おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 最近やったゲーム | main | 最近みた夢 >>
最近聴いたCD
フリーク・ド・ブラジル「デューティ・フリーク」

正直どっちがアーティスト名でアルバム名だか分からなくなってました、本作のリリースは'04年ですが聴いてたのはもう少し後だったろうと思います。
モンド・グロッソとかのラテン・ハウス(?)にハマってた頃に図書館で借りた一枚で、また借りて久々にアルバム単位で聴きました。

アルバム名は覚えているけど音が思い出せなかった理由は、要するにフックに欠けるといいますか…。
現にヒットしたらしい2曲の12インチ・バージョンにしても、ギリギリで乗れそうな期待感だけで。

何だろうな、サビが弱いのかなぁ?
乱暴な理屈になりますが、ポップミュージック的な起承転結というか叙情的なトーンの移行で心を掴む感じが希薄なのかも。
フロアで踊らせる事に特化した分、メリハリがないからかな?
決して悪くはないのだけど、どうも一本調子な印象。

解説書を読み飛ばしているとご当地ブラジルのクラブ系かと思わせるディープさですが、実はイタロ・ハウスだった事に既視感が。
そういえば前にも非ラテン系イタロ・レーベルのアルバムについて書いた筈ですが、こちらのプロジェクトを率いるのはステファノ・ガンマというDJだそうで。

現場のDJにとってはプレーンで繋ぎの素材に使い勝手が好いのかもしれませんが、一般リスナーにはハウスというより「4つ打ちのゲーム音楽」って感じも。


関連記事:
【最近聴いたCD】V.A. 「Latina Cafe: Best Of」| 2007.08.28
【最近聴いたCD】ジェラルド・フリジーナ「ラテン・キック」| 2007.12.12
【最近聴いたCD】V.A.「Remix Trax Vol.10 Misturada」| 2008.02.14
【最近聴いたCD】V.A.「Baile Funk」| 2012.11.20


以下は収録曲リスト。
「Duty Freak」by Freak Do Brazil, 2004 , Nitro Records (Italy) ‎– KNL07, Kernel ‎– KNL07

01・Toque De Raça
02・Magia Do Sol
03・Ritmo Das Ondas
04・Pra Recomeçar
05・Saudação
06・Samba Do Gringo
07・Conto De Fadas
08・Tempo De Verão
09・Mare Grande
10・Sunshine
11・Ritmo Das Ondas (12" ver. bonus track)
12・Mare Grande (12" ver. bonus track)
0
    | music | 2011.03.06 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top