Voyage of Prayer―祈りの旅
Voyage of Prayer―祈りの旅 (JUGEMレビュー »)
今西 勇人
祈りの姿勢は、手を合わせ目を閉じる形だけではありません…人が祈る姿は千差万別なのに、祈るという行為やその思いには共通性が感じられるのです。
宗教の奥にある、世界じゅう一人ひとりの心の静けさに。
紹介記事【2016.09.06】
チャンス [DVD]
チャンス [DVD] (JUGEMレビュー »)

「人生とは心の姿なり」
シャーリー・マクレーンは、本作の撮影中にピーター・セラーズが前世について話した事を著書「アウト・オン・ア・リム」で書いていました。
それを意識したせいでスピリチュアルな印象を受けましたけど、むしろ本作の笑いはそうした見方にあるような。
無知な老人チャンスが教養人を翻弄するシュールな寓話、ですが予想外に可笑しいのです。
紹介記事【2016.10.08】
逮捕しちゃうぞ [DVD]
逮捕しちゃうぞ [DVD] (JUGEMレビュー »)

藤島康介が原作の、婦警コンビが活躍するOVAです。
図々しいまでに快活な夏実と大人しそうで冴えたドラテクの美幸、という動と静のバランスは同じ原作者の「パラダイスレジデンス」を思わせますが。
この後に続く同名のTVシリーズにはない凝った実車ディテールや派手なカー・アクション、まだ昭和の気配が色濃い東京の風景は90年代のトレンディ・ドラマっぽいけど…ま、肩の凝らないノリが好い案配なのです。
紹介記事【2016.08.21】
となり町戦争 (集英社文庫)
となり町戦争 (集英社文庫) (JUGEMレビュー »)
三崎 亜記
2016年に読んだ小説から一冊を挙げるのは本当に悩みましたが、本書は外すことが出来ません。
デビュー作でこれって、凄すぎない?
ちょっとシュールでフワフワとした空気の中、自治体行政の地域活性化という名目で遂行されているらしき戦争…“僕”が聞く唯一の銃声は終戦を告げる号砲で、これは「地獄の黙示録」で引用されていた詩の一節“これが世界の終わりのすがただ/ドンともいわないで、すすりなきのひと声で”を連想させます。
文庫の表紙カバーに惹かれたのですけど、これが衝撃的な場面とリンクしてたとは…戦争とは銃器や死体ではなく、本質は経済の真の顔なのだと実感しました。
紹介記事【2016.11.13】
Yesterday,Yes a day (フラワーコミックス)
Yesterday,Yes a day (フラワーコミックス) (JUGEMレビュー »)
岩本 ナオ
話の舞台が共通する「雨無村役場産業課兼観光課」も好かったけれど、個人的には先に読んだ本作の方が好みかも。
地方暮らしの女子高生とか恋愛未満のリアリティが新鮮、この年頃だって恋愛が日常の中心にある訳じゃないんだよねっていう。
紹介記事【2016.03.30】
Eagle Has Landed: Live
Eagle Has Landed: Live (JUGEMレビュー »)
Saxon
どう見てもビジュアルが「スパイナル・タップ」そのものですが、当時の僕にとってはAC/DCの「BACK IN BLACK」とマイケル・シェンカー・グループの「MSG」と並ぶHR/HM愛聴盤でもありました。
でも他のメンバーはあんまりメタルっぽい出で立ちじゃなくて、ストラト遣いのポールは野球帽かぶってたし…ぶっちゃけボーカルのビフ以外はギブソンSG遣いのグラハムも当時は滅多に見かけなかったプレベ弾きのスティーブも見た目がオッサン臭くて、そういうビジュアル無視な姿勢が僕には却ってシブく思えたのです。
意外にロックンロールしてるベースラインや無駄に手数はないけどツーバス並みに速いドラムスやメタルにしては珍しいワウペダルを使ったギターソロなど今でも充分カッコイイ!
リフ中心とはいえメロディアスなフレーズも織り込み、改めて聴くと楽曲構成も隙がないなと感じました。
紹介記事【2016.02.27】
アイアン・スカイ [DVD]
アイアン・スカイ [DVD] (JUGEMレビュー »)

2018年、月からナチスが攻めてくる?!
パルプSFテイストにシニカルなユーモアを絡めた、おバカ路線のB級映画。
フィンランド人がサウナで酔っ払いながらアイディアを出し合い、製作費のうち約1億円をカンパで集めたというフィンランド・ドイツ・オーストラリア合作。
ほぼ全編ブルーバック撮影というレトロ活劇「スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー」と併せてオススメします、もちろん両作品とも特撮だけの映画じゃあありませんよ?
紹介記事【2016.04.16】
忘れられた日本人 (岩波文庫)
忘れられた日本人 (岩波文庫) (JUGEMレビュー »)
宮本 常一
本書は主に、対馬や周防大島や伊予といった西日本の村落で聞き取った話から構成されています…本業の傍ら、農家に泊めてもらうので米を持参で戦時中も日本各地を歩いて回ったそう。
正直、読み始めは部外者が首を突っ込んでいるような取っ付きにくさを感じたのですが…間をおいて開いたら、妙にスラスラ入ってきました。
何だか不思議です、本書自体が村の古老のようで…この深い根っこに繋がるような安心感、古臭く陳腐な表現ですが「元気が出る」のです。
紹介記事【2016.06.21】
幻想水滸伝III
幻想水滸伝III (JUGEMレビュー »)

明代中国の伝奇歴史小説「水滸伝」をベースにしたRPGシリーズの1つで、本作の特徴は同じ物語を複数の主人公を通じて体験するという趣向です。
今回は商業国家の騎士団長、名門貴族のクリスでプレイ…以前にプレイした平原部族の少年ヒューゴや大国の傭兵を率いるゲド隊長と違ってしがらみだらけの気丈な女性。
商業国家と平原部族の対立に乗じて領土拡大を画策する大国と、裏で暗躍する一味…シリーズの他作品は知りませんが、異世界クライム・サスペンスといった感じ?
絶対悪など存在しない、なんて分かってはいても相互理解は難しいというね。
小説や漫画などとは異なる、RPGという形式ならではの物語を味わえます。
紹介記事【2016.06.29】
イノセンス スタンダード版 [DVD]
イノセンス スタンダード版 [DVD] (JUGEMレビュー »)

前作「ゴースト・イン・ザ・シェル」から引き続き押井守監督が描くは、攻殻機動隊のバトーとトグサが挑む「暴走ガイノイド連続殺人事件」の顛末。
そして、ネット上の全一となった少佐こと草薙素子を、もはや見つめる事も触れる事も叶わないバトーの愛の物語でもあります。
重厚なCGアニメで表現される電脳社会の、二重の意味で人工的な儚さ…「私」や「貴方」の定義とは何か、肉体は自由の枷なのか。
前作のラストで少佐が言っていた“2501…それいつか、再会する時の合言葉にしましょ”という台詞を覚えていると、ちょっと感動的かもしれません。
紹介記事【2016.11.27】
二週間の休暇 (MouRa)
二週間の休暇 (MouRa) (JUGEMレビュー »)
フジモト マサル
まるで村上春樹ワールドの絵物語、といったら失礼でしょうか…あの読後感を簡易化して視覚的にまとめたような一冊、安直すぎるオチも却って心地よく感じられました。
うぐいす色と黒の二色刷り、計算されたコマ割りとアングル…奥付けページの縁に這わせたカマキリに至るまで、ちょっと手元に置いておきたくなります。
紹介記事【2016.02.04】
パートナーズ・イン・クライム
パートナーズ・イン・クライム (JUGEMレビュー »)
ルパート・ホームズ
1曲目「Escape (the pina colada song)」は、ケイト・ブッシュの「Babooshka」と対になるようなシチュエーションを歌っていながらライトで喜劇的な展開…また「Answering machine」ELOの名曲「Telephone line」と対になるような、どこか惚けた味わいのある留守番電話の歌なのです。
フェイズ・ギターに'79年リリースという時代を感じます、今でこそ好きな音ですけど十代の頃は中途半端なエフェクト感が気持ち悪かったので一概にオススメとは言い難いのですが。
紹介記事【2016.01.23】
クン・パオ! 燃えよ鉄拳〈特別編〉 [DVD]
クン・パオ! 燃えよ鉄拳〈特別編〉 [DVD] (JUGEMレビュー »)

本当にね、どんだけ買って観てんだ僕は!
70年代のB級カンフー映画を元にデジタル処理で大胆に改変、正直この笑いは人を選ぶと思います。
実際、ちょっとオススメしにくいコメディです…特にCGパートなんて、全然オススメ出来ませんけども。
音声バリエーションの豊富さで、何度でもどこかツボにくるのです僕は。
紹介記事【2016.06.19】
図説 国旗の世界史 (ふくろうの本)
図説 国旗の世界史 (ふくろうの本) (JUGEMレビュー »)
辻原 康夫
いつもながら面白い、河出書房新社の図説シリーズ「ふくろうの本」の一冊です。
紋章学の見地に基づいて、色遣いや図柄で世界各国の国旗を分類すると…割と知ってる国旗の雑学レベルから歴史的な成り立ちが見えてくる、この切り口が実に面白い!
本来は支配者の紋章であり権力への服従を意味していた「旗印」が、フランス革命から民衆の団結や社会の理想を表明するように…赤青白で構成された国旗を“民主主義国家の旗印にふさわしい配色という固定観念”と断言し、9・11後の「SHOW THE FLAG」を“恫喝的スローガン”とブッタ斬る著者は本書自体も“疑問の解明に寄与するとは到底思えない”と切り捨てますが。笑
「世界史を読みたくなる」歴史ネタの雑学本、として辻原康夫(編)「読みたくなる世界史」と併せてオススメします。
紹介記事【2016.11.24】

最近買った物
防寒帽子

いわゆる飛行帽タイプですが、前から見ると額で折り返したフェイクファーがコサック帽みたいです…自転車通勤していて、冬場あまりに耳が冷えるものでね。
最初は耳当て付きのタンカースを探していたのですが見付からず、それに通勤用だから見栄えより機能性&安いに越した事はないと。
中国の会社から出荷される中国製品ですが、それでも送料無料で¥1,680は安いよなぁ…届いてみれば僕の頭にはやや小さめではありましたが、実用には何の問題もなく耳も暖かいし快適!
0
    | take | 2018.01.08 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |
    最近買った物
    MTBメンテナンス用品

    先日、仕事に行こうと自転車に乗ると前ブレーキのレバーが異常に固くなっていて…別にブレーキシューが締まっている訳ではなく、レバー根元の調節ネジ(?)も動かないだけでブレーキ自体は作動したのですが。
    後で見たらブレーキワイヤーの根元が折れ曲がっていたので、それを直したら問題は一応解消したのです。
    その時にシフターのワイヤーが劣化しているのを発見し、これは早めに交換した方が良さそうだなと思い。
    近所のチャリ屋でシフトワイヤーと前ブレーキのワイヤー+各アウターケーブル、ついでにチェーンクリーナーと防錆剤を買ったら¥4,286もしてしまいました。

    内訳を見るとシフトのインナーワイヤー(¥498)×2にアウターケーブル(¥216)、前ブレーキのインナー(¥498)にアウター(¥216)…EVERSチェーンクリーナー(¥1,380)にEVERS長期防錆剤(¥980)、うーむやむを得まい。
    因みにシフターワイヤーを2本にしたのは、初めて作業するので失敗した場合を想定した予備です…フロントシングルなので前ギヤはありませんが、後輪のシフト調整に自信がなくて。笑
    ブレーキワイヤーの交換は一応やった事あるのだけど、無理矢理ニッパーで切るとワイヤーが切り口でバラけたりアウターの切り口を潰して却って面倒な事になってしまうという盲点が!

    チャリ屋に任せてしまえば手間なく時短にはなるものの、自分でやらなきゃ覚えないからね…また遠乗りしないとも限らないし、もしもに備えて覚えておけば応急措置も出来るだろうし。
    という次第で、とりあえずアウターケーブルだけは適当な長さを見積もって専用工具(ワイヤーカッター)で予め切ってもらいました。
    シフターのアジャスト調整は「色んな人が動画に上げているので参考にしては」と店員よりアドバイスを受け、何とかなるだろうと。
    ついでに雨天走行の後で漕ぐと異音が伴う点に関しては「先ずはペダルを交換してみては」との助言を戴き、それも試してみなきゃ。

    なので交換作業は3箇所。
    1・シフターワイヤー
    2・前ブレーキワイヤー
    3・ペダル
    そして時間に余裕があれば可動箇所とチェーンの油注しもね、防錆剤はチェーンオイル兼用と謳ってあったのですがチェーンの油汚れを落とす働きはないそう。
    なので、先にチェーンクリーナーでキレイにしてからの注油&グリスアップと。
    ま、予定を詰め込むのは主義じゃないのでね…飽くまでも作業がトントン拍子で片付いたとして、余力があったらやろうかな?程度。
    メインは交換作業で、メンテナンスは次の休日にしたって遅くはないのでね。笑


    〈マウンテンバイク〉関連記事:
    【最近買ったもの】サドル| 2012.03.27
    【最近買ったもの】シフトレバー| 2013.03.10
    【最近買ったもの】リア用ホイール&アヘッドステム| 2013.05.03
    【最近買ったもの】チューブ| 2013.06.15
    【最近の初体験】ブレーキ・シューの交換| 2015.09.09
    0
      | take | 2018.01.02 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |
      最近買った物
      マグボトル

      ステンレスの断熱構造で冷温共用、600mlサイズで¥1,064は安物買いのナントカになりそうな気もしましたが…それほど性能重視って訳ではなく、とりあえず寒い朝に温かいのが飲めれば好いかなと思いまして。
      夏場に使ってる水筒は、飲み口が温かい飲み物に適していないのでね…それに冬場は水分補給が目的じゃないので、あんまり嵩張らない大きさのが欲しくて。
      和平フレイズなるメーカーの製品ですが、保温性バッチリだし飲み口の形状と洗いやすさも良好です。
      百均で買ったボトルカバーも保温性に一役買ってるのかな、昼過ぎには温めになってきますが僕は無問題。

      例によってAmazonの「¥2,000以上は送料無料」作戦に乗って、バスクリン「日本の名湯 美肌の湯」「温浴の湯」各400g入り¥482も購入…量は普通のバスクリンより少なめですが、香りも上品というか独特。笑
      効能に関しては、やはりハッキリとは分かりませんね…そこら辺はまぁ、普通のバスクリンやバスロマンで同様に謳っている製品にも言える事なので何とも。
      0
        | take | 2017.12.31 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |
        最近買ったもの
        リモートコントローラー

        つまりリモコンです、CD/DVDプレーヤーの…ずいぶん前から調子が悪かったんですよ、それで電池を換えてみたり角度を変えたり色々やってみたけど全然効果ないので買い換えました。
        最初はマルチリモコンにしようと思ってAmazonで調べたんですが、何せプレーヤーが無名メーカー製なので周波数帯が対応してなくてね…マルチリモコンって買ったらすぐに何にでも使える訳じゃなく、操作する機器に送信する赤外線だか電波信号だかをメーカーや型番毎に固有の帯域に調整しなければならないそうで。
        で、取説を捜し出してメーカーに問い合わせた次第。

        そしたら新潟の出荷センターに掛け直せと言われ、品番で検索したメーカーのサイトに記載されてたフリーダイヤルで改めて代替リモコンを電話注文…したら最初「最寄りの販売店に取り寄せを依頼して」と言われ、直接送ってと頼んだら「代引き発送はしないので口座振り込みで入金を確認したら送付するが」との事。
        こういうやり取りって昔は普通だったんだろうな、と思いながら軽いカルチャーショックでした…そもそもリモコンって壊れる物だと思ってなかったし、口座番号を口頭で教わるというのも初めてだったもので。笑
        というか「振り込み手数料が掛かりますよ?」って!

        もしや世間には振り込み手数料を渋る人が多いのかね、っていうより代金引き換えが何故ダメなんだろう?
        ともあれリモコンが¥2,160もするとはな、これじゃあプレーヤー本体の方が安いじゃん…下手にリモコンだけ買い直すより、Amazonで本体ごと買った方が却って手間なくて便利な気も。笑
        やはり無名メーカー製品には落とし穴があるんだなぁ、安いとはいえ使い捨て推奨の製造/流通システムには気安く乗りたくないや。
        でもこのプレーヤー、VCDにも対応していてメモリースティックは読み出しも書き込みも出来るんだよね…滅多に使わない機能なんだけど地味に便利という仕様で、この微妙なマニアックさはツボなんだわな〜?


        追記:よく出荷前に電池の消耗を抑えるため、接触面との間にスリップが挟んでありますよね? それで電池が入ってないって何でしょう・・・スリップを引き抜いてから電池のスロットを開けたら空っぽだったのです、使用前に気付いたけど。やっぱ何かさ、このメーカーおかしいよね。
        0
          | take | 2017.12.28 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |
          最近買った物
          ギルビーのジン37.5度750mlビン×2本

          初回は¥891だったのに先日リピート注文した時は¥954で、だけど「パントリーなら安くなる」という商法に「おいおい、プライム会員でも更に別料金なのかよ」と嫌気が差してしまいまして…それならAmazonプライム会員はお試し期間で終了しようと、駆け込み注文したら今回は何故かまた1本¥891に戻ってましたよ。
          何なんだ、この変動相場?
          じゃあ続けて正規会員になって会費を払うか?っていうとなぁ…別に「¥2,000以上まとめ買いして送料無料」の通常サービスでもOKだし、Amazonビデオも結局2つしか視聴してないし。
          ま、今回は駆け込みだったので¥2,000以下でしたが。

          Amazonビデオね、実は音楽カテゴリーで見付けたAC/DCS.R.V.のコンテンツに期待してたのですよ…でもライブじゃなくて単なる関係者インタビュー番組で、しかも字幕なしの英語版だったので騙された気分で。
          しかも他に観たいと思った映画は大抵が別料金だったりで、こんなもんかと。
          それはそうとジンね、1か月で4本て事は週1本ペース…これってどうなんだろうなー、トニックウォーター分と併せてもビール飲んでるよりは割安なんだろうけど…その晩に飲む分のビールを買ってた頃より、お金使ってる感があるな!笑
          ま、これって使途不明金の(見える化)って事かも。笑
          0
            | take | 2017.12.07 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |
            最近買った物
            化粧品など4点

            これは先日のジントニック関連と一緒に注文したのですが、内容的に別物なので記事を分けておこうかと。
            どれも千円未満の商品ばかりだから普段は書かない筈ですけれども、今ちょいと記事のストックが少ないのでね…因みに今回の中で一番高かったのはサイオスのヘアカラークリーム50g+50gスモーキーベージュという染毛剤、これが¥718。
            2剤混合タイプなので、少し使って残しておけるのです…1か月ぐらい前に使ったルシードエルのミルクジャムヘアカラー#クラシックミルクティーは2液混合でも保存が難しかったのでね、色は好かったけど。
            やっぱチューブ式が便利。

            他はウーノのフォグバー詰め替え用80ml、¥488…ミストワックスという整髪料です、元のボトルが小さかったので2本分ありますね。
            それと入浴剤、アース製薬のバスロマン・ローズヒップ&野ばらエキス680gが¥352…前に試した白元のHERSというのは失敗でした、バスクリンはエコな厚紙容器で香りも長持ちしますがバスロマンは内容量が多くて色んな薬効があるのです。
            あとはメーカー不明の中国製コットン100%手袋LLサイズ12双組¥999、なんか懐かしい気がすると思ったらアニメのセル画を塗る時に使った手袋っぽいな。笑
            これは指先ガサガサ対策用で、寝る時にはめてます。

            以前は、気になった時はポリやラテックスの手袋を使ってたんですが…なんか脂っ気が抜けてきたのか仕事で紙類に触れる機会が増えたからか、このところ日課のようになってましてね。
            あかぎれって程ではないものの、放置してると割れてきたりもするので…それでAmazonで検索してたら布製のを発見、やっぱりディスポーザブルより繰り返し洗って使えるのが好いかと。
            ただしレビューにあった通り、生地は伸びやすいですね…まぁハンドクリームを塗って寝るだけなので伸びても問題ないし、装着時に指先まで通そうとして袖口を引っ張ったりしなければ洗濯後のシュリンクとでプラマイゼロって感じです。
            生地より縫い目が心配ですけど、ポリやラテみたく蒸れないしゴミも抑えられるので僕は満足してますよ。
            0
              | take | 2017.12.06 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |
              最近買ったもの
              炭酸水1ケース他

              きっかけは、バンド練習の帰りにコンビニでE君が0カロリーのビールを買った事でした…ぶっちゃけ発泡酒よりビールの味じゃない0カロリーとか飲んじゃう年なんだよね、むしろ彼よりもプリン体とか糖質を気にすべきは僕だよなって。
              で先日、甥っ子をファミレスに連れて行ったらドリンクバーにトニックウォーターがありまして…そこでハッと気付いたんですね、別にビールじゃなくてもジン・トニックがあったなと。
              それでAmazonにてジンとトニックウォーターを頼もうとして、トニックウォーターコンクなる商品を発見…要はトニック成分ね、炭酸水で割れば割安じゃん?

              といった次第で。
              友枡飲料の強炭酸水ペットボトル500ml×24本、これが¥1,350…いわく天然水を使用した、レモンフレーバーで強めの炭酸水という。
              あとギルビーのジン37.5度750mlビンが¥891、そしてスミダ飲料のトニックウォーターコンク1000mlが¥640…計¥2,881という事は、ビールのロング缶を1ケース買うよりは断然安いなぁ!
              しかも炭酸水ならトニックウォーターにしなくても好いしトニック成分の濃さも調整が利くし、これはナイス・アイデアだわ…ただ、ちょっと場所を取るけど。
              しかし、よく考えたら糖質やらプリン体とは関係なくなっちゃってるという。笑
              0
                | take | 2017.12.05 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |
                最近買ったもの
                漫画本6巻セット&文庫本2冊

                漫画本は「チャンネルはそのまま!」全巻セットです、以前2巻まで読んで続きが気になっていたのですよ…ところが図書館が続巻を蔵書していなかったのか誰かが借りっ放しにしてるのか、行く度に探してたのだけど一向に見付からず。
                ならば続きは買っちゃおうかと、最終巻の中古が値下がりするのを待っていたのですけど…こないだ買った「ファミリー!」全巻セットが上の妹に好評で、この作者も彼女が昔よく読んでた事を思い出してまたセット買いしちゃいました。笑
                まぁそんな次第で、せっかくですから1巻から読み直してみようかと…因みに値段は、送料無料の¥1,170。

                でも文庫本の方は、1冊につき¥350ずつの送料かかってしまいました…漫画本の方はAmazonの配送センター在庫になっていて、前に書いたスニーカー&中敷きと一緒に発送されたのとプライム会員お試し期間中というのもあった訳でしたが。
                文庫本は取り扱い店からの発送だったのです、2冊とも同一店舗でしたが1冊当たりの送料は変わらず…でもまぁマーク・トゥエインの「不思議な少年」は¥4で片岡義男の「波乗りの島」は¥1でしたのでね、不満がある訳ではありません。
                0
                  | take | 2017.11.28 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |
                  最近買ったもの
                  安全靴スニーカー中敷き

                  前に買ったボルドー×ベージュのアシックスFIS32Lが左ソール踵側から剥がれてきてしまい、自分で接着しようと思ったら内側の中敷きが見えてました…なんと、外装(?)を直接ソールに貼り付けてあったとはビックリだよ!笑

                  しかし同じ型番の青×白が1日おきに履いて丸2年持ったのと比べると、同条件で1年8か月は惜しいな…それに、この型番自体が生産終了してるっぽくて合うサイズが見付からず。
                  なので今回は、同じアシックスワーキングのFCP201という品番をチョイス…因みにアシックス公式サイトではCP201、頭にFが付くか付かないかの違いは何だろ?
                  おそらく今までのFIS32LがこのFCP201に、ソールにαゲルという緩衝材を使用した上位グレードのFIS33LはFCP103およびFCP106に引き継がれたようで…配色センスは相変わらずですが、やむを得ません。

                  僕はローカットの紐靴が好きなので、前がベルクロとか厭なんです…いずれにしても色は仕方ないとしてね、今回買った色は黄×濃紺。
                  以前の記事を確認したら、このタイプのスニーカーも5足目になるのね…やっぱり緩衝材が入ってる上位品番の方が履き心地は好かったけど、試しに中敷きを重ねてみたらどうだろう?と思い付いて¥874で購入。
                  今も市販の中敷きを重ねたり、先代32Lの中敷きを重ねたりしていたのですが…とりあえず3種類ある「アシックスプロテクティブスニーカー専用中敷」から一番リーズナブルなFIZ001をチョイス、これで32Lのフカフカ感に近付くかな?笑


                  関連記事:
                  【最近買ったもの】安全靴スニーカー| 2013.11.03
                  【最近買ったもの】安全靴スニーカー(2)| 2014.02.16
                  【最近買ったもの】安全靴スニーカー(3)| 2016.02.22
                  【最近買ったもの】安全靴スニーカー(3)| 2016.02.22
                  【最近買ったもの】安全靴スニーカー(4)| 2017.04.17
                  0
                    | take | 2017.11.26 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |
                    最近買ったもの
                    中古ゲーム機(DS Lite)

                    どういう訳か、上の甥っ子がDSソフト「おいでよ どうぶつの森」を自腹で買い直したらしく…元の甥っ子姪っ子共用だった同ソフトは、前に訊いたら「売っちゃった」とか言ってたのが今になって何故なのか?
                    ともあれ、せっかく「おい森」友達が出来たんだけど…「やろうよ」と言われても、こっちは本体がイカレててプレイ不能なのでね。
                    で、彼の「買っちゃえば?」攻撃に負けて…というか、これもタイミングかと。
                    で、元々のDS Liteというタイプを中古で購入しました…敢えて「NEW 3DS」でも「DSi LL」でもないのは、ほぼ「おい森」専用機と化しているからです。笑

                    どんどん新機種が出ているので、良品のグレードでも送料無料の¥1,080でした…まぁ本体だけでACアダプターとかは別売なのだけど、それは前のDSで使っていた物があるので無問題。
                    しかし電源がなけりゃ役に立たないのに、それを別売って妙だよなぁ…だって据え置き型のゲーム機は同梱されてるのが当たり前だからね、やはり子供が手荒に扱って本体を壊しちゃう事態を想定してたって事か?
                    それはともかく、甥っ子と遊ぶ前に「おい森」内で色々と片付けておかなきゃ…確か最後にプレイした翌日に誕生日の住民がいた筈で、そういう中断したままの段取りが気になるのよ。笑
                    0
                      | take | 2017.10.23 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |




                      ↑ top