ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近買ったもの | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
ジェームズ・レッドフィールド(著)、山川紘矢+山川亜希子(訳)「聖なる予言」

このmotebookでは2度目のレビューになりますか(初めてでした…)、度々読み返している本です。
今回は、続編にあたる「第十の予言」の再々読後から間もなく手に取りましたが、通勤の合間に少しずつ読み進めていたので半年ぐらいかかってしまいました。
本当は集中して読み込みたかったのですが…。

最初の一行を読み始めた時、妙に懐かしい気持ちになったのを覚えています。
それは何度となく繰り返し読んでいるが故の馴染んだ感覚でもあり、そして「第十の〜」を読んだばかりだから気付いた共通項のせいでもあるようでした。
どちらも主人公はシャーリーンを探していて、彼がレストランに入る事で物語は動き出すのです。
著者は意図的に最初の場面を設定していたのですね、その理由は不明なれど新たな発見ではありました。

本書に話を戻しますと、読み返す毎に少しずつ自分の理解力が上がっているように感じられたりします。
読解力といった意味ではなく、作中の智恵が咀嚼されている度合いとして。
基本的には精神的な成熟の過程が1から9に向かって示されていますが、例えば(今の自分は8まで理解できている)と思っても普段の言動は6ぐらいだったりクリアできていない部分に思い至ったりと、必ずしも各段階を満了して次に上がる訳ではないのですね。

無論フィクションですから飽くまで僕の楽しみ方なのですが、読むほどに味があるのです。


関連記事:【最近読んだ本】「第十の予言 ポケット・ガイド」| 2008.06.24
     【最近読んだ本】「人生を変える力」(第十一の予言)| 2009.01.31
     【最近読んだ本】「第十の予言」| 2010.02.18
     【最近読んだ本】「第十の予言」| 2011.04.22
     【最近読んだ本】「聖なる予言」| 2013.06.02
     【最近読んだ本】「第十の予言」| 2013.10.12
     【最近読んだ本】「第十一の予言」| 2014.01.04
     【最近読んだ本】「第十二の予言 決意のとき」| 2014.01.13
0
    | books | 2011.04.01 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top