近みたDVD
      「infini-T Force」02(←リンク先はTSUTAYA作品情報)

      なんと本作、Wikipedia情報ですが“タツノコプロ創立55周年記念作品”らしいですね…因みに実写版「ガッチャマン」とか「ヤッターマン」とか、おそらくは先日観たアニメ「夜ノヤッターマン」も含めた各リブート作品を引っ括めた壮大なアニバーサリー企画の一環と何かで読んだ気が。
      前巻で破裏拳ポリマーの宿敵を退けるも、EP.04「IMAGINARY FRIEND」ではテッカマンが“強い遺伝子”を求める吸血少女ベルに目を付けられ…一方ハロウィン・パーティーへ出掛けたエミは、幼なじみの気遣いを冷たくあしらってさ迷う内に“ケース”の持ち主と知ったベルに襲われます。

      武装少女に対抗するはテッカマン&ペガス、そういやテックセッターって痛みを伴うんだっけ…またもや別の次元らしき渋谷に連れ込まれたエミたち、堪りませんねぇこの廃墟っぷり!笑
      ちょっと「楽園追放」っぽい市街地ドッグファイトも束の間、呆気なく武装ベルリン戦意喪失…しかし今時なエミの褪めた態度のせいか、昔気質なヒーロー達の芝居がかった立ち居振舞いは不自然で鼻につきます。
      それも世代の温度差を演出する狙いでしょうけど、流石に“名を名乗れ!”なんて言っちゃうのはなぁ…彼女の通う女子校もギャルゲ的な嘘臭さだし、全体がエミ目線で描かれてない?笑

      お次のラジャは、その成りで普通にエミ宅をピンポンして“初めまして”って!…しかもキャシャーンが「操られていた時に見覚えある」と言ってる割に、居間に通してご対面とはな!笑
      掴みはオッケーなEP.05「INVISIBLE FUTURE」、いきなりギャグ路線かと思えばラジャのお悩み相談は人情路線だし…曰く“理想の世界を創る”というZの理念に共感し手を貸してきたものの、本心を知ったからには既に人でなしのZ=エミの父親を討つのでヒーローズと共闘したいのだとか。
      ラジャの過去に己を見たキャシャーンは彼の“差別なき世界”実現に傾きます、情けに訴えるねぇラジャ!

      彼が連れ込んだ異次元の渋谷も魅力的な廃墟っぷりだわ、それぞれにホームタウン的な世界があるのもユニークですが…結局は自分のテリトリーで本音むき出し、虚無と絶望の根底にあるのは憎悪と怒りなのか?
      哀戦士キャシャーンの熱い説得で初心に還ったラジャは大人しく結界に封じられますが、直後に神社の場面って事は日本式の鎮守=御霊信仰を意識したのかな?
      これで一段落かと油断したら再登場ダミアンの奇襲でスキルを奪われたケン、生身のまま変身さえ敵わずダミアン世界へ連れ込まれ…EP.06「INFINI-T FORCE」で、ダミアンはエミに“ケース”に願えと脅します。

      ベルリンもラジャも分かり合える余地がありそうでしたが、ダミアンだけは無理っぽいね…次元の歪みを察知して駆け付けたヒーローズ、ポリマーの“相変わらずドブみたいに汚い真似してるな”には笑いました。
      しかし頭脳プレーで4対1のハンデを物ともしないダミー、憎らしいほど小気味よいドブっぷりでした…今度は死んだかな、いや生きてるんだろうなダミアン。
      こんだけヒーローズが体を張っても“上から目線で人助け”とは、まぁ他人事みたく言うねぇエミ…もしや辛口ツンデレですか、これが「ReLIFE」の日代と同じ声優(茅野愛衣)とは意外!

      ところで今更なんですけど、次元移動装置ってのは「Zだけが持ってる」設定だったような?…それと最終回でもない6話がメインタイトルと被ってるとか、サブタイトルのイニシャルをIFに統一してるのは何故?
      キャラ毎に別々のモーションアクターを起用してるのは驚きですが、CGとはいえ実に細やかな目の演技にも感嘆しました…特に無表情なラジャが、声音もだけど目で語る説得力は見事!


      〈無人の街〉関連記事:
      【最近読んだ本】阿久井義孝、伊藤千行「水辺の生活誌 軍艦島」| 2008.03.10
      【最近読んだ本】小野一郎「ウルトラバロック」| 2008.10.13
      【最近読んだ本】谷川渥「死都」| 2009.02.13
      【最近読んだ本】九龍城探検隊(写真・文)、寺澤一美(絵)「大図解 九龍城」| 2009.11.30
      【最近読んだ本】丸田祥三「少女物語 棄景IV」| 2010.07.06
      【最近読んだ本】本山周平「Luxembourg, The Netherlands」| 2011.02.10
      【最近読んだ本】元田久治「NEO RUINS」| 2012.06.19
      【最近みたDVD】「THE LAST 7」| 2013.12.21
      【最近みたDVD】「エンド・オブ・ザ・ワールド」| 2014.01.27
      【最近読んだ本】小林伸一郎「亡骸劇場」| 2014.08.03
      【最近読んだ本】MASATAKA NAKANO「TOKYO BLACKOUT」| 2015.01.23
      【最近読んだ本】安島太佳由「要塞列島 ― 日本への遺言」| 2015.10.17
      【最近読んだ本】中筋純「流転 緑の廃墟」| 2015.12.12
      0
        | animation | 2018.12.31 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |
        最近みたDVD
        「infini-T Force」01(←リンク先はTSUTAYA作品情報)

        インフィニティー・フォースのTはタツノコプロのT!かどうかは知りませんが、往年のタツノコヒーロー達が「東映まんが祭り」よろしく共に戦うッ…て前にもあったよなー、要するに流行ってるのねリブート?
        EP.01「ISOLATED FLOWER」は、科学忍者イーグルの空中戦に目を奪われてると…場面は変わって渋谷スクランブルを信号無視のバイク女子高生、事故った所に何故かガッチャマンと敵ロボが降ってくるこの謎展開!
        彼女を助け起こす私立探偵タケシこと破裏拳ポリマー、そこに一条の光が彼女を貫きデカい鉛筆が出現…しかも訳が分からん内に街は元通り、って何事ですか?

        ガッチャマン、破裏拳ポリマーは分かる…しかしテッカマンまで渋谷に現るとはなー、むしろキャシャーンだろ?とか思ってたら夜道でフレンダー連れて女子高生に襲い掛かるとは意外!
        うっかり別世界から集まっちゃったヒーロー達、ただしガッチャマンは大鷲のケンただ一人…あらゆる世界を滅ぼしてきた3人の悪者ラジャにダミアンそしてベル、彼らはZなる男の持つ“ケース”目当てに共闘を誓うも、まさかそれが既にZの手を離れているとはね。
        EP.02「IMMEDIATE FAMILY」は気絶したキャシャーンとウザいオッサン達を匿う女子高生、豪邸に独り暮らしは「アニメあるある」

        デカいエンピツ型の“ケース”を手にしてしまった女子高生エミ、それは持ち主の願いを叶える物質…エミの父親がZであると気付いたヒーロー達、ポリマーことタケシは“ケース”調査の依頼主でビジュアル系みたいな髪型のダミーに話の真偽を問い質しますが。
        彼こそが、タケシのいた世界を壊した張本人だったのね…熱血の独断専行が裏目に出るもEP.03「INTELLIGENT FURY」で危うく仲間に救われましたが、次はエミ宅に隕石を落として“ケース”の回収を目論見ます。
        しかしエミの願いで“ケース”発動、軌道がズレた隕石はガッチャマンひとり竜巻ファイターで粉々に!

        いや段取り的にはペガスに乗って大気圏へ行き、先ずテッカマンが粉砕しキャシャーンが大粒を消しての仕上げがガッチャマンという…でポリマーはダミアンと再戦、技を真似する裏を掻いた正拳突きで追い返し。
        次回の敵はヴァンパイア少女ベルと、一先ず“ケース”争奪戦のようですな…そういや悪者が束になって来ない「アニメあるある」も、ちゃんと理由付けされてる辺りが今時って感じ。
        今までZの願いを叶えるために数多の世界を吸い込んできた“ケース”にしてみれば、願い事のないエミが持ち主だと楽なんじゃ?笑
        「GANTZ:O」程リアルじゃなく、アニメっぽいCGです。

        「シリーズ物アニメ1巻借り企画」その41


        関連ありそうな記事:
        【最近みたDVD】「009 RE:CYBORG」| 2015.08.16
        【最近みたDVD】「サイボーグ009 VS デビルマン」VOL.1| 2016.05.01
        【最近読んだマンガ】石丿森章太郎・村枝賢一「新 仮面ライダーSPIRITS」1巻| 2017.05.25
        【最近読んだマンガ】石丿森章太郎・村枝賢一「新 仮面ライダーSPIRITS」2巻| 2017.06.11
        【最近みたDVD】「おそ松さん」1| 2017.02.26
        0
          | animation | 2018.12.27 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |
          最近みたDVD
          「夜ノヤッターマン」vol.1(←リンク先はTSUTAYA作品情報)

          '70年の「いなかっぺ大将」で総監督を務め、本家「ヤッターマン」で一世を風靡した(?)笹川ひろしがスーパーバイザーとして参加…意外とマジだったのねタツノコプロ、しかし「おそ松さん」ノリとは違うにしても面白いかは微妙だわ。
          別に「夜ノ〜」といってもオトナのアニメって訳じゃないのね、時代は本家ヤッターマンが悪に勝利して幾世代…ただし本作、かつての悪役ドロンボー一家側が主役なのです。
          開始いきなり降り注ぐ隕石群に、日本全国阿鼻叫喚…高らかに響く「お仕置きダベェ〜」の懐かしい声、そして月があるべき軌道上に浮かぶのは惑星ガイコッツって?なんのコッチャ!

          9歳になったレパード嬢ちゃんは先祖ドロンジョの遠い子孫、ボヤッキー&トンズラーの末裔も未だ律儀に仕えてはいますが暮らしは貧しく…病床の母ドロシーを救うためヤッターマン様に助けを乞うも、問答無用の銃撃で追い返されるわ母も死ぬわでヤッターマン神話に疑いを抱くレパード。
          本当にヤッターマン様は正義の味方なのか、むしろ初代ドロンボー一味こそが清く正しく美しかったのでは?…いつか先祖の罪が許され、ヤッターキングダムで暮らせるようになる日を夢みてきたレパードはドロンボー一味を復活させるのでありました。(第1夜「世界は真っ暗闇」)

          かつてデッカイドーと呼ばれ、今はヤッターマン様が治めるヤッターキングダムへと乗り込むレパード改めドロンジョ以下2代目(?)ボヤッキー&トンズラーそして生意気ブタのオダ様。
          水没した旧・青函トンネルを爆走してヤッターキングダムに乗り込むや、ご先祖スタイルを踏襲した「やっておしまい!」からの「アラホラサッサー!」で初戦を飾るも驚愕の事実が…なんとヤッターマン1号2号は量産ロボットで、どちらかというと「新造人間キャシャーン」に出てきたアンドロ軍団っぽいのは何故?
          というよりドロンジョが幼女は如何なものかと。(第2夜「ヤッターマンにデコピンを」)

          巨大権力の暴力装置と化したヤッターマンに挑む、悪の烙印を捺されたレパード改めドロンジョ達…しかし彼女に天使と呼び掛ける盲目の少女アルエットとその幼なじみガルナ少年と出会い、2人も一緒に北の果てにある首都を目指します。(第3夜「俺たちは天使じゃないけど天使のフリをする」)
          アルエットとガルナの両親は首都に連行され強制労働の末に亡くなっており、どの村も搾取と貧困に喘ぐばかり…楽園と謳われた王国の内情は、かつての軍国主義というより共産主義の某国を皮肉っているようですなぁ。(第4夜「湯けむり露天風呂紀行」)
          何このシリアス展開?笑

          オリジナルへのリスペクトというかオマージュ的な要素も可笑しくなってないし、そもそも荒唐無稽なギャグって今では無理なんだろうな…言うまでもなくドロンボー一味の声優はボヤッキーもトンズラーもオリジナルから一新されてるのですが、それを逆手に取って(軽妙なやり取りじゃないギクシャク感)というネタにしてるのも苦し紛れな印象は否めません。

          「シリーズ物アニメ1巻借り企画」その40
          0
            | animation | 2018.12.19 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |
            最近みたDVD
            「いなかっぺ大将 ベストセレクション」1巻(←リンク先はTSUTAYA作品情報)

            宅配レンタルの作品情報で、たまたま見付けた本作…あるモンなのねぇ〜?っていう懐かしさ半分、そして(第1話ってどうだった?)という興味からチョイス。
            タイトルにもある通り「ベストセレクション」なので選り抜き6話を収録、サブタイトルは以下のとおり。
            第一話「わしは風大左ェ門だス」
            第二話「東京はスゴイとこだス」
            第九話「ワンとも困っただス」
            第十話「これが本当の野球だス」
            第十九話「とつげき新聞配達だス」
            第二十話「かわいこちゃんにゃ弱いだス」

            30分枠に2話の構成なので、OPEDにCM分を引けば1話あたり正味10分程度…当時のギャグアニメって、そんな感じでしたね。
            OPEDの歌が若かりし天童よしみというのは有名ですが、原作が川崎のぼるとは意外すぎてビックリ。
            Wikipedia情報では'70年に放映が始まったそうで、制作クレジットが「吉田竜夫タツノコプロ」なのもまた時代を感じさせます…でも野犬狩りとか、当時でも(いつの話?)的なネタが。
            画質は写り込みっぽいノイズがあるとはいえ、リマスタリングされたと思しき鮮明さです…もちろん今時のデジタル撮影されたアニメには及びませんけどね、

            初回は、柔道家の大柿矢五郎が亡き友人との約束を果たすために大ちゃんを迎えに来ます…村では熊ですら敵わない大ちゃんが柔道勝負で完敗し、見聞を広めるためGFのお花ちゃんに見送られて汽車と電車を乗り継いで東京へ旅発つまで。
            そして信号すら知らない大ちゃんが都会でカルチャーギャップを受ける第二話、上野公園で走り込みしてるってコトは芸大の相撲部か?…家出少年と間違われたりしながらも大柿道場の門を潜り、跡取り娘のキクに会うや一目惚れですか!笑
            もし今これを実写リメイクしたら、脚本は「天才武道家を巡る美少女2人の恋愛バトル」になりかねませんなぁ?

            大ちゃんvs.野良犬軍団エピソードでは、謎民謡で大ちゃん目トロンで踊り耽る「悪いクセ」発動…野犬の方が「あんな気○○○(←音声カット)」と怯える始末、ライバル西一(はじめ)の登場エピソードが未収録なのは非常に残念です。
            野球エピソード回では、大ちゃんはおろか西もキクちゃんも基本ルールさえ知らずに珍プレー…関西弁キャラの西は何故タートルネックになんだろうな、しかしニャンコ先生に弟子入りする回も未収録とはなー?!
            西との新聞配達競争ではバレエ教室の音色に踊り込む大ちゃん、当時30階建てのマンションなんてないし“ズッコケ丸出し”だわ。

            ニャンコ先生の恋患いを取り持つ大ちゃん、金剛流空手道場でオッサン共からボコられて銀子の手当てに目がハート!…あの師にしてこの弟子、下心をキクちゃんに見透かされ大弱り。笑
            ここらで涙のアメリカンクラッカーがカチカチするかと思ったのに、これも見られないとはガッカリだよ!
            EDにスタッフや声優などのクレジットが一切なく、Wikipedia情報を参照にCV紹介…大左ェ門役の野沢雅子を筆頭に「ハクション大魔王」のナレーション(?)でも知られる愛川欽也(ニャンコ先生)、その他の準レギュラーで大平透(矢五郎)/岡本茉莉(キク)/杉山佳寿子(花)/八代駿(西)が出演しています。
            0
              | animation | 2018.12.17 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |
              最近みたアニメ
              「クラッシャージョウ 氷結監獄の罠」(←リンク先はTSUTAYA TV作品情報)

              TSUTAYA宅配レンタルで動画ポイントをもらったので、それを利用して配信動画で視聴しました…本作は配信専用で200ポイントが必要との事、でも現金換算で¥200+税だから実は216ポイントという紛らわしさ。
              だから公取から是正勧告されんだよ、動画配信サービスに関しては色々と紛らわしいと感じてましたが。
              結局Tポイントで端数を払って残り200ポイント、これでOVAがもう1作観られる訳ですが…付与ポイントには使用期限があるのを見落とすとこでした、今月中に忘れず使わないとね?
              入会時にも¥1,000ポイント以上あったのに、気付いたら期限切れ直前で使い方を調べてる内に消えちゃったので…まぁ本来ないモノだし、振り回される位なら無視すりゃ好いんですけど。

              かつて「建国の英雄」と謳われたゲルスタンが支配する惑星オーロの独裁国家キリウス、周回軌道上の監獄衛星デブリがオーロへと落下を始め…至近のリゾート惑星で休暇中だったジョウ達に、クラッシャー評議会は緊急出動を要請します。
              しかしデブリに収容された政治犯の人命救助が最優先、というキリウス側の姿勢は何か裏がありそう…何しろ反抗分子を弾圧し投獄してきた独裁政権としては、そんな連中などデブリ崩壊と共に葬りたい筈なのに。
              そして案の定、キリウス政府が描いた「総帥の温情ある人道的配慮もクラッシャーの事故により失敗」という筋書きが実行されます。

              デブリを落下軌道から押し出すための宇宙船団が誘爆を始め、残り時間は50分に加速…誘爆を逃れたタロスとアルフィン&リッキーは政府軍に拘束されてるわ、ジョウは孤立無援で任務を続行する羽目になるわで窮地のクラッシャーたち!
              そこから先は機転と行動力での逆転劇でスペース・バトルへ、終いに連合宇宙軍が首を突っ込んで幕引きと…最後の「そしてまた新しい英雄が生まれるのさ」とは上手く締めたねジョウ、被害も最小限に抑えたし?
              ジョウ役CVは竹村拓、同じくアルフィンは佐々木るん…リッキーは小原乃梨子でタロスは小林清志、そしてドンゴの声は二又一成。

              '89年にリリースされた本作、ダイアローグは原作者の高千穂遙…キャラデザは当然ながら安彦良和でメカデザも河森正治石津泰志、本作でも「ダーティペア 諜略の005便」同様滝沢敏文監督はストーリーボードを兼任。
              全体的に「ダーティペアの大勝負 ノーランディアの謎」より良好な出来でしたが、場面転換の度に入るアイキャッチは邪魔!笑
              制作協力に高千穂が社長を務めていたスタジオぬえ京アニの他、プロダクションI.Gの前身であるアイジー竜の子もクレジットされてましたね…音楽は奥慶一、そしてエンドロールに流れるイメージソングがカルロス・トシキ&オメガトライブとは時代を感じさせますが当時はネタにされて気の毒だったねカルロス。笑


              〈高千穂遙〉関連記事:
              【最近読んだ本】「クラッシャージョウ8 悪霊都市ククル」上巻| 2011.10.02
              【最近読んだ本】「クラッシャージョウ8 悪霊都市ククル」下巻| 2012.05.12
              【最近読んだ本】「虹色の地獄 (映画版クラッシャージョウ)」| 2012.06.04
              【最近読んだマンガ】高寺彰彦「サルタン防衛隊」| 2013.03.03
              【最近読んだ本】「銀河番外地 運び屋サム・シリーズ1」| 2016.05.29
              【最近読んだ本】「聖獣の塔 運び屋サム・シリーズ2」| 2016.06.04
              【最近読んだ本】「クラッシャージョウ9 ワームウッドの幻獣」| 2017.06.13
              【最近読んだ本】「ドルロイの嵐 クラッシャージョウ外伝(1)」| 2017.06.28
              【最近読んだ本】「クラッシャージョウ1 連帯惑星ピザンの危機」| 2017.07.09
              【最近読んだ本】「クラッシャージョウ2 撃滅!宇宙海賊の罠」| 2017.07.20
              【最近読んだ本】「ダーティペア 独裁者の遺産」| 2017.07.26
              【最近みたDVD】「ダーティペアの大勝負 ノーランディアの謎」| 2018.04.21
              【最近みたDVD】「ダーティペア 諜略の005便」| 2018.04.22
              【最近読んだ本】「異世界の勇士」| 2018.05.05

              〈スペース・オペラ〉関連記事:
              【最近みたDVD】「銀河ヒッチハイク・ガイド」| 2013.01.12
              【最近読んだ本】ウィリアム・C・ディーツ「天空の秘宝」| 2013.04.15
              【最近読んだ本】ロイス・マクマスター・ビジョルド「無限の境界」| 2013.04.23
              【最近やったゲーム】PS2ソフト「ローグギャラクシー」| 2013.06.13
              【最近読んだ本】ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア「たったひとつの冴えたやりかた」| 2014.01.10
              【最近みたDVD】「スターウォーズII クローンの攻撃」| 2014.03.13
              【最近読んだ本】ポール・アンダースン「地球帝国秘密諜報部員」| 2014.09.08
              【最近読んだ本】ウィリアム・C・ディーツ「帝国を継ぐ者」| 2014.09.14
              【最近読んだ本】ロイス・マクマスター・ビジョルド「ヴォル・ゲーム」| 2015.01.03
              【最近読んだ本】デイヴィッド・ウェーバー「反逆者の月2―帝国の遺産―」| 2016.07.02
              0
                | animation | 2018.12.02 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |
                最近みたDVD
                「ReLIFE」File.7(←リンク先はTSUTAYA作品情報)

                何故かアバンなしの「report12 ダブルパニック」、ようやく夏休み突入で高校時代は当然だった長期休暇の有り難みに震える海崎。
                しかし期末も赤点だったので夏休みでも補習登校なのね、補習&再試を繰り返す日々は現在も進行形っと。
                些細な大神の言葉に動揺する狩生、そりゃあ彼が付属大エレベーター受験じゃなきゃ離ればなれになっちまうわな…しかし1学期終了の慰労会を海崎宅で開く夜明&小野屋、彼の家なら飲みも経費で落ちるって?笑
                その席で話題に上がったのが、狩生の気持ちに気付いてない大神の鈍さ…そして大神を早速いじる海崎、でもブーメラン発言で自爆!

                “気付いたら将来仲間内で独り身は自分だけという事に!”って、そりゃあ海崎の言う台詞じゃねーやなぁ?笑
                チャラく見えてシッカリ屋さん、しかも案外ウブな大神…海崎への「バカのクセに!」は笑ったなー、でもシッカリ意識しちゃって!
                恋を自覚した大神、花火大会で告っちゃえ!から夜明&小野屋+日代の作戦会議へ…すっかり女性経験豊富キャラ認定された海崎、やっぱりED曲はホワイトベリーの打ち上げ花火〜!じゃなくて「夏祭り」かぁ。
                いつもは海崎がベランダ閉めてフェードアウトなのに今回は続きあり、アバン抜いた分を後ろに回したにしても何か意味があるのか?

                という訳で花火大会の「report13 告白」、いきなり気を利かされ2人きりで戸惑う大神と狩生…そして海崎は小野屋にくっつかれながら、夜明と腕を組んでる日代を見て心がザワザワ。
                あの2人を告白ムードに誘導した気でいた海崎、まさか自分も日代と2人きりにされるとは!…とはいっても鮮やかに咲いて散りゆく花火のように、卒業すれば仲間たちの記憶から消される海崎にしてみれば日代の残り少ない高校生活の思い出を奪う真似は出来ず。
                でもやっぱ被験者No.001は日代なので、実は何も問題ないんじゃないのかな〜?
                好いムードで新学期スタート、ってあれ?最終回?!

                ED曲がOPと同じってだけでなく次回予告もないし、だけど「2学期からは小野屋が日代のサポート担当に就く」発言は何なのさ…というか、宅配レンタルの記事ページには9巻まであるけど続きはOVAなの?


                前巻
                0
                  | animation | 2018.11.21 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |
                  最近みたDVD
                  「ReLIFE」File.6(←リンク先はTSUTAYA作品情報)

                  「report10 みんなのワガママ」は前巻の続きから、まったく腹立つな狩生…って、まんまとハマってる?
                  ところで、こんなラウンジーなピアノがBGMで違和感ないのが不思議だわ…今回は鍵盤が坪口昌恭で打楽器は芳垣安洋、やっぱりアフレコ形式で映像にインプロで当ててるのかなぁ〜?
                  狩生と玉来の仲直りに一肌脱いだ日代と、それを支えた海崎…逐一モニターしていた夜明がナイス・アシスト、で小野屋にツッコまれて若干アタフタという。笑
                  前話で日代が持ち掛けた「リベンジ」を受けた海崎が、よりクラスメイトにコミットしてゆく流れにリライフ側も手応えを感じてる?

                  のっけから「元に戻る薬が欲しい」と夜明に切り出した海崎、リタイアって訳じゃなく墓参りって…そう、会社員時代のトラウマでもある先輩の命日だからと。
                  実は前年の墓参も知っていて「心配だから付いて行く」夜明、どんだけ入念な身辺調査してんだリライフ!
                  そんな「report11 過去トリップ」、同行したがる小野屋に夜明は頼み事…夜明と二人で大人に戻った海崎、しかし夜中の墓参りってのは感心しませんなぁ〜。
                  更に会った事もない後輩まで夜中に墓参りですか、近頃そういうスタイルなん?
                  「一度きりの人生をあんな会社にくれてやるほど云々」とは、言ったねぇ海崎!

                  夜明も策士というかお人好しというか、まぁ見方によっては彼や小野屋をアツくさせてる海崎の人徳ってか?…珍しく学校抜きのタイトな回でしたが、転落人生の裏事情と振り返れる今のアナザースカイ感が伝わってきて僕も「カンクン月光浴」を思い出したり。笑
                  そして流れるはケミストリーの「Pieces of a dream」、スタッフクレジットの背後に挟まる水彩タッチの一枚絵に合わせたサビのタイミングが上手いよねぇ。
                  アラサーのJK煩悩に見せ掛けた学園ラブコメ、と思わせて何気に生き辛さを抱えた若手社会人へのエールって…ちょっと好きだな、適度にメッセージしてて。


                  前巻
                  0
                    | animation | 2018.11.14 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |
                    最近みたDVD
                    「ReLIFE」File.5(←リンク先はTSUTAYA作品情報)

                    ちょっとご無沙汰でしたが、久々に続きをば…で「report8 亀裂」は前巻の「report6」で大神にGW付き合わせといて中間テストでまたも赤点の海崎、対して海崎をマークから外した小野屋は赤点組から卒業。
                    そして新たな赤点組に加わった玉来(たまらい)、ホワッとした見た目に反してスポーツ万能らしく…それが過去に仇となった経験から実力を抑えてる様子、因みに赤点組といっても彼女の勉強を見るのは幼なじみの犬飼&朝地コンビです。
                    再試突破した玉来ですが、無理が祟って練習中に倒れて狩生を巻き込み…狩生が溜め込んでいた劣等感が爆発、玉来トラウマ再発か?

                    玉来にとって親友だった狩生の暴言は、負けず嫌いの狩生にとって越えられない壁な玉来への本音で…高校最後の試合を前にバレー部引退を決めた狩生、おー辞めちまえバカじゃねーの?
                    まぁ集団の中で突出してると難しいわなー、玉来も仲良くするのはスポーツ以外にして部活は個人競技に絞れば?って他人事だから言えるけど…「report9 リベンジ」の見せ場はツンデレ狩生&寛大な大神のカップリングか?と思いきや、リライフ側の夜明&小野屋はそこに被験者(海崎+001)を関わらせたいようで。
                    どうも被験者001って日代っぽいな、でも友人達との違和感に悩んだからって海崎宅まで相談に押し掛けるか普通?!

                    独り暮らしの自宅に日代と2人きり、動揺する海崎+スマホ経由で音声モニターしてるリライフ職員2名…そういや現実でも某SNSが登録者のスマホから音声を常時拾ってるそうで、本作は何気にディテール細かいなぁ。
                    辛い過去がフラッシュバックした海崎、日代を誰かと見間違えてとんだ粗相を…玉来と険悪な狩生を放っておきたくない点で一致する海崎と日代、だけど(踏み込んでまた壊してしまったら)と恐れる海崎は「だったら一緒にリベンジしませんか」と日代に誘われ。
                    なるほどな、飛べなかったハードルは飛ぶ日が来るっていうね…別に逃げるのもアリだけど、また飛べなくてもハードルは姿形を変えて現れるのが人生ってか?


                    前巻
                    0
                      | animation | 2018.11.01 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |




                      ↑ top