ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだマンガ
松本零士「クイーンエメラルダス」vol.1

松本宇宙に広がる「銀河鉄道999」は原作を読破したしアニメも観ていた、そして「キャプテンハーロック」もアニメで観ていた。
唯一「クイーンエメラルダス」だけは、今まで原作があった事も知らなかった。

松本宇宙に存在する機械は戦闘機をモチーフにしながらも非常に独創的であり、その後のSFのみならず現実の製品デザインにも多大なる影響を及ぼしてきた事が本作からも実感できる。
更には、確証はないがコマ内での解説あるいは語り部分を巻物風の形状で囲むのも松本宇宙から漫画やゲームに普及したのではないかと思われる。

「わたしはエメラルダス」というモノローグに彩られた本作は、女海賊エメラルダスの回顧でスタイルを統一している。
海野広と名乗る、頑固で向こう見ずでタフで不幸な生い立ちから地球を旅立った若者との謎めいた縁を匂わせながら物語は進む。
左頬の傷痕とクイーンエメラルダス号との出会い、彼女が誰かを捜して宇宙を旅している“くらくかなしい物語”を秘めている事…。

本作が講談社漫画文庫として刊行されたのは'96年、SF作家の豊田有恒が巻末に寄せた文章では(ここ一年、マスコミを賑わした某宗教の教祖)について大きく取り上げている。
要約すると“松本宇宙を汚した者への憤り”なのだが、その教祖もまた松本である事など知らぬといった調子であるのが興味深い。


次巻


関連記事:
【最近読んだ本】むとうやすゆき「銀河鉄道物語 闇の慟哭」| 2011.02.19
【最近みたアニメ】「さよなら銀河鉄道999−アンドロメダ終着駅−」| 2013.08.30
【最近みたDVD】「キャプテンハーロック -SPACE PIRATE CAPTAIN HARLOCK-」| 2016.02.07
0
    | comic | 2011.03.18 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top