ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近聴いたCD >>
最近読んだ本
田中長徳「トウキョウ今昔 1966・2006」

表紙で中身は一目瞭然、原宿駅前の車道をジグザグ行進するデモ隊と歩道橋に鈴なりの人々…その下の写真は同じ視点の現在の眺め。
あの時代と今を見比べる写真集ではあるのだが、ただ懐かしがるだけなら今さら僕が手に取る本じゃない。

激しく変わりゆく都市の先端を追っていた写真に、40年後の定点観測を並列する事で鮮明に浮かび上がる不在が本書の意図だろう。
かつての天才写真少年も今では白ヒゲの団塊世代…当時のレンズをデジカメに換装してモノクロモードで撮影、フィルムが高価だった時代の渇望感もまたモノが満ち溢れる現代の不在だと語る。

しかし偽ライカ同盟の御三方と対談してるうち、どうしても「あったあった話」に流れてしまう。
特に坂崎幸之助の回は顕著だが、銀座生まれのなぎら健壱が語る「当たり前に当時あったものが銀座にはない」話は可笑しくて「東京全体が流入者の数と勢いに圧されて地域の特色や無形の風習が廃れた」的な指摘には身体の言語感がある。
片岡義男の発言は小説や写真に通底するドライ感が感じられて、会話の起こし文としては読みやすい。
押井守とも一致する「東京オリンピックがキーである」という見方や、現代の街観を“生活の歴史を抹殺し平面化する三流土木”と評する辺りは強く共感する。
それと「まんまと機動隊を敵視した学生運動は失敗だった」的な発言は、いま読んでいる「東京アンダーワールド」にも関連していて興味深かった。


関連ありそうな記事:
【最近読んだ本】安島太佳由「東京痕跡」| 2008.11.16
【最近読んだ本】MASATAKA NAKANO「TOKYO NOBODY」| 2009.09.18
【最近読んだ本】中野正貴「東京窓景」| 2011.11.16
【最近読んだ本】鷹野晃「東京屋上散歩」| 2013.02.17
【最近読んだ本】渡部まなぶ「都市再生 千フィート今昔」| 2013.10.18
【最近読んだ本】渡辺眸「1968新宿」| 2015.02.18
【最近読んだ本】安島太佳由「要塞列島 ― 日本への遺言」| 2015.10.17
【最近読んだ本】ワッキー貝山(集)、池田浩明(著)「愛しのインチキガチャガチャ大全 ―コスモスのすべて―」| 2020.01.24
【最近読んだ本】中柳豪文「日本昭和トンデモ児童書大全」| 2020.02.09
0
    | books | 2011.06.16 Thursday | comments(0) | - |













    ↑ top