ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近読んだ本 | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「ミセス・ダウト」

ロビン・ウィリアムズの作品では本作が一番好きで、ちょっと(たまにはコメディでも)といった気分で映画を借りたくなったので手堅く選んでみました。

もう何度か観てるので笑いの鮮度は落ちるのですが(ハートウォーミングな感動)というにはリアルなオチに、今回は少々せつなくなってしまいました。
もっと甘いファンタジーのように思い出補正が入っていたみたいですが、笑い要素も案外に辛口で。

ところで僕らは完成形として映画を観てる訳ですが、異なる印象になり得た複数のプロットが剪定前の枝葉の如く製作の過程には伸びていたのでしょうな。
ロビン演じる大っきな子供は恋愛対象なら最高でも結婚家庭生活ではダメ親父…これも編集次第では(ひたすら幼稚な振る舞いで同情の余地もない男)になり得た事が、特典映像の未収録シーンから伺えます。
本編中に(何故こうしなかったの?)と思った要素が盛りだくさんなのですが、どれもネタとしてはキツ過ぎてカットしたのは正しい判断だったなぁとも。

裁判官の言うとおり「鑑定」が必要かもしれないアウトサイダーなんですが、純真無垢な愛情一本の男だからこそ赦しあい認めあえる人々と築いた信頼関係に胸を打たれてしまうのです。
そこにも決して予定調和はないのだけれど、現実には彼のような人を排除する社会で悲しい事件や荒んだ心が生産されている訳で…そう思うとやはりこれは甘いファンタジーなのだなぁ。


〈ロビン・ウィリアムズ〉関連記事:
【最近みたDVD】「RV」| 2011.02.18
【最近みたDVD】「ビッグショット・ダディ」| 2014.03.01
【最近みたDVD】「バロン」| 2014.04.06

〈クリス・コロンバス〉関連記事:
【最近みたDVD】「ヤング・シャーロック ピラミッドの謎」| 2015.04.21


*以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

『the original Mrs. Doubtfire RECUT』(これはヒドイ・・・!しかし子煩悩な父親の映画も編集次第で狂気の異常性愛者に仕立て上げられ得るというか、思い込みが本意を歪める見本のようでもあり。ちなみに職安の老女は「ライアーライアー」の秘書ですね?)
0
    | cinema | 2010.12.20 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top