ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近やったゲーム | main | 最近読んだマンガ >>
最近読んだ本
シャーリー・マクレーン(著)、山川紘矢+山川亜希子(訳)「アウト・オン・ア・リム」

本書が日本で出版されたのは'86年、当時はちょっとした話題にはなったかもしれない。
何しろ現在はスピリチュアルという言葉で広く知られているような世界観あるいは人生観だが、あの頃はニューエイジ思想だとかニュー・サイエンスと呼ばれ始めたばかりの得体の知れない考え方だったのだから。
それを、超一流の演技派女優が自らの体験として本にしたのだ…もちろんリチャード・ギアがチベット仏教に目覚めるより昔の話だ。

そういった新しい考え方に惹かれていた僕も一応は読んだし、その後も何度か読み返している。
本書の約10年後に出版された「聖なる予言」でもアンデス山脈が舞台となっていて、どうも印象が交じりあってしまうのだが…。
両著は似通った話ではないし、本書の後半で著者が滞在するのは現地人が利用するような無名の安宿だ。

前半は英国政治家との恋や北欧で参加した降霊会(今で言うチャネリング)などが描かれ、南米の旅を経て本書の執筆を決意するに至る著者の意識の変革が本書の概要である。
今では古臭く感じる部分もあるが、それこそがフリッチョフ・カプラ信奉と似非科学が混然としていた時代のニュアンスを感じさせてもくれる要素でもある。
戸惑いながらも自身の意志に従う強さが、文章ににじみ出ている。
個人的には「アクエリアン革命」への言及に懐かしさを覚えた。


関連記事:
【最近みたDVD】「80日間世界一周」(DISC ONE)| 2015.10.15
【最近みたDVD】「BEING THERE」| 2016.10.08

関連あるかもしれない記事:
【最近読んだ本】マルロ・モーガン「ミュータント・メッセージ」| 2008.09.01
【最近読んだ本】村上龍 (訳) 「イリュージョン」| 2008.09.17
【最近読んだ本】リチャード・バック「ONE」| 2009.08.28
【最近読んだ本】パウロ・コエーリョ「アルケミスト 夢を旅した少年」| 2012.08.30
【最近読んだ本】ジェームズ・レッドフィールド「聖なる予言」| 2013.06.02
【最近読んだ本】「ラスト・バリア」| 2017.10.14
0
    | books | 2011.05.01 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top