おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 最近読んだマンガ | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
ASA-CHANG & 巡礼「影の無いヒト」

レイ・ハラカミのライブで知ったタブラ奏者のU−zhaanが世に知られる契機となった、東京スカパラダイスオーケストラの元パーカッショニストとのユニットだそうで。

そもそも「ASA - CHANG」と聞いて(あぁ、セックスマシンガンズの!)と勘違いしてた位なので(それはANCHANG)、この手のジャンルには疎いのです。
'09年リリースで、かなり同業者間ではウケたそうですが素人耳では「PRO TOOLS楽しかった?」って印象が強いですね。
プロツールズというのは有名な音楽編集ソフトの事で、本当かどうかは知りませんがドラゴンアッシュの人が最初に売れた後に購入してデモ作りにハマったとかいう話を聞いたりも。
使いこなせば色んな事が出来ちゃうようで、プロじゃなくても弄り出したら止まらなくなりそうな代物。
それを買って1日目、といった感じの出来なのです。

U−zhaanのタブラ演奏が、まったく効果的ではない点も素人には意味不明です。
更に歌詞カードはフォント好きなら堪らないであろう、これまたデザイン系学生の課題みたいなあざとさ。
歌詞は面白いのに、真面目に作る気はなかった模様。
おそらくASA - CHANGなる人物は、この程度でリリースした事を後悔してる筈…いや知らないけど。
2度も聴いて損した気分にさせられた、稀有な一枚。
まぁひょっとしたら、この嫌悪感こそが新しさの証拠なのかもしれないけど…ジャンル的に合わないかライブで本領発揮するタイプなのでしょう。
0
    | music | 2011.03.22 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top