ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
村上春樹「意味がなければスイングはない」

どうもこのタイトルが好きになれなくて、ずっと敬遠していた。
著者のユーモアは普段イラッとする手前の絶妙な辺りを突いてくるが、たまに完全アウトなジョークを平然と繰り出してくる…こんな題名のように。

内容は、コラムにしては若干長い音楽評論である。
取り上げられているアーティストは、ジャズ3クラシック3ロック2J-POP1にフォーク1の10名。
個人的には“フォークの父”と称される、ウディ・ガスリーを挙げているのが気になって読んでみた次第。
彼の人柄に関しては、評伝から引いた知られざる側面が非常に面白かった。

他にはスプリングスティーンレイモンド・カーヴァーのストーリー・テリングに例えて論じていたり、あの「ゲッツ/ジルベルト」でブラジル勢に冷酷な仕打ちをした(とトム・ジョビンの評伝に書いてあった)スタン・ゲッツの凄まじい人生など、音楽そのものを膨らませるエピソードが実に読ませるのは流石。

クラシックに関しては僅かに聴いたりする程度の僕だが、それでもルービンシュタインとプーランク(そしてシューベルトの項で挙がるアシュケナージ)といった聞き覚えのある名前から興味深く楽しめた。
ここに挙げられた10名にまったく縁のなかった人でも、聴き込んでいる人なら尚更に、BGMとしてでなく音に向き合ってみたくなるだろう。


〈村上春樹〉関連記事:
【最近読んだ本】村上春樹「もし僕らのことばがウイスキーであったなら」| 2007.10.24
【最近読んだ本】村上春樹「またたび浴びたタマ」| 2008.02.15
【最近読んだ本】素樹 文生「回転木馬のデッド・ヒートRMX」| 2008.02.29
【最近読んだ本】村上春樹「うさぎおいしーフランス人」| 2009.02.21
【最近読んだ本】村上春樹「東京奇譚集」| 2009.03.08
【最近読んだ本】村上春樹「もし僕らのことばがウィスキーであったなら」(再読)| 2009.06.05
【最近読んだ本】村上春樹「約束された場所で」| 2009.07.17
【最近読んだ本】村上春樹「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」上巻| 2010.08.02
【最近読んだ本】村上春樹「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」下巻| 2010.08.05
【最近読んだ本】村上春樹「めくらやなぎと眠る女」| 2011.07.04
【最近読んだ本】村上春樹「走ることについて語るときに僕の語ること」| 2011.07.19
【最近読んだ本】村上春樹「アフターダーク」| 2012.03.10
【最近読んだ本】村上春樹「はじめての文学」| 2012.07.16
【最近読んだ本】松村映三 plus 村上春樹「辺境・近境 写真篇」| 2014.12.30
【最近読んだ本】クリス・ヴァン・オールズバーグ(絵と文)「ベンの見た夢」| 2015.07.14
【最近読んだ本】村上春樹「女のいない男たち」| 2016.01.01
【最近読んだ本】グレイス・ベイリー「最後の瞬間のすごく大きな変化」| 2016.04.10
【最近読んだ本】ティム・オブライエン「本当の戦争の話をしよう」| 2017.04.15
0
    | books | 2010.11.16 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top