ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 昨日の脳内BGM >>
最近読んだ本
リチャード・バック(著)、五木寛之(訳)「かもめのジョナサン」

“重要なのは食べることではなくて、飛ぶことだ。いかに速く飛ぶかということだ――”
文庫の裏に書かれた惹句に今一度、読み返してみた。

日本語版の本書は、訳者による巻末の解説が加えられている事で読むたびに作品の深みが増すのだと思う。
一番最初に読んだ時は、本文に感銘を受けはしたが訳者による巻末の解説は(新しさを受け入れられない旧世代の強がり)と感じた。
小難しい言葉で興を殺いで、地べたに引きずり下ろそうとするような。

しかし先日の何度目かの再読では、より訳者が言わんとした事が伝わってきた。
高らかに理想を謳うのは結構だが、人としての営みを軽んじる姿勢を肯定は出来ない…というような。
かなり端折った表現だが。

そんな現実主義を踏まえて再び“重要なのは食べることではなくて、飛ぶことだ”という文が活きてくるのは、生きるものの本能ではなく生態の本質を語ろうとしていると感じるからだ。
それは例えるなら草木が光に向かうような、すべてに光を見る求道者の精神の速度を一神教の側から描いた寓話なのかもしれないと、今回は感じられた。

きっとまたいつか、異なる見方を本書は語るだろう。


*以前のレビュー→【最近読んだ本[2010.12.26]】 【最近読んだ本[2008.06.08]】


〈リチャード・バック〉関連記事:
【最近読んだ本】五木寛之(訳)「かもめのジョナサン」| 2008.06.08
【最近読んだ本】村上龍 (訳) 「イリュージョン」| 2008.09.17
【最近読んだ本】平尾圭吾(訳)「ONE」| 2009.08.28
【最近読んだ本】五木寛之(訳)「かもめのジョナサン」| 2010.12.26
【最近読んだ本】佐宗鈴夫(訳)「イリュージョン 悩める救世主の不思議な体験」| 2014.01.07
【最近読んだ本】五木寛之(創訳)、ラッセル・マンソン(写真)「かもめのジョナサン【完成版】」| 2017.12.21
0
    | books | 2011.02.03 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top