おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
JAMES TAYLOR「Best Of」

久しぶりに聴いてみた。
ジェームス・テイラーといえば…もちろんクール&ザ・ギャングのボーカリストの方ではなく(あちらはJAMES"JT"TAYLORだ)、70年代アメリカのSSW(シンガー・ソングライター)ブームに登場した優男だ。

本作には当然ながらキャロル・キングで知られる「君の友達」も収録されているが、アイズレー・ブラザーズがカバーした「Don't let me be lonely tonight」や逆にマーヴィン・ゲイのレパートリーをカバーした「君の愛に包まれて」が個人的には嬉しい。
アコースティックながら荒井由実時代のユーミンにも通じるコード感、ジャズっぽい和音に開放弦を多用した拡がりのある響きは60年代のプロテスト・ソング系のフォーク・サウンドとはまったく違う。
それは垢抜けた音だけでなく、訥々として決して声高に叫ばない歌唱やメロディ・センスにも当てはまる。

「スウィート・ベイビー・ジェームス」、「ファイヤー&レイン」「あこがれのメキシコ」…著名な収録曲を挙げればきりがないけれど、改めて聴き直すと時代に揺るがず色褪せない楽曲構成であり音作りである。
さりげなく収められた新曲にも突出した感じはなく、ベスト盤とは思えない統一感に変わらない事の力量がうかがえる。
たとえ過去の人と思われがちだとしても、彼は自身の音を奏で続けているのだ。


関連記事:
【最近聴いたCD】V.A.「トリビュート・トゥ・ジョニ・ミッチェル」| 2009.06.07


*以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

『James Taylor - Long Ago and Far Away (BBC Concert, 1970)』(ガット・ギターの名手アール・クルーがインスト・カバーしたバージョンを先に聴いたのですが、そちらも原曲に劣らぬアレンジかつ一段とおセンチで好きです)


『DON'T LET ME BE LONELY TONIGHT by James Taylor』(先に聴いたのはアイズレー・バージョンでしたが、直截的な歌詞だけに聴いていても切ない気持ちになってしまうのです。スライド・ショー画像によると昨年はキャロル・キングとのツアーを行ったようですね;Sound Only)
0
    | music | 2011.05.26 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top