ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
山口晃「さて、大山崎」

本書は'09年にアサヒビール大山崎山荘美術館で開催された、同名の展覧会の関連出版物だそうだ。
だからきっと、市販はされていないだろうな。
とはいえ寄贈本でもないのに図書館が所蔵しているという事は、一般流通しているのかな…?←アマゾンで扱ってました!

さて、大山崎とは天下分け目の天王山で知られる山崎のことです…とか言って地理的なイメージはまったく掴めませんが、もしかしたら国産高級ウィスキーの山崎と関係あるのかな?
そこには個人の私邸だった洋館を改築した美術館があり、本書はその地にちなんだ作品制作展示を収めた美術書という事になります。

いわゆる展覧会の目録と違って、全作品カタログではないし制作風景や会場内の写真も含まれています。
こういった構成も、おそらくは自ら展示を考えた作者の意向が反映されているような気がします。

「和風」+「SF」属性と細部に仕込む作風は、いかにもクール・ジャパン枠。
平成のヒロ・ヤマガタ、とでも言いましょうか…。
後から「江戸しぐさ」マナー・ポスターを描いてたと知り、なんか納得。

でも日本画ではなく油絵メインの水彩に墨とは意外、そして漫画作品とか電柱ネタの柱華道は可笑しい。
しかしまぁ、イラストレーターとファイン・アーティストの境界って曖昧だな。
0
    | books | 2011.06.28 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top