ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近聴いたCD >>
最近読んだマンガ
宮本武蔵(原作)、近藤こうじ(漫画)「コミック版 超訳 五輪書」

人気漫画「バガボンド」やゲームソフト「剣豪」シリーズなどでもお馴染みの兵法家が著したとされる書物を、晩年に迎えた3人の弟子を通じて紹介していく…といった内容ですが。
原典の内容を網羅しているとは思わず、初歩の初歩として「五輪書って何?」という素朴な疑問に応えてくれるものと心得ましょう。

面白いです。
「〜道」とされた時点で生じる形骸化や非合理性を、武蔵は徹底して排除して二天一流に至ったのですな。
最小の投資で最大の効果を得る、その原理が現代のビジネスマンに受けるのも道理という訳です。
いわば結果さえ出れば過程は問わない、何でもありの精神であります。
ただし現代のビジネスマンに欠けているのは、武蔵の説いた遠大な視点ではないしょうか。

ビジネス的に言えば、損をしない一点のみを大事として他は状況を最大限に活用する。
それでいて事前の調査は非常に念を入れ、交渉の場では短期決戦型の一方的圧勝を旨とする。
なおかつ敵を増やさぬよう、後々の事も踏まえた人心掌握の心理戦…。

まるで血も涙もない冷血漢のようですが、飽くまでも己の心技体で森羅万象に対峙するという生の妙味を見出だした生きざまだったのでしょう。
吉川武蔵は知りませんが、海音寺潮五郎(←山本周五郎でした汗)の武蔵像を思い出してしまいました。
ホーム社刊「MANGA BUNGO」シリーズ


関連記事:
【最近読んだ本】ジョージ秋山「武士道とは死ぬことと見つけたり」| 2007.06.24
【最近読んだマンガ】新渡戸稲造・作「武士道」| 2010.08.09
【最近読んだ本】山本周五郎「雨あがる」| 2010.10.24
【最近みたDVD】「果し合い」| 2018.03.25
【最近読んだ本】池波正太郎「夢の階段」| 2019.06.15
0
    | comic | 2011.04.23 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top