ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだマンガ
岸本斉史「NARUTO -ナルト-」巻ノ四十三

しばらく間が開いてしまいましたが、サスケ対イタチ戦が遂に決着です。
チャクラの限界まで大技を繰り出しあう兄弟対決…いきなりネタバレしちゃうと、イタチが力尽きて瀕死のサスケが辛勝します。
そして意識が戻ったサスケにトビが語る、一族にまつわる忌まわしき因縁…実の兄が一族皆殺しを冒すに至った経緯、およびトビ=マダラと共闘するに至った苦渋の境涯が今回のハイライトです。
そう、トビこそが一族の始祖マダラなのでした。

かつて戦国の傭兵集団だった忍の強大化と、大戦を経て一国一里システムが確立される過程で生じた確執。
九尾の妖狐来襲が(自来也の考え通り)天災だったにも関わらず、うちは一族の特殊な瞳力が疑われての冷遇と反発のスパイラル。
里に翻弄された一族の歴史と暗部に利用されたイタチの決断、最期の戦いも弟サスケに己の瞳力を継承させ里での立場を守るためであったとは!
大蛇丸の邪印を弟から消し去る事も、己の亡き後にマダラに利用されない仕掛けも…つまりは兄の壮大な幻術を見抜けなかったサスケは器で負けていた訳です。

こう文字にすると今イチですが説得力のある作画で、すべての謎が氷解して数々の伏線が一気に回収されてゆく様子は圧巻です。
ですが“暁”改め“蛇”を更に改め“鷹”を名乗ったサスケは、蛇仲間とマダラを率いて「木の葉を潰す」宣言…って何でそうなる?
やっぱりマダラの思惑どおり千手一族を憎むしかないのかね、それじゃあイタチが報われないよねぇ。


関連記事:
【最近読んだマンガ】岸本斉史「NARUTO -ナルト-」巻ノ三十二| 2009.01.12
【最近読んだマンガ】岸本斉史「NARUTO -ナルト-」巻ノ三十三| 2009.03.29
【最近読んだマンガ】岸本斉史「NARUTO -ナルト-」巻ノ三十四| 2009.05.28
【最近読んだマンガ】岸本斉史「NARUTO -ナルト-」巻ノ三十五〜四十| 2010.01.19
【最近読んだマンガ】岸本斉史「NARUTO -ナルト-」巻ノ四十一| 2010.12.05
【最近読んだマンガ】岸本斉史「NARUTO -ナルト-」巻ノ四十二| 2010.12.17
0
    | comic | 2011.05.27 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top