おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 昨日の脳内BGM | main | 最近読んだマンガ >>
最近読んだ本
FF10関連本2冊

「ファイナルファンタジーX−2 INTERNATIONAL+LAST MISSION」

先日の「最近やってるゲーム」にも書いたゲームの攻略本ですね。
攻略に関しては某サイトを参照してたりで進行上の支障はないのですが、攻略本を読む事自体が結構好きだったりするもので。
さすがにやった事ないゲームの攻略本では面白味を感じないから、単なるプレイの追体験なのでしょうか…こればかりは分かる人にしか分からない感覚かも。
もうクリアして全然やってないゲームの攻略本でも、RPGに限らず時々ふと引っ張り出して読んだりね。

とりあえず攻略本としての出来の良し悪しに関しては、上等だと思います。
個人的には制作スタッフのインタビューなども読むのが好きですが、データやミニゲームやエピソードの選択肢など膨大な情報を分かりやすく適度なボリュームにまとめた編集力は見事(誤字脱字も僅かですし)。


「ファイナルファンタジー X ワールドガイド エボンの教えとスピラの人々」

こちらは前作の派生本ですね、スピラという架空世界の内部を学術的視点という体裁で解説する…といった構成。
本書は“シン”なる脅威が存在していた時代から数十年を経た未来、貴重な文献から“永遠のナギ節”より遡ること約10年前のスピラ社会を研究した歴史書…として書かれております。
名もない召喚士一行の伝承3話と当時の社会背景や特徴の解説によって、ゲーム本編では曖昧なディテールと異世界に召喚された主人公ティーダの心理を共有する…といったものです。
文章が主体の、いわば公式の二次創作ではあります。

追加設定で辻褄を合わせたというよりも、これを読んで再度プレイするとミステリアスな伏線が活きてくるのでしょうなぁ。
やっぱり前作「FFX」も周回機能「強くてニューゲーム」を採用すべきだったのでは?


関連記事:【最近読んだ本】「ファイナルファンタジーX 最終攻略本」| 2012.01.13
0
    | books | 2011.01.22 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top