ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近聴いたCD | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
「特殊部隊 SPECIAL MILITARY FORCES」

同朋舎出版の「ビジュアルディクショナリー」の11、初版は'94年。
このシリーズにしては区切りが細かい、というか他が自動車とか動物とか植物とか大掴みなテーマなのに何故「軍隊」ではなく「特殊部隊」なのかな?
ま、それを言ったら既刊の「軍服」の方も突出した印象なんですけどね…。

ひとくちに「特殊部隊」といっても、特殊な環境だったり任務だったりと多岐に渡る訳です。
砂漠や山岳地帯などの極地戦、海兵隊やパラシュート部隊、そして諜報員など限定された任務に特化した装備が開発されてきました。
他にも偵察部隊や狙撃兵、フロッグマンと呼ばれた潜水部隊やSWATのような制圧部隊の装備についても豊富な写真で紹介しています(かなり古いけど)。

それでも“家族みんなで、仲間で、活用してください”という惹句には無理があるのではないでしょうか?
特に小さなお子さんには、装備品を並べて見せるよりも使用する場面を再現しないと…って、そういう問題でもないですね!
ディクショナリーと謳っているからか、あらゆる名称には英語が併記されておりますが…英語索引まで付けた「特殊部隊」への情熱は家族向けではない気が。笑

ともあれ、支給される側は文字通りの命懸けです。
無駄な仕様は省かれ、任務の形態に応じた変更が施されてゆく訳です。
例えそれが暴力装置であれ治安維持であれ、もし自分なら月まで飛ばされる方が精神的には楽かもな…。


関連記事:
【最近読んだ本】立花 隆「解読『地獄の黙示録』」| 2008.05.31
【最近みた映画】「地獄の黙示録 特別完全版」| 2008.08.09
【最近読んだ本】ジョン・ロンスン「実録・アメリカ超能力部隊」| 2010.09.22
【最近みたDVD】「ランボー」| 2013.03.30
0
    | books | 2011.04.25 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top