おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 最近みた夢 | main | 最近聴いたCD >>
最近読んだマンガ
吉田秋生「BANANA FISH」11巻

最終巻となりました。

ディノの雇ったフォックス大佐率いる特殊部隊によって拉致されたマックスや仲間たちを救うべく、国立精神衛生センターに奇襲をかけるアッシュとシンとケインのニューヨーク・ストリート・ギャング連合。

ユーシスの放ったサソリが英二を撃ち、ついにラオが袂を別ちます。
シンの涙、アッシュの涙、そして英二の涙…。

雇い主を裏切ったフォックスの慢心、ユーシスとの契約を打ち切ってアッシュを援護するブランカ、最期までアッシュに惚れ抜いていたディノ…これ以上ネタバレは止めます、ラストシーンの静かな美しさは大薮春彦のハードボイルド映画に主演した松田優作を彷彿とさせるものがありました。
もし本作とリアルタイムに、十代の頃に出逢っていたら…間違いなく僕の人生は変わっていたでしょう。

英二との関係を同性愛的に語る解説が多いのですが、アッシュの生い立ちに描かれた、失われた兄との幼少期や分裂した自我を見落としているのでは?
誰からも与えられなかったもの、それは人の情でも庇護でもなく平穏な時です…だから安らかな眠りのように微笑んだのだと思ったり。
そう考えると著者は案外、無力で素直な日本人の国民性を卑下する時世にタオイズムの(弱きものの強さ)を示したようにも…とは少々うがちすぎでしょうか。


関連記事:
1巻| 2011.02.23
2巻| 2011.03.01
3巻| 2011.03.08
4巻| 2011.03.15
5巻| 2011.03.21
6巻| 2011.03.27
7巻| 2011.04.02
8巻| 2011.04.08
9巻| 2011.04.11
10巻| 2011.04.14
「BANANA FISH ANOTHER STORY」| 2011.04.26

〈吉田秋生〉関連記事:
【最近読んだマンガ】吉田秋生「夢みる頃をすぎても」| 2009.05.22
【最近読んだマンガ】吉田秋生「櫻の園」| 2011.05.15
【最近読んだマンガ】吉田秋生「イヴの眠り」5巻| 2011.12.25
0
    | comic | 2011.04.17 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top