ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近聴いたCD >>
最近読んだマンガ
吉田秋生「櫻の園」

創立祭には毎年「櫻の園」を上演する女子高演劇部を描いた連作短編4作と、読み切り短編「スクールガール・プリンセス」を収録。

表題作は、別に演目のチェーホフを読んでなくても構わないのだろうけど、きっと読んでいれば一段と味わい深い話なのだろうな。
初出時期は不明ですが、スカート丈の長さや髪型から80年代っぽい感じ。
映画監督の中原俊による巻末解説が、読み飛ばしていたエピソードに込められた奥深さを引き立ててます…というか、解説文によって4編に仕込まれた少女たちの円環に驚かされました。
とはいえ僕は少女とは程遠く、お年頃の心理は理解すれども共感には至れず…。
これは作品の質ではなく、単に(乙女心を介さぬ不粋者には細やかすぎる)という事です。笑

「スクールガール・プリンセス」は、なんか地味な話ですが微妙に面白いです。
華やかな大学生活を経て“安全パイを絵に描いたような”旦那と娘との日々に現れた、謎の女子高生。
でも彼女はトリガーとして軽く描かれ、重心は倦怠期に迷う女心にあります。
一度は浮気を疑うも、最後は少女に憧れを抱かせた旦那(との結婚生活)を誇らしく思えるようになります。
本当に他愛ない、でも昔の邦画みたいな一編。


関連記事:【最近読んだマンガ】吉田秋生「夢みる頃をすぎても」| 2009.05.22
     【最近読んだマンガ】吉田秋生「BANANA FISH ANOTHER STORY」| 2011.04.26
     【最近読んだマンガ】吉田秋生「イヴの眠り」5巻| 2011.12.25
0
    | comic | 2011.05.15 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top