オーディオテクニカ ダイナミックヘッドホン ATH-250AV
オーディオテクニカ ダイナミックヘッドホン ATH-250AV (JUGEMレビュー »)

安くて丈夫で高性能なヘッドフォン、もし壊れても買い直す予定。
ハウジング部分が小さめな割に、長く装着してても耳が疲れないし遮音性も高いし低音も出てます。
紹介記事【2019.03.31】
南の島のティオ (文春文庫)
南の島のティオ (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
池澤 夏樹
14歳の少年ティオが小さな島の出来事を綴っていく連作短編集で、実在の少年とポナペ島をモデルに著者自身が様々な島で聞いた話を再構成したのだそう。
前年の台湾旅行で読んだ本書は「海の向こうに帰った兵士たち」という一編を加えた'10年12刷以降の増補版で、この(南の島の物語を南の島国で読む)という旅のエクストラに新たな一編がオマケされたのは嬉しい偶然でした。
紹介記事【2019.01.24】
ファイナルファンタジーXII インターナショナル ゾディアックジョブシステム (シークレットDVD同梱)
ファイナルファンタジーXII インターナショナル ゾディアックジョブシステム (シークレットDVD同梱) (JUGEMレビュー »)

最近は評価が好転してきたようで、実際PS2最終期に出ただけあって申し分ない出来栄え。
一見、難しそうなバトルシステムもプレイの幅を広げてくれます。
その辺も含め、ノーマル版のやり込み本ですが「ファイナルファンタジーXIIのあるきかた」も併せて是非!
紹介記事【2019.03.28】
レディ・プレイヤー1 [DVD]
レディ・プレイヤー1 [DVD] (JUGEMレビュー »)

スティーヴン・スピルバーグ監督による'18年のSF作、娯楽映画には珍しく2時間超の長尺ながらダレ場なし。
是非DVDで繰り返し観てください、マニアックな小ネタ探しだけでなく。
天才変人の孤独と愛情が実は普遍的である事、それもまたイースター・エッグかと。
紹介記事【2019.02.11】
琉球奇譚 シマクサラシの夜 (竹書房文庫)
琉球奇譚 シマクサラシの夜 (竹書房文庫) (JUGEMレビュー »)
小原猛
石垣島に行くのに持ってく本でしたが、結局フライト乗り遅れもあって到着前に読み終えてました。
おどろおどろしさは控えめで、怖いというより不思議だったり哀しかったり薄気味悪かったり程度。
しかし寝静まった石垣島のゲストハウス夜11時、軽く読み返していてドキドキ。
紹介記事【2019.05.02】
夢かもしんない コミック 全5巻完結セット (ビッグコミックス)
夢かもしんない コミック 全5巻完結セット (ビッグコミックス) (JUGEMレビュー »)
星里 もちる
「光速シスター」「怪獣の家」から立て続けに読んじゃいました。
妻子持ち営業マン&思い出のアイドル、の幽霊?
本作もまた「いい人」を主役に、大人社会の悲哀と可笑し味を描きつつラストで涙腺を決壊させます。
紹介記事【2019.01.17】
ハイ・フィデリティ (新潮文庫)
ハイ・フィデリティ (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
ニック ホーンビィ
女性弁護士と別れ話が進行中なアラサー中古レコード店主の、シット・コム的な恋愛×音楽in the UK。
60-70年代メインのネタで会話の可笑しみ倍増、分からなくても巻末の「ほとんど注解に終始する訳者あとがき」が丁寧にフォローしてくれますし、むしろ訳者の注解コメントで笑っちゃったりも。
紹介記事【2019.06.23】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
2030年の旅 (中公文庫)
2030年の旅 (中公文庫) (JUGEMレビュー »)
恩田 陸,坂口 恭平,小路幸也,瀬名秀明,宗田理,支倉 凍砂,山内 マリコ,喜多喜久
なんか「2300年未来への旅」を連想させるタイトルですが、日本人の作家による近未来SFアンソロジーです
お題は“東京オリンピックからさらに十年後”の7編、個人的には坂口恭平による巻末エッセイの「自殺願望は脳の誤作動」にハッとしました。
紹介記事【2019.01.04】
デッドマン [DVD]
デッドマン [DVD] (JUGEMレビュー »)

別に「ブレイブ」と本作をジョニデ繋がりで観た訳ではないのですが、結果としては彼が「ブレイブ」を世に出した理由も感じ取れた気がします。
シンプル過ぎるヤマなしオチなしイミなし流浪譚ながら、詩人ブレイクを知っている方には意味深いのかも。
星野通夫の「森と氷河と鯨」で見たハイダ族やトリンギット族を思わせる、アイヌに似た文様の集落……同化政策は祖先の魂を殺すのですね、非物理的な世界で。
静寂と、雨の船出の美しさが忘れた頃に沁みてきます。
紹介記事【2019.02.23】
ブレイブ [DVD]
ブレイブ [DVD] (JUGEMレビュー »)

ジョニデが監督と共同脚本に主演と、ミーハーなファンこそ必見ですね。笑
シンプル&ヘビーな本作、イギー・ポップやノーギャラ出演のマーロン・ブランドら敬愛する人物と撮った彼の気骨が詰まってます。
特に冒頭は二度観て、彼がアメリカ本国での公開を拒んだ心に思いを馳せては?
紹介記事【2019.02.22】
夢の階段 (新潮文庫)
夢の階段 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
池波 正太郎
本書の7編はデビュー作を含む現代小説で巻末の2編だけが時代小説、しかも全編が本書初収録。
現代小説とはいっても昭和で言えば29〜36年、著者が31〜36歳の間に発表された戦後の気配が濃厚に感じられる「現代」。
いわゆる大物海外ミュージシャンの死後どっと出回る未発表音源みたいな、クオリティの心配は当然ながら無用です。
紹介記事【2019.06.15】
その男ゾルバ(特別編) [DVD]
その男ゾルバ(特別編) [DVD] (JUGEMレビュー »)

'64年の英米とギリシャ合作映画、英国育ちのスランプ詩人が屈強な男ゾルバと過ごしたクレタ島での日々が描かれます。
「無法松の一生」の三船敏郎を思わせるゾルバの心情も、目を疑うような島の人々も音声解説なしでは理解し難いかと。
対照的な二人の男のエンディングは、ジワリと胸に残ります。
紹介記事【2019.01.30】
【2019.01.31】
波乗りの島―ブルー・パシフィック・ストーリーズ (1980年) (角川文庫)
波乗りの島―ブルー・パシフィック・ストーリーズ (1980年) (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
片岡 義男
僕が初めて手にした著者の小説であり、著者の初期短編集でもあります。
ハワイイに住む青年サーファー、バリー・カネシロを主人公にした連作5編を収録。
写真の佐藤秀明との巻末対談も含め、失われゆく最後の輝きを僕は感じました。
紹介記事【2019.04.24】
 (JUGEMレビュー »)

作者の他作品を読んだ記憶は曖昧ながら、その時に思った(あんま上手くないな)という印象は何だったのやら。
サイバラ風でも四コマでもなく、ストーリーの組み立てもシッカリしてるしコマの流れも自然だし。
洒落にならない裏話も飄々としたキャラに救われます、男性も一度は読んでみましょう。
紹介記事【2019.05.12】
サムウェア・ディープ・イン・ザ・ナイト
サムウェア・ディープ・イン・ザ・ナイト (JUGEMレビュー »)
スウィング・アウト・シスター
ヒット曲を連発してた90年代を過ぎ、'01年にリリースされた本作は妥当というか順当な仕上がり。
ブレずに焦りも無理もなく、エレポップの衣を脱いで一層60年代ソウルやバカラック温故知新をアダルトに昇華。
気に入った曲だけ摘まむんじゃなく、一枚として聴くべき。
紹介記事【2019.06.18】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
クルドの星 1~最新巻(文庫版)(中公文庫) [マーケットプレイス コミックセット]
クルドの星 1~最新巻(文庫版)(中公文庫) [マーケットプレイス コミックセット] (JUGEMレビュー »)
安彦 良和
「機動戦士ガンダム」のキャラでお馴染みの作画家による漫画ですが、中東の少数派クルド人を描いてるレアさでオススメに。
もっとも「これからだ!」オチは、日和った編集の強制打ち切りか?
トルコの“土くさい人々”に惹かれた結果が何故かクルド視点、でも本作同様に何一つ解決してないんだよね現実も。
紹介記事【2019.05.06】【2019.05.30】
ルーティーン: 篠田節子SF短篇ベスト (ハヤカワ文庫JA)
ルーティーン: 篠田節子SF短篇ベスト (ハヤカワ文庫JA) (JUGEMレビュー »)
篠田 節子
副題に「篠田節子SF短編ベスト」とあるけど、どんな類いのSFなのかがまったく伺えない、鯨幕というか昔のVIVA YOUみたいな表紙カバーが斬新。
巻末解説によると、著者は20余年のキャリアを持ち一般にはジャンル横断作家と認識されているそうで。
アニメ化されそうなハードSFから昭和ジェンダー恨み節、エスノ土着オカルトを経て超高齢化+正論社会の果てまで心刺しまくり。
紹介記事【2019.03.26】
 (JUGEMレビュー »)

本作は明治から昭和にかけて親しまれた、泉鏡花の“三大戯曲”をコミカライズした作品集です。
単行本化に際して描き下ろされたオマケ漫画+原作者の略歴や作品解説&文庫描き下ろしオマケ漫画と人形師による解説も収録と、これまで鏡花文学に触れて来なかった僕には有難い仕様。
人形師の一文が印象深く、100年近く前の物語にハッとさせられるのは人間に進歩などないからかも?
紹介記事【2019.04.13】
ざ・ちぇんじ 全2巻 完結セット(白泉社文庫)
ざ・ちぇんじ 全2巻 完結セット(白泉社文庫) (JUGEMレビュー »)
山内 直実,氷室 冴子
平安期の古典文学「とりかえばや物語」に基づく氷室冴子の小説をコミカライズした本作、氷室冴子も古典文学も完全スルーでしたが予想外の面白さにビックリ!
男勝りな双子の姉×病弱が故に女君として育った弟、姉は男装のまま御所に入内&弟も女官で後宮入り?
見事な風呂敷の畳みっぷりと、千年前のラブコメでLGBTを先取りのエキゾチック・ジャパンは未見なら是非!
紹介記事【2019.04.30】【2019.05.29】
ヒート [DVD]
ヒート [DVD] (JUGEMレビュー »)

ロバート・デニーロvs.アル・パチーノ、この豪華共演が「午後のロードショー」で掛かるとは!
マイケル・マン監督が脚本も手掛けており、適度に緩急を付けながら3時間近く視線を釘付けにします。
まぁ「似た者同士で対照的な立場」という月並みな設定ではありますが、改めて映画は筋書きだけでは分からないなと。
紹介記事【2019.05.28】
フロントミッション サード
フロントミッション サード (JUGEMレビュー »)

遂に全ルート攻略完了、しかし未だ引継ぎ要素は完クリ出来ずボリューム満点!笑
シミュレーションRPGって得意ではないけど、PS2の後継作「FM4」と本作は別格です。
紹介記事【2019.05.26】
PURPLE RAIN (DELUXE) [2CD] (2015 PAISLEY PARK REMASTER, PREVIOUSLY UNRELEASED TRACKS)
PURPLE RAIN (DELUXE) [2CD] (2015 PAISLEY PARK REMASTER, PREVIOUSLY UNRELEASED TRACKS) (JUGEMレビュー »)
PRINCE & THE REVOLUTION
'84年の大出世作&未発表曲集のダブル・リマスタリング作。
同世代では(プリンス=キモい)でしたが、自ら「King of Pop」を名乗った生前のMJより全てが革新的でした。
ソウル/ファンクを抑えたロック・ハードな「パープル〜」と、前作に近いエレ・ファンク中心の未発表曲集なので万人受けしないのは当然だけど本物の「Prince of Pop」は明白よ?笑
紹介記事【2019.05.09】(Disc 1)
紹介記事【2019.05.17】(Disc 2)
ルパン三世 ルパン vs 複製人間 [DVD]
ルパン三世 ルパン vs 複製人間 [DVD] (JUGEMレビュー »)

観たのはTV放映でした、でもどこカットしたかも分かるので。
もはや脱ルパンした立場で多くは語りませんが、アニメ版ルパンの最高傑作です。
本作後の脳マモーが「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス」のエゴになる件とかは誰か考察してください、ただ政治ナンセンス的なあのオチは「ルパン三世」が生まれた60年代末の土壌を意識していたのではないかと。
観る度毎に、頭でっかちに神を夢みたマモーの涙が沁みてきます。
紹介記事【2019.06.03】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

最近やったゲーム
PS2ソフト「エディット・レーシング」

前々回から難度ハードにてトロフィーモードのストレート勝ちにチャレンジ中、前回はカテゴリーC限定の「SCATTER GP」までは難なくクリアしたけどカテゴリーBが解禁された「EXPROSION GP」で遂にリセットする羽目に…上位カテゴリーの車ってパワーは上がるし車体のデカさも重さも変わるから扱い辛くなるんだよね、そういえば「RALLY SHOX」もそうだったよなぁ?
スピードが上がるからハンドリングもシビアになるし重い分だけ曲がりにくくなってるので、慣れない内は難しいんだわ…しかしリセットしてて気が付いたのが、実は「天候や時間帯はランダムじゃない」って事。

難易度と関係なく決まってるのか、その点は新たな検証材料だな…ところで「EXPROSION GP」を制したらブリジットから約1か月ぶりにメールが来ました、彼氏でもあるマーティンの健闘を称えつつも「早くあなたに追いつきたいから、車を賭けて勝負してよ」って。
ゴメンなー、マーティンは今回ハードモードなの!笑
というかメールの最少通数をチェックしてるのでね、ただイーサンみたく通常ラウンドでも1位じゃないと「ゴールドを貰えるように云々」とかいうメールを寄越す奴もいるので、最少通数は結構ハードル高そうっていうか既に失敗かも?笑
ま、そういうのは除外で。

となると、今のところマリーとイーサンからのが2位以下でゴールした時に来たメールだな…今後は頑張って1位をキープしよう、という事で「BURNING GP」。
もう予選もコースの下見気分じゃイカンのね、第一ラウンドはアーバン・シティのクラス2ですが早速の予選8位で本選3位か…これでもリセット2回してようやく入賞ですよ、今回はメールが来なかったからセーフって事にしちゃいますがマジで気が抜けませんな!
そう気を引き締め直した第二ラウンドのレッドキャニオン・クラス2、まさか早くも詰むとは…車を変えセッティングを変えしてみたけど、遂にお手上げだわ。

マジ無理っす、50周以上も頑張ったって6位が限界なんだもん…大体レール上を走ってるみたくドリフト皆無でダートのS字を走れるCOM車に勝てるのかね、いちいちライン取りが超シビアなのに平然と当てに来やがってムカつくな〜?
こうなったら今までスルーしてたメールの賭け勝負で経験値を上げてみるか、後は同じ車で走行距離を稼いで相性MAXにする位しか勝機はなさそう…といっても6位から1位になれるとは思えないし夕方は苦手なんだよなー、っていうかフルチューンしてる車でボロ負けってハード過ぎるぜ!
まだトロフィーモード中盤なのに、クリア出来んの?


プレイ履歴:
2012.03.02(リプレイデータ再生視聴)追記:メインモードのムダ知識)
2012.03.18追記:男性キャラ6名の言動チェック)
2012.07.22追記:コースエディットの注意点とトロフィーGPの全コース一覧)
2013.08.10追記:隠しカー3種を除く全車種40台のベース車両の調査結果)
2013.08.15追記:女性キャラ6名の言動チェック)
2016.08.26(2P対戦)
2020.02.16(ディスク生成コースのリプレイ視聴)
2020.02.26(ディスク生成コース走行インプレ)
0
    | game | 2020.04.03 Friday | comments(0) | - |
    最近やったゲーム
    PS2ソフト「エディット・レーシング」

    前回より「黄金車は入手出来るか」を検証しようと、難易度ハードのトロフィーモードに挑んでおります。
    ついでにメールの最少通数チェックも兼ねて、全GP一発クリア狙い…なので最初の「FEAR GP」を制するやロイドから届いた、車を賭けたレースの誘いも無視して「SCATTER GP」へ。笑
    第一ラウンドはジャングルのクラス1、またもや夕方でヒヤヒヤしましたが予選でレイアウトを頭に入れといて無事に1位…平野部の爆撃アクシデントも破壊不可能な破片を上手く避け、第二ラウンドのアーバン・シティもタンクローリー横転事故に巻き込まれる事なく予選も本選も1位突破。

    ここでエミリーから1200p賭けレースのメールが来るも未読スルー、第三ラウンドの空港6周ポート・シティも1位でファイナル・ラウンドはレッド・キャニオンのクラス1?…やはり「FEAR GP」第三ラウンドと一緒だよね、結局フル改造したとはいえスタート時に買ったType Mk1のまま来ちゃって予選が5位で焦ったものの本選は1位と順調に制覇。
    2つのGP全ラウンド予選完走&本選一発クリアでも走行距離は112kmですが、次の「EXPROSION GP」からは上位カテゴリーが解除されるんだよなぁ…ただ第一ラウンドは「FEAR GP」ファイナルと同じコース、Type Mk1でも勝てたりして?
    (下欄に続きます)


    プレイ履歴:
    2012.03.02(リプレイデータ再生視聴)追記:メインモードのムダ知識)
    2012.03.18追記:男性キャラ6名の言動チェック)
    2012.07.22追記:コースエディットの注意点とトロフィーGPの全コース一覧)
    2013.08.10追記:隠しカー3種を除く全車種40台のベース車両の調査結果)
    2013.08.15追記:女性キャラ6名の言動チェック)
    2016.08.26(2P対戦)
    2020.02.16(ディスク生成コースのリプレイ視聴)
    2020.02.26(ディスク生成コース走行インプレ)
    続きを読む >>
    0
      | game | 2020.03.28 Saturday | comments(0) | - |
      最近やったゲーム
      PS2ソフト「エディット・レーシング」

      ハマってますね〜、今度こそ「パッケージ&OPデモの黄金車は獲得可能なのか?」など幾つかの疑問点を徹底検証しますぜ…なので未クリアのトロフィーモード難度ハードで新規プレイ、これで総合優勝してもダメなら黄金車は単なる見せ物だったという事ですな?
      先ずは「全GPストレート勝ち」パターンの検証から、つまり各ラウンドを少なくともクリア順位内で突破します…要はクリアしたらセーブして、出来なかったら直前までの連勝データをロードして勝つまでリセットマラソンという訳です。
      スタート時は手持ちが1000ポイントしかないので、最初に買える車は3種のみ。

      Type Mk1(FR)とType MN(FF)は800ポイントで加速/最高速/操縦性どれも低め安定、950ポイントのType Btl(FF)は加速が高めで操縦性は低め…ここは無難にType Mk1を購入して初戦に出場、因みに上位カテゴリーの車は対応するGPが解禁されるまで選択不可です。
      操作キャラをマーティンにしたので、GP前の挨拶メールはブリジットからでした…2人は恋人同士という設定なのでね、まぁストーリー性はないんだけど。笑
      「FEAR GP」第一ラウンドはカントリーのクラス1、昼で晴れだし予選も本選も1位で賞金は1,500p…つまり3連続1位クリアなら、4000pのType 33が買える!
      (下欄に続きます)


      プレイ履歴:
      2012.03.02(リプレイデータ再生視聴)追記:メインモードのムダ知識)
      2012.03.18追記:男性キャラ6名の言動チェック)
      2012.07.22追記:コースエディットの注意点とトロフィーGPの全コース一覧)
      2013.08.10追記:隠しカー3種を除く全車種40台のベース車両の調査結果)
      2013.08.15追記:女性キャラ6名の言動チェック)
      2016.08.26(2P対戦)
      2020.02.16(ディスク生成コースのリプレイ視聴)
      2020.02.26(ディスク生成コース走行インプレ)
      続きを読む >>
      0
        | game | 2020.03.22 Sunday | comments(0) | - |
        最近やったゲーム
        PS2ソフト「エディット・レーシング」

        前回は久々にディスク媒体からコースを自動生成した訳ですが、やっぱり試走してみて物足らなく感じるのですね…まぁ全体的に短めなのもあるけどコースエディットに使用可能なパーツじゃ分岐や抜け道が作れないし、何よりアクシデントが発生しないのが残念で。
        そんな訳で今回は既存コースを検証目的で一通り回ってみました、しかしニューゲーム状態でクイックレースを選択すると使用可能な車種がメチャメチャ少ないとは!…トロフィーモードのレースで各種GPをクリアしていくとショップに車が増えてくようで、1Pモードの使用車種はトロフィーモードでの進行状況が反映されていたのね?笑

        こういう、些細ながら未だに発見があるから堪らないのよ本作…ガレージの所有車はトロフィーモード時に改造した状態で使えますが、無改造で所有してるだけならクイックレースやタイムアタックではショップで同じ車を選んだ方が何故かフル改造同様にセッティング出来てしまい却って無能な印象に。
        というか、改造不可の隠しカーを除く全40台を個別に改造した人っているの?
        例えPARの秘技コード使って全額タダにしても、1台ずつ改造していくのは手間ですよ…いちいちガレージで車を決めてショップで改造しての繰り返しですから、車は買い揃えてもフル改造にまでは至れませんでした。

        なので、最初は全GP制覇済みのトロフィーモードで各GPのコースを走っていたのですがクイックレースに変更…無改造の所有車ではノーマルタイヤ一択だしニトロも効きが弱いし、それにクイックレースは乗車キャラを変更出来るので。
        ただトロフィーモードはキャラ変更が利かないものの、使用車のAffinity(相性)が上がるというメリットはあるんですよ…といってもドライバーと車の相性が高いとどうなのか、ちょっと分からないのが惜しい!笑
        キャラ毎の違いは多分、使う場合はせいぜいリアクションの違い程度でしょう。
        でも12名にボイス付けて動作も変えてある、この無駄具合が堪らないのです。

        全車カブリオレ仕様なのも、要はキャラ固有のアクションを見せるためでしょうね…追い越す時に挑発ボタンを押すと幅寄せしてきたり避けてくれたりするので、それぞれ走行中の性格が設定されているのかも。
        とりあえず「男/女キャラの台詞&アクション」とか「店売りされる車のモデルと思しき実車の推測」といった検証結果は、下欄が空いてる過去記事に分けて追記しました、しかし我ながらハマり過ぎてるよなぁ?
        攻略本どころか何の攻略情報も見当たらないゲームソフトなんて、他に幾らでもあるのにね…単に勘違いを結構してたので、飽くまで自分の備忘録なんですが。
        (下段は各コースの特徴など)


        プレイ履歴:
        2012.03.02(リプレイデータ再生視聴)追記:メインモードのムダ知識)
        2012.03.18追記:男性キャラ6名の言動チェック)
        2012.07.22追記:コースエディットの注意点とトロフィーGPの全コース一覧)
        2013.08.10追記:隠しカー3種を除く全車種40台のベース車両の調査結果)
        2013.08.15追記:女性キャラ6名の言動チェック)
        2016.08.26(2P対戦)
        2020.02.16(ディスク生成コースのリプレイ視聴)
        2020.02.26(ディスク生成コース走行インプレ)
        続きを読む >>
        0
          | game | 2020.03.12 Thursday | comments(0) | - |
          最近やったゲーム
          PS2ソフト「エディット・レーシング」

          前々回のリプレイデータ観賞で我慢出来ず、前回は保存してあるエディットコース30本の中で手動生成ではない市販CD/DVD-ROMから自動抽出した16コースを試走してみた訳ですが…考えてみれば作ってから5年ぐらいは経っていて、その後に買ったディスクがあるよな?という訳で久々に手持ちのCDやDVDやゲームソフトで使えるコースが出来るか試してみました。
          ゲームは機種が古く今更あげる相手がいないけど、CDとDVDは誰かにあげちゃうから大して残ってないんだよな…と思ってたらCDは14枚もあってDVDも3本、ゲームソフトに至っては19作もあるの?笑

          どうせCD媒体からはショボいコースしか出来ないでしょうけど、DVD媒体と併せて36件全部を新規登録する気はないのでね。笑
          とりあえず前回の結果で「塊魂」「ラリー・ショックス」「プロアクションリプレイEZ」「未来少年コナン」ドラクエ5 特典ディスク」の5コースは削除決定で、保留中の「ラブ・アッパー!」「エターナル・リング」も新コースの出来栄えによっては消しちゃっても構わないかと…つまり新規枠は7件までに絞り込むので、先ずはテストランが好印象なら空き枠に仮保存して5枠が埋まった後は入れ替えていく方針で。

          今になって初めて知ったのですが、エディットコースのデータはメモリーカード間で個別にコピー出来るんのね…ただし同じセーブデータ内のファイル間ではコピー出来ませんし、削除は差込口1で読み込んだファイル内のデータに限られますけど新規作成分は上書き可能なのでオマケ情報。笑
          早速CDから始めると、いきなり認識されず…輸入盤CDだからか?と思えば国内盤もダメで、じゃあ中古だからか?といえば新品で買った国内盤でもダメだったり逆に中古の輸入盤で読み取れたりして意味不明。
          基本的に盤面は汚れてないし汚さないし、汚ければクリーニングするんですよ?
          (長くなったので、続きは下欄に)


          プレイ履歴:
          2012.03.02(リプレイデータ再生視聴)追記:メインモードのムダ知識)
          2012.03.18追記:男性キャラ6名の言動チェック)
          2012.07.22追記:コースエディットの注意点とトロフィーGPの全コース一覧)
          2013.08.10追記:隠しカー3種を除く全車種40台のベース車両の調査結果)
          2013.08.15追記:女性キャラ6名の言動チェック)
          2016.08.26(2P対戦)
          2020.02.16(ディスク生成コースのリプレイ視聴)
          2020.02.26(ディスク生成コース走行インプレ)
          続きを読む >>
          0
            | game | 2020.03.05 Thursday | comments(0) | - |
            最近やったゲーム
            PS2ソフト「エディット・レーシング」

            先日リプレイデータを一気に観てたら、やっぱりプレイしたくなってきまして…1つには最後にコースエディットしてから何年も経ってるので、その後に増えたディスクでもコース生成しておきたいよなぁっていうね。
            それと「例えば自作コースでもプレイ中だったら距離が表示されるのか?」とか、各キャラの台詞ってバリエーションあるのかも?という気がして…更には「リプレイデータの保存容量って?」という疑問も湧いてきまして、今まで3周だったけど最大設定の30周だとリプレイは完走まで保存されないのか試してみようか?などと思っちゃって。笑
            いや飽きないゲームだわ!

            やる程に、いや観てただけでも些細な発見があって感心しちゃうんですよ…他の車に接近した時に挑発合戦をすると、たまに相手の方をチラッチラッと見たりする事があるのは偶然かな?
            ギヤチェンジや髪をかきあげるモーションは気付いてたけど、ショートヘアの髪がなびいてたのも新たな発見でしたし…改造後の馬力や車重が改造前と変わってないのも、まぁ発見か。笑
            そんな次第で、とりあえず先日の「最近みたゲーム」で挙げた自動生成コースから天候や時間帯の確認を兼ねて走らせてみましたが。
            生成したコースのデータは、メモリーカード1枚で30件まで保存可能なのね!
            (以下、長くなったので下欄に分けました)


            プレイ履歴:
            2012.03.02(リプレイデータ再生視聴)追記:メインモードのムダ知識)
            2012.03.18追記:男性キャラ6名の言動チェック)
            2012.07.22追記:コースエディットの注意点とトロフィーGPの全コース一覧)
            2013.08.10追記:隠しカー3種を除く全車種40台のベース車両の調査結果)
            2013.08.15追記:女性キャラ6名の言動チェック)
            2016.08.26(2P対戦)
            2020.02.16(ディスク生成コースのリプレイ視聴)
            2020.02.26
            続きを読む >>
            0
              | game | 2020.02.26 Wednesday | comments(0) | - |
              最近みたゲーム
              PS2ソフト「エディット・レーシング」

              先日のメモリーカード整理で見つけた10×3枚分のリプレイ・データを一通り観賞してみました、ほとんど2分以内なのですがリプレイ前と後の読み込みを合わせると1分は余計に掛かってたような…リプレイ中は途中終了しか操作が出来ず、画面にも一切の情報が表示されない仕様という。笑
              セーブデータには総合タイムしか出ないし、既定のコースなら1周の長さは分かるんだけど…ほぼ全部、ディスクから自動生成したか自分でエディットしたコースだし車も色々なのでね。
              秘技コードで延長した6分以上の自作コースもあったりで、どれも3周だから1周あたり30秒〜2分超か。

              市販のCDやDVDで作ったコースは、普通に自分でエディットするよりはマシかな?程度で基本的に使えない機能なんです…でも時々ですが既定コースには劣るけど悪くないレイアウトが出来たりして、ついつい作業しちゃうんですよ。笑
              それに普通じゃ使い物にならない自作コースもメモリ制限を無効に出来たら最高なんです、まぁデータ破損が怖いので長いコースは作りませんが…いずれにしてもコースエディット用のパーツは既定コースほど多くはないし、ランダム発生のアクシデントも無理なのでバカゲーっぽいレイアウトは無理でもレースゲーって要は覚えゲーですからね。

              勝つためには同じコースを何度も走ってライン取りを記憶するしかなく、とはいえ本作はシビアなレースゲーでもない訳で…飽くまでバカゲーとして、敢えて際どいレースを自分で演出するという楽しさなんです。
              最下位ゴール上等でバカやるだけじゃなく、もうちょっと楽しめるように…こういった遊び方は、シビアじゃないから好いんですよ。
              まぁ現実で挑発したり煽ったりしてたらヤバい人です、それに本作がヤバいゲームという訳でもないんですよ?…それはビデオゲーム全般の話になるのでね、とりあえず僕はリプレイ観賞だけでも楽しめて久々にプレイしたくなりましたよ。


              プレイ履歴:
              2012.03.02(リプレイデータ再生視聴)追記:メインモードのムダ知識)
              2012.03.18追記:男性キャラ6名の言動チェック)
              2012.07.22追記:コースエディットの注意点とトロフィーGPの全コース一覧)
              2013.08.10追記:隠しカー3種を除く全車種40台のベース車両の調査結果)
              2013.08.15追記:女性キャラ6名の言動チェック)
              2016.08.26(2P対戦)
              2020.02.16
              2020.02.26(ディスク生成コース走行インプレ)


              以下、コースエディットの出来が好かった作品の紹介
              続きを読む >>
              0
                | game | 2020.02.16 Sunday | comments(0) | - |
                最近やったゲーム
                PS2ゲームソフト各種(レースゲーム編)

                先日のRPGデータ整理に続いて、今回はレースゲーム各種を整理しました。
                RPGの場合は、本体から確認してもレベルとかプレイ時間といった情報も表示されたりするけど…レースゲーはタイトル以外、データを更新した日付しか分からないのが厄介なのです。
                別のメモリーカードにデータを移動すると日付も変わるので、詳細を知るにはソフトを立ち上げてロードしなきゃならず…とりあえずリプレイデータのない「RALLY SHOX」「GTC AFRICA」からチェック、しかし「SHOX」って完全クリアした記憶がないんだけどなぁ?
                久々にプレイしたけど、まったく歯が立ちませんよ!

                PARの秘技コードに完クリはなかった筈だし、あっても使わないよなぁ?…まぁ「全コース&全車種オープン」は使った気がするけど、最上級の4コース制覇は自分でも信じられんわ。
                因みに最上級コースではショックゾーンなしのタイマン勝負なのね、3戦連敗の無残な結果にショック!笑
                アフリカ各国を転戦する「GTC」はリビアまでクリア済み、しかしこれまた「ショックス」とは違った難しさで…砂地の急な登坂や蛇行する舗装路は、車種を変えても優位に立てません、これまた3連敗でした。
                反応の遅いステアリングに重たげな車体、ミスった敵車のリカバリー速過ぎ!笑
                (他のレースゲームは下段にて)
                続きを読む >>
                0
                  | game | 2020.02.08 Saturday | comments(0) | - |
                  最近やったゲーム
                  PS2ゲームソフト各種

                  こないだ秋葉原メモリーカード(メモカ)を2枚ほど買ったものの、肝心のデータ整理は放ったらかしたまま…そろそろ手を付けようと、別々のメモカに保存されてるセーブデータをまとめるついでに少しずつプレイしたりしてたのです。
                  改めて数えてみたら、買った分も含めると14枚もあったのね!…これでもPS2のメモカだけで、PS1のメモカも10枚って!笑
                  普通こんなに使わないよね、所持してるゲームタイトルはPS2が30本でPS1のは17本…決して多くはないと思いますが、僕はRPGゲームをプレイすると結構セーブデータを残しておく習慣があるのです。

                  しかしながら以前は枚数が少なかったのもあり、ほとんどのデータは整理されてるのですよ…特にRPG以外のゲームでは複数のセーブデータを同一のメモカに残せない仕様である場合が多く、RPGであっても可能なセーブ数が決まっている場合もあったりしてね。
                  でも逆に制限された以上のデータを保存したくなると、別のメモカにデータを増やさざるを得なくなって。
                  例えばレースの走行データで、自分が(名勝負だ!)とか思っちゃうとね…制限がなければ専用メモカが作れて好いのになぁ、などと嘆いたって今更な訳ですし。
                  とりあえず本体にメモカを挿しては中身の確認から。

                  以前はメモカ毎に保存データを書き起こしてたんです、でも時間が経つと見るのが却って億劫になっちゃって…それに更新する度に書いてる訳じゃないから、結局メモカで確認した方が間違いないって事なのよ。笑
                  とはいえRPGのデータは数が多い上に見た目じゃ分からない場合が多く、そうなるとソフトを入れてロードした状態を見るしかなくて…別のメモカに1つ2つだけ分散されてるデータをプレイして、本体画面に戻ってからデータを1つずつ削除かコピーかを手作業。
                  先ず「FINAL FANTASY X-2 international + last mission」、これは2つだけ分かれてたのを1枚に統合。

                  次に「幻想水滸伝 III」はゲドを英雄に選んだデータでプレイしてステータスをチェック、ほぼ一緒のデータが3箇所にあったのを1つだけ統合させ他は削除。
                  「FRONT MISSION 4」のデータはバックアップ用のメモカに詰まってたので、先ずは買ってあったメモカに全移動…別のメモカにあったデータ3つのステータスをプレイして確認、3つとも更新日時が新しい割に何故か弱っちいので削除。笑
                  「Zill O'll 〜infinite〜」は1枚に8つしか残せないので、未だ全イベント&ED攻略途中のため統合は無理。
                  あとは買っといた残り1枚に、こうした複数データの一部をコピーして一段落。

                  メモカはフラッシュメモリなので、万が一データが飛んだ時のためにバックアップは取っとかないとね!笑
                  しかし久々にプレイした「FFX2」は強くてニューゲームのデータだったのにザコでボロ負け、コマンドを開いててもお構い無しに攻撃されててビックリ!笑
                  「幻水3」は芝居がランダム配役に出来ると気付いて笑いながら観賞、それから装備を外してイベントボス戦で一撃死か?と試したらスキル効果が高くて余裕。
                  「FM4」はエルザ編のEC議会場でヴァクナー戦、全員カンストしてる割には苦戦して友軍2機を損失。
                  RPGをアラモードでプレイ、ってのも悪くないね!
                  0
                    | game | 2020.01.30 Thursday | comments(0) | - |
                    最近やったゲーム
                    PS2ソフト「探しに行こうよ」

                    さて前回から最終目的地のルキノエラ攻略中でしたが、やっぱり途中から仲間たちの友情値上げに走ってしまいまして…全員1回はイベントを見た気がするものの、2回目の発生に必要な友情値は達成がキビシイ!
                    デミとシルバとライトクロスが150でティナとユーマは160、170のサヤまでは観賞済みなんですけども…クルミが180でラルクとラスティンは190、セリエに至っては200も要るんじゃ下水道の修行バトルじゃ貯まらないよ?
                    多分だけど次の竜がラスボスだから、もう稼ぎようがないし…ルキノエラには誘えてるから、全員120以上あるんだろうけどもね。

                    まぁ仕方ない、ここまで来ちゃったんだし!てな訳でイチオシ盗賊娘ティナを筆頭に忍のサヤとツンデレ(?)魔法少女セリエで最終戦に。
                    最後の守護竜ホワイトドラゴンは少女3人のパーティに手加減したのか、全体攻撃のブレスも1発だけで呆気なく降参…だけど約束と祝福の地がココとは拍子抜けだわ、何もないじゃん?
                    しかも“ここを出たお前たちは互いに相手のことなど気にしなくなり、いずれはおのおのの顔すらも忘れてしまうだろう”って、むしろ呪いかよ!…目的を「ここにいる」から「街へ帰る」に変更し、改めて3人を誘ってホワイトドラゴンに別れを告げると全滅〜!笑

                    態度を急変した上に全体ブレス連発で本気モードなのね、負けてもゲームオーバーじゃないのは親切だけどさ…「諦めろ」って言われても、他にどうしようもないってコトは勝つまで終わらないって事なんでしょ?
                    でも全回復してるし、もう一度だけ挑戦してやるか!
                    と思ったら今度はギリで勝てましたよ、というかサヤが消えてティナもHP1でしたから本当にギリギリギリだったけど…そしたら実はコレが最後の試練だったとはね、まったくホワイトドラゴンのお茶目さんっ!
                    そして誓いの石碑は再び眠りに就き、魔法使いの爺さんに出迎えられて終了と。
                    え、エピローグなしなの?

                    てっきりティナとの友情エンドがあると思ってただけに、ちょっと味気ない終わり方という気もするけれど…でもこの微妙に物足りない案配が却って好いのかも、まぁ実際こんなもんだよなっていう感じがして。笑
                    小さな街の子供たちが、彼らにしてみれば大冒険を成し遂げたにしても…お姫様とか世界を救った訳ではないし、街も相変わらずで。
                    例え冒険が終わっても、みんな冒険の日々を思い出しながら大人になり…いつか彼らの息子や娘が、再び誓いの石碑を目覚めさせるのだと思うのも悪くないな。
                    終わってみると名残惜しい、そんな温かいお話でした…ありがとうね、RIZ!
                    探しに行こうよ (1) 探しに行こうよ (2)(←左クリックで拡大表示されます)


                    前回

                    関連記事:
                    【最近やったゲーム】PS2ソフト「探しに行こうよ」| 2013.09.21
                    【最近やったゲーム】PS2ソフト「探しに行こうよ」| 2013.10.14
                    【最近やったゲーム】PS2ソフト「探しに行こうよ」| 2013.10.21
                    【最近やったゲーム】PS2ソフト「探しに行こうよ」| 2013.10.29
                    【最近やったゲーム】PS2ソフト「探しに行こうよ」| 2013.11.15
                    【最近読んだ本】 「探しに行こうよ 公式ガイドブック」 | 2019.11.20
                    【最近やったゲーム】PS2ソフト「探しに行こうよ」| 2020.01.11
                    【最近やったゲーム】PS2ソフト「探しに行こうよ」| 2020.01.22
                    【最近やったゲーム】PS2ソフト「探しに行こうよ」 | 2020.01.29
                    0
                      | game | 2020.01.29 Wednesday | comments(0) | - |




                      ↑ top