ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
よしもとばなな「もしもし下北沢」

五十嵐大介の短編集「魔女」に収められた、無益な戦いを避けるための無益な戦いの話を思い出した。
精霊の力は大きな力に敵わない事を族長は知っていたのだ、若いクマリの視点で描かれているけど。

下北沢と自由が丘、対照的かつ象徴的な都市の街並み…歴史の吹き溜まりと理屈の箱庭、まぁ好みの問題。
下北沢を自由が丘っぽくしたい、なんて貧しい想像力を支持する人は本書を手にする事などないだろうが。
もし「携帯を投棄するな」と感じるようなら、それもフィクションを読む能力の欠如だろう。

変化を嫌うのではなく、軽々しく否定され損なわれる味わいへの無頓着さに哀しくなる…上手く言葉に出来なかった思いが本書からは感じられて安心した。
そしてドラマのようなステイタスを叶える=面倒な関わりを放棄した生活への需要が返す木霊も、ここにはきちんと響いている。

個人的には下北沢は、初めて訪れた時に(町から拒否された)と感じた排他性と以降に観光地化で敷居を下げてきた節操のなさがね。
今は嫌いとも思わないが、谷中とは全然ちがう。

本書では著者のテーマである「死と再生」からすると番外編的であり、連載紙の事情なのか得意の超現実展開も起こらない(都合よい夢は相変わらずだが)。
痛みを抱えた者の感性は読者の環境によっては(くよくよした話)に思えるだろうが、理屈を超えた感情のリアリティに関しては一段と冴えて確信的だ。


関連記事:
【最近読んだ本】よしもとばなな「チエちゃんと私」| 2007.12.18
【最近読んだ本】よしもとばなな「イルカ」| 2008.04.15
【最近読んだ本】よしもとばなな「サウスポイント」| 2009.02.11
【最近読んだ本】よしもとばなな「まぼろしハワイ」| 2009.02.15
【最近読んだ本】よしもとばなな「ムーンライト・シャドウ」| 2009.06.08
【最近読んだ本】よしもとばなな「アルゼンチンババア」| 2009.08.25
【最近読んだ本】よしもとばなな「どんぐり姉妹」| 2011.12.29
0
    | books | 2011.04.13 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top