おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 最近読んだマンガ | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたレコード
ビル・ヘンダーソン「モーニン」

(オリジナル・アルバムは廃盤のようで、とりあえず主だった曲が収録されてるベスト盤にタイトルをリンクさせてます)
このアルバムを買った時は中学生だったと思うが、本作を手にした理由は(ジャズ・ボーカルとは何だろう?)という疑問からだった事を今も覚えている。
きっとジャズ・シンガーのアルバムを聴けば、楽器演奏者のアルバムに入ってる歌物との違いが分かるのではないか?…などと本気で思っていたのである。
そして近所のレコード屋に行ったら、普通のレコードよりも少し安かった。
更には「Moanin'」という超有名曲が収録されているのも、小遣いを張ったバクチに出るリスクを軽減してくれていると感じたのだ。
近年の音楽業界が売上低下を嘆いているそうだが、試聴・返品不可というギャンブルじみた商売が通用した時代は理不尽でもあった。

今ならばブッカー・リトルを擁したウィントン・ケリー・セクステットやラムゼイ・ルイス・トリオといったパーソネルと、全12曲スタンダード・ナンバーだらけである事に気付くのだが、思えばこの知識も本作から得ていたのである。
とはいえビル・ヘンダーソン当人については未だに何も知らない、というか以降は一度も出会う機会がなかったのだ。
リーフレットによれば本作の録音は'59年、VEE JAYからの第1作であるが、他にもVERVEやBLUE NOTEやRIVER SIDEなど各大手レーベルで吹き込んでおりベイシー楽団の歌手としても知られていたらしい。

ビブラートを効かせた深みある声だが、存命であれば81歳になる現在は既に引退している事だろう。(←と思ったら、某ブログ昨年末付け記事にて「今でもお元気に活動しています」との事、こちらでオリジナルのアナログ盤も取り扱っている模様)

追記:その後、'16年4月3日に90歳で亡くなられたようですね・・・'99年にチャーリー・ヘイデンのアルバムで客演したのがラスト・レコーディングというから、ほぼ生涯現役だった様子。また俳優としても「シティ・スリッカーズ」などにも出演、しかし「バカルー・バンザイの8次元ギャラクシー」にも出てたとは!


以下、アナログ盤のトラックリスト
Bill Henderson「Sings」
1982, "Vee Jay Masterpieces" by RVC Corporation‐RJL-6024

A1・Joey
A2・You Make Me Feel So Young
A3・Love Locked Out
A4・Moanin'
A5・Sweet Pumpkin
A6・Free Spirits

B1・Bye Bye Blackbird
B2・It Never Entered My Mind
B3・Bad Luck
B4・The Song Is You
B5・My Funny Valentine
B6・This Little Girl Of Mine


original released at 1959, Vee Jay Records
0
    | music | 2011.02.21 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top