ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近読んだ本 >>
最近聴いたCD
菅野よう子「CMようこ」

一昔前(でもないか)のアニメ音楽は、彼女の独壇場だったイメージがある。
音楽の雑食性では僕の上をいく人から渡されたCDが意外にも「カウボーイ・ビバップ」サントラで、それが作者を知った最初で。
そのCDは聴く機会がないまま返したのだが、たまたま観た「天空のエスカフローネ」のOPに驚いて(誰?)と思ったら彼女で。
しばらくハマッた「攻殻機動隊」のTVシリーズも彼女だったし、いつも斬新な作風で一聴して分かるような定型のスタイルを持たない点では僕が敬愛する大野雄二と好対象であると思う。

タイトル通り、そんな彼女の手掛けたCM音楽集が'08年の本作である。
テレビは朝晩の飯時に視る程度の僕なので、ほぼ聴き覚えがない25曲。
だが裏ジャケの曲名の後に記された商品名を眺めながら(きっと“○○風で”とか依頼してくるんだろうな)なんて邪推しつつ、作者の多彩な引き出しと多才なセンスに感心してしまう。

音から映像が浮かんでくる…シズル感たっぷりの食品関係、ライフスタイル提案型の高級ステータス商品、あるいは社会メッセージを装った企業広告などなど。
ひょっとしたら彼女は、こんな余りにも記号的な購買欲や広告戦略を無邪気に面白がっているのではないかという気にさせられるのだが…考え過ぎかな。
前に聴いた小林武史の作品集みたいな一貫性も作家性も感じられない、懐豊かな人だと改めて感じる。


〈菅野よう子〉関連記事:
【最近聴いたCD】菅野よう子とシートベルツ「Tank! The! Best!」| 2012.12.02
【最近みたアニメ】「攻殻機動隊S.A.C. SOLID STATE SOCIETY ANOTHER DIMENSION」| 2013.02.13
【最近やったゲーム】PS2ソフト「白中探険部」| 2013.09.17
【最近観たDVD】「COWBOY BEBOP 天国の扉 Knockin' on Heaven's Door」| 2016.01.31
【最近観たDVD】「ラーゼフォン 多元変奏曲」| 2017.05.04
【最近観たDVD】「DARKER THAN BLACK 黒の契約者」Vol.1| 2017.05.21
0
    | music | 2010.11.27 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top