ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
山田正紀「神狩り」

日本SFの金字塔…など、本作を語る際の評は常に並々ならぬものである。
しかし現在となっては、そのように期待値を煽る事が逆効果として作用しているのではないだろうか?
そのように、僕は感じたのだが。

本作が新人のデビュー作としては異例の扱いで発表された'74年にあっては、そのような惹句が相応しい日本ハードSFブームの起爆剤だったであろう事は想像に難くない。
ただし似たような作品が様々な作家によって後に数多く書かれ、より精密な構成へと進化したハードSFの氾濫を経た現在では歴史的価値を除いた魅力が失われていると思う。
結局(論理記号が二つしかない)という神の古代文字は解明されず(人間には関係代名詞が七重以上入り組んだ文章を理解できない)とする前提さえも空論ならば、残るのは月並みなハードボイルド小説の人間関係とグノーシス主義に色付けされた神学的なオカルティズムでしかない。
要するに主旋律のハッタリに粗が見えてしまうと、他の副旋律の痩せ具合も丸見えになってしまうのだ。

僕には加筆されたプロローグの意味が分からないし、第二部からは小松左京筒井康隆が70年代に書いた作品をなぞっている感覚がつきまとった。
自分にとって既知のイメージは、おそらくは本作から派生した作品群がもたらしている…だとしても、僕は本作を支持できない。
巻末の作者あとがきは、短いながらも当時のエピソードが本編より印象深い。


関連記事:
【最近読んだ本】日本SF作家クラブ・編「SF JACK」| 2014.02.18
0
    | books | 2010.10.21 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top