おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
スペース・カウボーイ「アクロス・ザ・スカイ」

フランス人クラブDJによる'04年のデビュー作、ちょっとした懐かしさから久々に借りてみた次第。

元はといえば某SNS内の検索機能でプリンスの名曲「I Would Die 4 U」を入力した時にヒットしたコミュから作者を知ったのですが、曲名そのままのコミュを立ち上げた人は作者のオリジナルだと思い込んでたのでした。
今なら(若いなコミュ主)ってだけの話なんですが、当時は軽く立腹しまして。
ちなみにヴァン・ヘイレンの「ジャンプ」もカバーしているのですが、どちらも単なる完コピで(原曲サンプリングしなかった良心は買いますが)クラブDJに対する軽蔑心を植え付けてくれたのが本作です。

聴けるのはヒット曲「Crazy Talk」と「Funky Love」、あとは原曲をそのまま4つ打ちビートに乗せた先述の2曲のみです。
他は一般リスナー向きではないというか、没トラックにも聴こえかねない出来。


追記:原曲サンプリングしなかったのは良心からでなく、オリジナルの作者に著作権を支払いたくないだけって事みたいです。マジクソ野郎ですな!
0
    | music | 2011.03.16 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top