ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近やったゲーム >>
最近読んだマンガ
西原理恵子「女の子ものがたり」

少し前にサイババさんが亡くなりましたが…まぁそれは関係ないとして、サイバラさんはあんまり読まんのですよ僕は。
ずいぶん昔に週刊誌(ドリブだかスパ!だかの類い)を定期的に買ってた頃、著者が連載する漫画を読んでた記憶があります。
その程度で足りた感じで、もう読まんでもいいやと。

その後、映画になったりアニメになったりと、すっかり僕の中ではリリー・フランキー枠に入ったりしてまして、いわゆるイカサマ文化人っぽい方向にシフトするにせよ、まだ「ダメんずウォーカー」描いてる人の方がスタンスとして潔いように思えたりもして…。
で、本作はリリー氏でいう「東京タワー時々オカン」もの。
著者には旦那ネタのしんみりした映画もありますし、そっち系の漫画です。
それがイカンと言いたいのではないんです、結構これが線遣いでキュンとさせられたりしましたし。
というか、ラストに向かって積み増しされていく切なさには(こっちが真の芸風かッ…!)と思えるほど。

家庭の事情で引っ越してきた街で、不幸な女の手本を見ながら育っていき、やがて一人で街を出るまで。
初期の著者が得意とした“単なる豪快ババア路線”とは軸の異なるリリカル加減です。
そしてきっと、それら両方ともが女という性のライト・サイドというかダーク・サイドというか、どちらも女性の内面に同居するナイーブな一側面なのだろうと思えてきたりしました。


〈西原理恵子〉関連記事:
【さっき読んだマンガ】西原理恵子「はれた日は学校を休んで」| 2007.07.24
【最近読んだマンガ】西原理恵子「いけちゃんとぼく」| 2011.09.22
【最近読んだマンガ】西原理恵子「パーマネント野ばら」| 2011.12.31
【最近読んだマンガ】西原理恵子「ぼくんち 全」| 2013.10.08
【最近読んだマンガ】西原理恵子「きみのかみさま」| 2016.07.17
0
    | comic | 2011.06.18 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top