おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
ジェームズ・レッドフィールド(著)、山川紘矢+山川亜希子(訳)「第十の予言」

先日の「聖なる予言」読了後すぐに読み始め、このmotebookでは2度目のレビューになります。
といいますか、前回のレビューから間を空けずに「聖なる〜」を読み返し、そして再度また本書を読み返していたのでした。

シリーズ第一作となった「聖なる〜」に比べると、第二作目の本書は何度読み返しても心に響く以上に妙な苛立ちを感じてしまい…その悪感情こそが本書で言う“魂のクセ”なのですが、そうと分かっても受け容れられずにいたのでした。
その苛立ちの源は「強要や強制への不服従」で、思えばそれが一貫して人生の選択に表れている事が判り、また赦しを個人的なテーマとしてきた理由も腑に落ちた気がします。

そして本書で描かれる“内なる恐怖との対峙”は、物語の進行と並行するように見続けていた悪夢とも無関係ではないようです。
単なる偶然というより潜在意識が刺激された影響かもしれませんが、いずれにしても過去に受けた退屈な印象とは違って充実した読後感となりました。

そして前作の冒険活劇仕立ての娯楽性と比べ、危機的な現状への強い切迫感を受けました。
文中の「ニコラス・テラス」が実在したニコラ・テスラを指しているように、エネルギー企業「デルテク」とはGEと共に原発関連で名前が挙がっていたベクテル社を示唆しています。
是非とも「ベクテル」で検索し、幾つかの記事を読んでみてください…ただし負の感情を抱かぬように。


関連記事:【最近読んだ本】「第十の予言 ポケット・ガイド」| 2008.06.24
     【最近読んだ本】「人生を変える力」(第十一の予言)| 2009.01.31
     【最近読んだ本】「第十の予言」| 2010.02.18
     【最近読んだ本】「聖なる予言」| 2011.04.01
     【最近読んだ本】「聖なる予言」| 2013.06.02
     【最近読んだ本】「第十の予言」| 2013.10.12
     【最近読んだ本】「第十一の予言」| 2014.01.04
     【最近読んだ本】「第十二の予言 決意のとき」| 2014.01.13
0
    | books | 2011.04.22 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top