おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
DOUBLE FAMOUS「HAPPY HOUR」

いきなり一言で表すなら“「はらいそ」経由のスカパラ”って感じ?
もちろん好い意味でね、だって本当に気持ちよい弛さで最高なのです。

みなさん本業は別にあるそうなんですが、畠山美由紀ってボサノバ系シンガーとしてソウル・ボッサ・トリオ他あちこちで名前を耳にしてますし全体的に音楽業界比率が高そうな感じ。
でも15年間のユニークな活動記録で、初録音の1曲目は学生ホールの箱鳴りが非常にライブだしソトコト企画でエジソンの蓄音機で録った音も面白いし。
非常にマニアックな曲のカバーからベタ過ぎる曲の意外なアレンジまで、UAEGO-WRAPPIN'の人との共演もありの、つまりとにかくノリノリで寛げてしまう割にはジャケのイラストがディック・リー風なミスマッチ感覚で謎なのです。
…って僕は何を言ってるのでしょうか?

全体的にはカリビアンかと思えばアフリカンありUKあり、ブラジルありハッピーバースデーあり007ありのブカブカドンドン。
白眉は二階堂和美が歌う、詞が清志郎で曲が細野という「幸せハッピー」。
久しぶりに(あんまり教えたくないんだよなー)って気にさせる、独り占めしたくなるような一枚でした。
'08年リリース。


*以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

『Double Famous - Bukom Mashie』(本作収録の池上本門寺ライブの映像、ガーナ音楽のカバーだそうです)
0
    | music | 2011.03.02 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top