ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
池澤夏樹「スティル・ライフ」

単行本の刊行は'88年。
これまで読んだ著作が主に南国を舞台としていたからか、異質な感じがした。

まず表題作だが、ほとんど主人公と佐々井の会話だけで成り立っている。
アルバイト先で知り合った男から連絡があり、ストーリーとしては3ヶ月だけの同居生活が描かれる。
佐々井の驚くべき計画、意外な過去…動きの乏しい日々の中で物語は進む。
だから、読む人によっては意味深げな台詞に終始する退屈な話なのではと思う。
しかし何だろう、佐々井が去った後の静かな波紋は?
ちょっと独特な、不思議と胸を切なくさせる明るさ。

そして、もう一編の「ヤー・チャイカ」もまた不思議な余韻を残す短編だ。
技術職の文彦が出会ったロシア人との交流…緊張と親密さが交じり合う時間。
一人娘のカンナが親離れしてゆく日を宇宙探査機に喩え、そんな彼女の描く恐竜の挿話が無関係を装って並行してゆく。
終盤、いきなり娘の部活に関する作文が始まったと思ったら続けて恐竜の創作文で話が終わってしまう。
これまた軽く読み流していると面食らう、というか漠然とした不安に駆られて読み直す羽目になる。

つまり2作品とも一筋縄ではいかない、ひょっとしたら明瞭な意味や到達点などを外した“脱・小説”なのかもしれない。
あるいはストーリーを追うだけの思考停止に抗う、集中力なり分析力なりを求める物語として構築されているような気がした。
時間を於て読むと、また違う味わいがありそう。


〈池澤夏樹〉関連記事:
【最近読んだ本】「虹の彼方に」| 2008.03.28
【最近読んだ本】「叡智の断片」| 2008.10.24
【最近読んだ本】高砂淳二、垂見健吾(撮影)「クジラが見る夢」| 2009.01.25
【最近読んだ本】渡邉良重(絵)「世界一しあわせなタバコの木」| 2009.08.22
【最近読んだ本】「南の島のティオ」| 2009.10.09
【最近読んだ本】「タマリンドの木」| 2010.04.23
【最近読んだ本】「マリコ/マリキータ」| 2010.05.02
【最近読んだ本】「終わりと始まり」| 2014.05.20
【最近読んだ本】「南の島のティオ」(増補版)| 2019.01.24
0
    | books | 2010.12.29 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top