ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 昨日の脳内BGM | main | 昨日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
マロ「同」

麿呂でもエル・マロでもありません、MALOはスペイン語で“bad”の意。
重厚な宗教画じみたジャケのイラスト、何気にアステカ文化っぽい姿の男女。

かつてFM通販で購入した、ウエストコースト・ロックのBOX−CDに収録されてた「スアベシート」で辛うじて知ってる程度で。
その独特の軽い甘さが印象的な曲を含む本作は、まさにサンタナの弟バンドといった感のアフロ・ロック。

解説にもあるように、兄がスケールの大きなテーマを追究したのに対して彼らは身の丈にあった志向性を打ち出しています。
つまりヒスパニックの若者文化に沿った路線、ですが'72年のデビュー盤ながら現在でも遜色ない音作り。
例えるなら熱帯ジャズ楽団を小編成でレイドバックさせたようなラテン系ブラス・ロックが小気味好い。

ところでパーカッションのゲスト・ミュージシャン、コーク・エスコベートはシーラEのエスコヴェド家ゆかりの人物だろうか?


*以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

『SUAVECITO』(自分的には、これぞチルアウトっていう感じの南国系脱力サウンドです。若干セルジオ・メンデス&ブラジル'66っぽくもあり、アルバム全体では大人しい方です)


『"I Wouldn't Change A Thing" by Coke Escovedo』(やはりコーク・エスコベートはシーラ・Eの叔父らしい、クラブシーンで再評価されてるらしいけど・・・このあまりに'70sなソロ曲はノスタルジックですな:Sound Only)

0
    | music | 2010.10.30 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top