おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
CYMBALS「REQUESTS!」

解散して久しい、シンバルズのライブ音源です。
一応は渋谷系にカテゴライズされるらしい、90年代中期に数枚のアルバムを残したバンドです。
ボーカルの土岐麻子は現在ソロで、ベーシストでリーダーとして作詞作曲も担当していた沖井礼二はFROGというプロジェクトなどで活躍中です(すいませんドラムスの方については近況を存じません)。
…っと、他に書くことが思い付きませんが。

まぁとにかく沖井のベースが一段とカッコ好い。
歪み系のギターを乗せたロックのフォーマット(沖井の趣味)からエレクトロニカな打ち込み(ドラムスの方の趣味)やオールドファッションドなジャズ(土岐の趣味)などへと音楽性を変化させていった変則的3ピースバンドでしたが、楽曲のフィーリングは基本的にトッド・ラングレンやベン・フォールズ5を思わせる(ピアノ弾きの作るアメリカン・ロック)といった爽やかな印象を受けます。

久々に本作を聴きましたが、リアルタイムに間に合ってたら一度はライブに行きたかったなぁと思いますね。
インディーズ時代のアルバムからもリストアップされていて、ファンとしては嬉しい限りです(特にアンコールを締めくくる「I'm a Believer」とか!)。


関連記事:【最近聴いたCD】CYMBALS「Anthology」| 2013.10.01


*以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

『cymbals - All CM SPOTS』(DVDの特典映像みたいです、VOXのベースにマッシュルーム・ヘアーの沖井・・・確かに「The new pizzicato five!」なんてコメントもされるわな)


『Cymbals_I'm_a_Believer』(彼らのインディーズ・デビュー曲で、勿論モンキーズのとは同名異曲です;Sound Only)
0
    | music | 2011.02.24 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top