ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近聴いたCD >>
最近読んだマンガ
坂本久作「コミック版 藪の中・羅生門」

原作は言うまでもなく芥川龍之介であり、本書はホーム社刊「MANGA BUNGO」シリーズ。として'10年に出た内の一冊らしい。

僕は、いわゆる古典とか名作とか純文学とか、なんか堅苦しい肩書きを背負った本は殆ど読んでいない。
だからといって(知らないのもアレだから、漫画で軽く分かっておこう)と思った訳でもないのだ。

先日の高橋克彦「鬼」でも羅生門が舞台となる一編があったし、他にも陰陽師の活躍する漫画や小説にも羅生門は描かれていた。
その度に実は高校の授業で見せられた映画の場面が、朧気ながら頭に浮かんでいた…当時そういった誰も貶さない権威主義的な気配を感じるもの全てに否定的だった僕は、黒澤映画など観る気もなく寝ていたのだ。

一読して、オチのない小話に(だから何?)と思った。
それは「藪の中」にしても同じで(原作もこんなもんなのか?)と、肩透かしを食らったような気分だ。
しかし読み返してみて、おそらく大筋では原作通りなのだろうなと思った。
逆に、漫画でこの(投げっ放し感)は描きづらかったろうなとも考えたりする。
こういった読者に委ねるオチは、漫画では伝わりにくいからだ。

だからこそ原作にはない新鮮さと面白味があるのかもしれないが、その辺は実際に読み比べた人にしか分からないだろう。


関連記事:
【最近読んだマンガ】松田奈緒子「えへん、龍之介。」| 2012.05.31
【最近読んだマンガ】芥川龍之介(原作)、日高トミ子(漫画)「コミック版 蜘蛛の糸・鼻・芋粥」| 2015.04.18

〈奈良・平安時代〉関連記事:
【最近読んだマンガ】四位広猫「篁破幻草子 蛍月夜に君の名を」| 2009.05.05
【最近読んだマンガ】山岸凉子「鬼」| 2009.06.29
【最近読んだマンガ】岡野玲子「陰陽師」13(太陽)巻| 2010.03.10
【最近読んだ本】高橋克彦「鬼」| 2010.10.15
【最近みたアート】「空海と密教美術展」| 2011.08.02
【最近読んだマンガ】海野つなみ「後宮」5巻| 2011.11.24
【最近みたDVD】「鬼神伝」| 2014.04.22
【最近読んだマンガ】ユキムラ「たむらまろさん」| 2014.07.28
【最近読んだマンガ】皇なつき「黄土の旗幟のもと」| 2015.04.24
【最近読んだ本】田中俊明(監修)「この一冊で早わかり 日本・中国・朝鮮 東アジア三国史」| 2016.10.25
【最近読んだ本】ポール・アンダースン(著)、岡部宏之(訳)「百万年の船 (2)」| 2016.12.31
【最近読んだマンガ】山内直実「ざ・ちぇんじ!」1巻| 2019.04.30
0
    | comic | 2010.11.14 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top