ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近聴いたCD | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
ヘミングウェイ(著)、大久保康雄(訳)「誰がために鐘は鳴る」上巻

予想していた以上に読み終えるまで時間がかかってしまいました、この分では下巻まで完読するのにどれ位かかるのやら…。

スペイン内戦を描いた、著者の代表作であります。
共和政府の特務機関から、橋の爆破を任命された主人公ロバート・ジョーダン。
しかし初めから終わりまで山小屋と見張り場を往復するだけで、現地レジスタンスたちとの他愛ない会話だけが400ページって!
これは訳に難ありなのではないでしょうか?

初版が昭和48年…今から38年前ですから仕方ない気もするのですが、その倍も昔に書かれた時代の隠喩やその土地のスラング的なニュアンスが分かれば退屈で支離滅裂じみた会話文が違ってきたのではないかといった感じがするのです。
例えば映画「地獄の黙示録」が日本では戦争娯楽作品と見なされているように、西欧の歴史的文化的教養を欠いた僕ら日本人が深層を理解するためには、字面をなぞって訳出しただけでは不充分なのだと思います。

戦争映画の原作あるいは小説版を読んでも、これほど冗長で緩慢な文章ではありませんでした。
それは「荒鷲の要塞」や「戦争の犬たち」といった娯楽作品であって純文学ではありませんでしたが、本作に比べれば端正で緊張感のある文章でしたよ?

友人から贈られた本なので苦言を呈するのは心苦しいのですが、それとこれとは別として…これで下巻も山小屋話だったら、もうヘミングウェイを見限ります。
少なくとも上巻は、まったく不要です。


関連記事:【最近みたDVD】「誰が為に鐘は鳴る」| 2013.03.04
0
    | books | 2011.01.31 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top