おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
CURTIS MAYFIELD「HEARTBEAT」

カーティス・メイフィールド、かつてFISHBONEがカバーした「Freddie's dead」のオリジネーターは映画「SUPERFLY」で知った。
もちろん最近の女性JPOPシンガーとは何の関係もない、70年代の代表的なブラックスプロイテーション・ムービーである。
その中に彼本人が登場し、細くねちっこいウィスパー・ボイスと妙にエロくさい単音カッティングのギターを披露していたのだ。

そして、本作が僕にとって2番目のカーティス体験という事になる。
別に政治的なメッセージを期待した訳でもなかったのだけど、この“スペイシー”なディスコ・サウンドには茫然としてしまった。
なんだよ、この安っぽさ!

しかしこのチープなシンセ音から“宇宙っぽさ”を連想してしまうのは、自分の中に(これは宇宙とか未来とかを表している音ですよ)という刷り込みが出来上がっているせいだろう。
だから、それこそ件のJPOPシンガーが聴いたら却って新鮮に感じるのかもしれないと思った。
といっても、こういう初期の洗練されていないディスコ・ミュージックが再流行するには時期尚早というか…まだネタでしかないな。

後半に行くとニュー・ソウルらしい、ジャミロクワイの1作目みたいなコード感が心地よい曲になる。
まぁ色々と過渡的な時期の作品だったという感じ。


*以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

『CURTIS MAYFIELD YOU'RE SO GOOD TO ME』(ニュー・ソウルっぽい、メロウなナンバーです。彼のギターは、シャキシャキ明瞭なナイル・ロジャースと対極にあるような角の丸い揺らいだ感じがあります;Sound Only)


『Curtis Mayfield ~ Freddies Dead』(こちらは本作の7年前に発表された「SUPERFLY」より、メロウなストリングスとシリアスなギターのリフに絡みつくコンガの按配が絶妙)
0
    | music | 2011.05.19 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top