ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだマンガ
今日マチ子「センネン画報」

前から何度か、図書館で手に取ってパラパラ見ては止めていた本です。
けども、ちょっと前に雑誌「クイックジャパン」のバックナンバー借りて読んでたら松本隆と著者が対談してたので気になりました。
別に“風街”好き、とかではないんですけども。

どうやら本書はブログ本の一種みたいですね、本業の合間に趣味的に描いては個人サイトにアップしていた漫画をまとめたようで。
そういう力の抜け加減は、確かに気持ちよいのです。
切り取り方といいますか、物の見方の角度に新鮮な感じが結構あります。
それは心を換気してくれる詩のような、視界の曇りを拭ってくれるような爽やかさなのです。

ただ、このオチのなさは落ち着かないんですよ。
曖昧模糊として伝わった気がしない、受け取れきれてないような不確かさが蓄積されていってしまう。
別に(漫画かくあるべし)ではないのですが、どこか固定化した読み方をしてしまっている部分が感じる座りの悪さなんでしょうね…。
だから、いわゆる漫画として無意識に期待してる何かが得られない感じの独特な満たされなさが評価の分かれ目かと思います。

描かれる河川敷の光景は共有できますが、高校生カップルの(特に女子サイドの)感性は個人的に共有が無理っぽいです。
デジカメやiPodを愛好し、同級生男子に軽くペタベタして、でも割と独りで地味に過ごす女子高生の日常…そりゃまぁ伝わらなくて当然か。笑
0
    | comic | 2011.05.25 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top