ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
牛島秀彦「真珠湾の不時着機」

副題に「二人だけの戦争」とある。
本書は'80年に「二人だけの戦争――真珠湾攻撃零戦と日系二世島民の悲劇」という題名で毎日新聞社から出版された単行本を、'97年に河出書房が文庫化したものだ。

'35年うまれの著者は太平洋戦争の年に6歳、30歳でハワイイに最初の留学をしたのは今ほど簡単に海外へ行ける時代ではなかった'65年の事だという。
以来、ハワイイへ渡った移民や太平洋戦に関するドキュメンタリー作品を主に書き続けてきたようだが…文体は年齢相応なのか微妙に古めかしい。

戦後、高度経済成長期以降に生まれ育った日本人の大多数は恐らく、あの戦争をどのように受け止めるものか分からないでいるのではないかと思う。
僕もまたその一人であり、戦後左翼的な自虐史観や「戦争=絶対反対」といった短絡感情に基づく思考停止とも距離を置きながらも、連続した日本史の断面として自分なりの理解を獲得したいと思ったりする。

本書は、そんな志向と一致するとか歴史を理解する一助になるとは思わないが、読む価値は充分にあった。
当時の日本人の意識と、ハワイイで生まれた日系二世の感覚…そしてアメリカ人の感じていた、日本人の異様な気質への脅威。

奇襲に成功した零戦が不時着したのが個人所有のニイハウ島だった事、ロビンソン家から一切を任されていたのが日系人だった事は歴史の偶然に過ぎないとしても、それが一つでも違ったら起こり得なかった事件のような気がしてしまう。
価値観の古さは今だから言える、もしあの場にいたらと非常に考えさせられた。
自分がニイハウの首長でありながら移民に使われる立場だったら、ロビンソン家の末弟でニイハウを管理する立場なら、あるいは3人の子供を抱えて未亡人となったウメノ・アイリーン女史であったなら…?

アメリカ兵士に志願した移民二世たちに関する短い記述にも、胸に迫るものがあった。


関連記事:
【最近読んだ本】ドン・ジョーンズ「タッポーチョ 太平洋の奇跡」| 2012.10.06
【最近読んだマンガ】水木しげる「戦記短編集 幽霊艦長 他」| 2014.05.04
【最近読んだ本】中條高徳「孫娘からの質問状 おじいちゃん戦争のことを教えて」| 2014.05.05
【最近読んだ本】江成常夫「まぼろし国・満州」| 2014.06.19
【最近読んだ本】安島太佳由「要塞列島 ― 日本への遺言」| 2015.10.17
【最近読んだマンガ】小林よしのり「卑怯者の島」| 2017.06.20
0
    | books | 2010.11.04 Thursday | comments(2) | trackbacks(0) |
    ふと、
    この世界は戦争によって作られたのだから、
    戦争ってなくならないのかもなと思いました。
    勝った人たちがずっと勝ってられるように作り、
    負けた人たちがさらに負ける人たちを作り。
    戦争をなくすためには、とりあえず、
    戦争に勝たなくちゃというような話にもなったり。

    それでも、
    みんなが武器とか、握りしめてる富とか、
    誰かに持っている感情とかを手放せる、
    そんな魔法のような「いっせいの、せっ」が、
    どこかにあるのだよなきっと
    なんてことを思って止まない次第です。

    この本ちょっと読んでみます。
    | おもまか | 2010/11/06 6:09 PM |
    おぉ久しぶりのコメントだ!爆
    ありがとうございます。

    今の日本という状況で、左の頬を差し出せるのか?
    純粋にそう言える人って、どれくらいいるだろうか?
    なぁんて事を、時折ふと思ったりもします。

    この本の中心となる話は、どちらかというと教育という洗脳に近いのかもしれません。
    気の毒なくらいガチガチの軍人と、そこに一種の男気を感じてしまったハワイイの二世の心中物みたいな(というのも失礼なのですけど)。

    この時のゼロ戦は、今も残っていてどこかに展示されていると、アマゾンのレビューに書いてありました。
    | tom | 2010/11/08 11:05 PM |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top