ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近読んだマンガ >>
最近読んだ本
ベン・シモンズ「東京欲望」

なんか凄そうなタイトルの写真集です、文章を寄せているのがヴィム・ヴェンダースと村上龍なのも一種のバイアスに受け取られてしまいそうですが。
写真が好きな方は先入観なしに見るべきですよ、少なくとも東京を撮った写真の中では僕の知る限り出色の出来だと思います。
いや、正直に言うならば今まで見た写真集の中では五指に入る位の印象です。

本書が発行された'00年の時点で15年目となる東京生活、それと等しいカメラマン歴の中で収めた数千枚の写真をディプティクとして組み合わせた発想。
組み写真というのは珍しくないですが、少し古い美術用語の“diptych”という概念で時間的にも地理的にも関連のない4つの作品を見開きに並べて提示する。
単品でも澄んだ視線を感じられる優れた写真ですが、ディプティクとして再構築された中で生まれる発見や面白味はより鑑賞者の視点に委ねられています。

そして巻末のヴィム、村上、そして作者自身によるテキストも「外部からの東京」として非常に興味深く魅力的であります。
本年の最優秀写真集候補。


〈村上龍〉関連記事:
【最近読んだ本】リチャード・バック(著)「イリュージョン」| 2008.09.17
【最近読んだ本】はまのゆか(絵)、Ralph McCarthy(訳)「ポストマン」| 2009.09.15
【最近みたDVD】村上龍「CUBA〜音楽の勝利」| 2013.01.02
【最近読んだ本】村上龍「空港にて」| 2014.01.01
【最近読んだ本】村上龍「空港にて」(再読)| 2017.11.21
0
    | books | 2011.05.07 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top