ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近みたDVD >>
最近読んだ本
ウィリアム・ギブスン(著)、浅倉久志(訳)「あいどる」

僕は原則的に、外来語の平仮名表記を軽蔑する。
だが本書の原題は“IDOL”ではなく、日本的な意味を込めた“IDORU”なのだからやむを得ない。
因みに文庫カバーのモデルはMONA、かつて某番組のミステリー・ハンターを務めた事もある諸岡なほ子だ。
それと、本書は再読だ。

ここの記事本文は通常、携帯画面で3スクロールを限度と定めている。
時折オーバーするが、今回は出来るだけ詰め込んで2つの事柄を記したい。
まずはサイバーパンクの飽和について。

専門的な指摘は巻末解説に譲るが、80年代後半「ブレードランナー」以降の日本SFは概ねサイバーパンク的であった。
そのレトロ・フューチャーな概念は第二次ジャポニズムとして歓迎され、日本のサブカル全般で屈折した自己愛が開花する契機となったのも理解できる。
その意味で、乱暴に解釈すれば「AKIRA」と渋谷系は同列の現象だった訳だ。

結果的に増殖し続けたそれが海外のサブカルに逆輸出され今に至るのだが、'97年に訳出された本書は15年経ってみると多分「トロン」と「トロン・レガシー」以上のギャップがある。
大半のエキゾチックな描写が、もはや今更なのだ。

さて本書は「ヴァーチャル・ライト」3部作の2作目であるが、物語の構造には村上春樹「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」と似通った要素が。
結節点への特異な才能を持つ男と「ロー/レズ」ファンの少女が章ごとに…と、既定超過してるので後略。

ただ、最後に一言だけ。
本書が映画化されるとしたら、レンタルDVDはコメディの棚に並ぶだろう。
店員の手書きポップは「スタイリッシュな映像と乾いたユーモア!」辺りかと。
「あいどる」(←左クリックで拡大表示されます)


関連記事:
【最近読んだ本】ニール・スティーブンスン「スノウ・クラッシュ」| 2012.07.25
【最近読んだ本】テリー・ビッスン「JM」| 2014.07.16
【最近読んだ本】ガレス・L・パウエル「ガンメタル・ゴースト」| 2016.07.03
【最近読んだ本】ウィリアム・ギブスン「ニューロマンサー」| 2018.01.16
【最近読んだ本】ウィリアム・ギブスン「あいどる」(再読)| 2018.02.20

〈浅倉久志(訳)〉関連記事:
【最近読んだ本】ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア「すべてのまぼろしはキンタナ・ローの海に消えた」| 2013.05.12
【最近読んだ本】ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア「たったひとつの冴えたやりかた」| 2014.01.10
【最近読んだ本】シェイムズ・ティプトリー・ジュニア(著)、伊藤典夫(共訳)「愛はさだめ、さだめは死」| 2014.03.26
【最近読んだ本】ポール・アンダースン「地球帝国秘密諜報部員」| 2014.09.08
【最近読んだ本】V.A.「きょうも上天気」| 2015.01.09
【最近読んだ本】R.A.ラファティ(著)、伊藤典夫(共訳)「昔には帰れない」| 2015.06.25
【最近読んだ本】テッド・チャン「あなたの人生の物語」| 2017.01.07
【最近読んだ本】ポール・アンダースン「大魔王作戦」| 2017.06.21
0
    | books | 2010.12.19 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top