ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近の驚き・発見 | main | 最近読んだマンガ >>
最近読んだ本
山本周五郎「雨あがる」

原作の映画は観たけれど、読むのは初めてです。
'08年に編まれた短編集ですが、各編の初出は今から50年前である事(作品によっては戦時中の陸軍慰安誌だったりも)を感じさせない瑞々しい文章です。
時代小説に古いも何も、と言われればそうですが…。

冒頭を飾るのは最も新しい'57年に掲載された「深川安楽亭」、これが藤沢周平とも違う殺伐とした暗さを孕んでクライマックスに人情話へと転じる、その明暗と緩急の巧みさに心を鷲掴みにされてしまいました。
かと思えば次の「よじょう」で剣聖武蔵を向こうに回した大胆な喜劇に仕立て(これは吉川英治との確執に触れた編者解説が深みを増してくれます)、また映画化された表題作と続編に胸がすくような清々しい余韻に包まれます。

匂いたつ木々の湿度、それは路端の草も家屋の板も含めての意味で。
日射し、土埃、夜風、酒宴、どんな場面でも木の匂いが文章から漂ってきます。

それと池波正太郎が「人心の奥底にある得体の知れなさ」を主題に書いていたとするなら、著者は反権力というか冷笑というか相対視するような姿勢が感じられなくもないですね…なんて、まだ短編5つで論じるなど早計の至りです。
池波作品は僕にとって(参った時の拠り所)でしたが、著者の作品は現実逃避の道具とせずに堪能していきたいものです。


関連記事:
【最近読んだ本】ジョージ秋山「武士道とは死ぬことと見つけたり」| 2007.06.24
【最近読んだマンガ】新渡戸稲造・作「武士道」| 2010.08.09
【最近みたDVD】「果し合い」| 2018.03.25
【最近読んだ本】池波正太郎「夢の階段」| 2019.06.15
0
    | books | 2010.10.24 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top