ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだマンガ
水木しげる「水木しげるのノストラダムス大予言」下巻

もちろん上巻は読んでないし読もうとも思いません、単に著者の解釈する終末思想に軽い好奇心を抱いた程度なので…。

単行本として出たのが'94年という事は、この作品が五島本からの派生企画ではないという事ですかね?
70年代、五島某によるノストラダムス詩「諸世紀」の解釈は当時の超能力ブームとの相乗効果で広く浸透したと思いますし。
実際、石ノ森章太郎版「幻魔大戦」みたいな描写とも感じましたが。

ただ、偽メシアと対立する正義の味方(悪魔くん)がムーの末裔であり、メソポタミア文明を興した後にユダヤの失われた氏族として日本に渡来していたとか、面白オカルト的な見地からは結構ハイブリッドな面白さを感じなくもないです。
しかもハンコックに先んじてポールシフトをネタにしてるし、ムー大陸の沈没を免れた環太平洋の島々から精霊パワーを借りる辺りは著者の面目躍如ですな?

最終的に偽メシアとの戦いと地球規模の大災害そのものが千年王国へ至るディヴァイン・プランであり、悪を以て善の真なるを知る大いなる学びと赦しの道であったのだと説いてます。
神学的な二元論にも思えますが、戦争経験者としての重みが込められた水木流解釈の世紀末思想かとも。
徹底した権力不信、忌み嫌われる異形の存在が人を救うなど普段とぼけた発言に終始してる著書の本音が垣間見えたようでもあり。

関連記事:
【最近読んだ本】大泉 実成「水木しげるの大冒険2 精霊の楽園オーストラリア」| 2008.01.21
【最近読んだマンガ】水木しげる「劇画 近藤勇 星をつかみそこねる男」| 2011.08.20
【最近読んだマンガ】水木しげる「戦記短編集 幽霊艦長 他」| 2014.05.04
0
    | comic | 2010.11.26 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top