ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 昨日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
EPLE TRIO「THE WIDENING SHARE OF INFLUENCE」

ノルウェーのジャズ・トリオによる'08年の作品、収録数は9曲でトータル演奏時間もアナログ・サイズの約47分。
容量いっぱいまで詰め込むのが当然と化した昨今では意外な感じですが、僕にはこれ位が好い加減です。
人の集中力が平均50分程度で低下する、とかという説を思い出して一人合点。

さて前作「MADE THIS」の印象とは打って変わって、ドラムスとベースが前に出てますね。
つまりトリオとしてのバランスが取れているといいますか、ピアニストのアルバムみたいだった前作にはないプレイヤー間の独特な緊張感が心地好いのです。
前作の穏やかな静けさも好きなのですが、ちょっと匿名的というか顔が見えない感じもありまして…トリオ名義なのにリーダーの一人舞台っぽい感じには馴染めなかったのです僕は。

よって個人的には、躍動感あるいは演奏者の意欲が感じられる本作の方が、エプレ・トリオというカラーが出てる気がします。
かなりドラムスの激しい曲では、その叩き方にハードロックっぽさも感じたり。
ECMレーベル作品に感じるしっとりとした神秘性やE.S.T.が得意としたミクスチュア感、スフィンクス作品にみられる前衛精神のような印象深い特徴は思い浮かばないのですが…。
ジャズという響きに含まれる古さを持たないのに、カテゴライズするならジャズそのものといった点が耳を惹き付けるのかな?
メロディアスな旋律も、本作の大きな魅力であると思いますけどね。


関連記事:
【最近みたライブ】「グロンセット&スキナー デュオコンサート」| 2011.11.02
【最近聴いたライブ】EPLE TRIO at エアジン| 2012.06.26


*以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

『Eple Trio - Eclipse』(この曲は、むしろ前作の印象に近いかも・・・中盤は賑わいますが、静けさと緊張感を伴って終わります)
0
    | music | 2011.01.21 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top