ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近読んだマンガ >>
最近読んだ本
リチャード・バック(著)、五木寛之(訳)、ラッセル・マンソン(写真)「かもめのジョナサン」

特に理由もなく本棚に手を伸ばして、気付いたら読み耽っておりました。
読む気もないのにページを繰って、おそらくは写真の方が気になっていた筈なのに写真は全然見ないで読み通してしまいました。
多分、1時間ぐらいの事だったのではないかな?

実際、薄い文庫なのです。
だけど今まで何度となく読み返していますが、こんなに早くは読めなかったんですよね…。
さっと読み流してしまう、という本ではなかったのかもしれません。
自分にとっては。
つまり字面を追うようなスピードでは物語の扉が開かれないまま終わってしまうのではないか、と。

その点では、巻末の解説の方が今までより分かりやすく感じられたのも興味深い気がしますね。
訳者でありながら本著に対して批判的なのですが、これまではピンとこなかった指摘が今回は(なるほどな)と思えたりして。
'74年に書かれた五木寛之の文は、アメリカの大衆に支持される幻想が短期間で揺れ動いている事と、本書にみられる退行的な傾向への危惧を述べています。

37年後のアメリカから当時を振り返ると…いや、日本がいかにアメリカの影響を唯々諾々と受け入れてきたかを思うと。
そして、はっぴいえんどが「さよならアメリカ、さよならニッポン」と歌った時代に輸入された物語として考えると。


〈リチャード・バック〉関連記事:
【最近読んだ本】平五木寛之(訳)「かもめのジョナサン」| 2008.06.08
【最近読んだ本】村上 龍 (訳) 「イリュージョン」| 2008.09.17
【最近読んだ本】平尾圭吾(訳)「ONE」| 2009.08.28
【最近読んだ本】五木寛之(訳)「かもめのジョナサン」| 2011.02.03
【最近読んだ本】佐宗鈴夫(訳)「イリュージョン 悩める救世主の不思議な体験」| 2014.01.07
【最近読んだ本】五木寛之(創訳)、ラッセル・マンソン(写真)「かもめのジョナサン【完成版】」| 2017.12.21
0
    | books | 2010.12.26 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top