ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだマンガ
吉田秋生「BANANA FISH ANOTHER STORY」

こないだ読破した本編(全11巻)の外伝的短編をコンパイルした、同じ小学館文庫の別巻です。
アマゾンのレビューを読むと、オリジナルの少女コミック版から引用されたレビューが混じっていて非常に紛らわしいのですが、どうやら全19巻のオリジナル版では本編の巻末に分散して収録されているようで(そうでないとすれば、レビュアーの思い違いか適切な書評ではないかですが)。

「ANGEL EYES」は'94年に掲載された、若きアッシュとショーターのプレ・ストーリーです。
飄々としたショーターの性格は、先天的な陽気さに加えて拳法を修めた強さの賜物なんでしょうね。
彼の気質がアッシュを和ませ、その強さ故にアッシュの本質を看破した…。

「光の庭」も同年掲載で、伊部の姪を通して“遺された者たち”を描く切ない後日譚です。
少女の知らない事情を読者は知っていて、多感な年頃の抱えた事情が明らかになると同時に喪失と確執の日々に光が射し込み…。

その翌年に掲載された「PRIVATE OPINION」は、本編のアッシュと再会した時点でブランカの脳裏を過った懐古シーンが展開します。
野生児のような猛々しいアッシュと、現役の凄味を漂わせたブランカ…後の本編でユーシスを諌めた彼の説得力が増します。

そして楽屋オチのエッセイ漫画を挟んで、最後の「Fly boy, in the sky」は意表を衝いた'84年の作品。
一段と大友ライクなキャラ顔!…それ以上に本編開始より早く描かれていた伊部と英二の発端であり、後年の「YASHA -夜叉-」でもシンやアッシュが関わってくるらしい点からして一種のスター・システムを採用していたのでしょうか?
あるいは「スターウォーズ・サーガ」的な、非連続大河青春群像劇といった試みがあったのでしょうか…?


関連記事:【最近読んだマンガ】吉田秋生「夢みる頃をすぎても」| 2009.05.22
     【最近読んだマンガ】吉田秋生「櫻の園」| 2011.05.15
     【最近読んだマンガ】吉田秋生「イヴの眠り」5巻| 2011.12.25
0
    | comic | 2011.04.26 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top