ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 昨日の脳内BGM >>
最近みたDVD
BOØWY「LAST GIGS」

友人が焼いてくれたんですが…あの当時一緒に観たビデオとは若干ちがう「完全版」なのだとか。
どうやら'08年に「解散20周年記念」としてリリースされたようで…MCで「伝説になんか、ならねーぞっ!」と言ってるだけに皮肉なものです。

1曲目「B・Blue」に安直すぎる意外さを感じるも、続く「To The Highway」「Baby Action」には未だに持ってかれますね。
スカ、ファンク、ディスコ/ソウル、ロカビリー…クラシカルなコード進行やスパニッシュなソロなどをビート・バンドに落とし込んだ、90年代に現れていたならミクスチュアと呼ばれていたろうなって気も。
今おもえば「Blue Vacation」のフレーズはXTCっぽいし、あの頃インディーズから勃興してきたビート・バンドにはないフックが一般リスナー向けのポップなラブソングさえも非凡な曲に感じさせてくれるような。
それと正面突破みたいな当時のインディーズ・バンドに比べて、売れ線に迎合しつつマニアックさを並行させる絡め手からブレイクした印象があり、まぁ方法論だけでなく色々ちがうにしても…今にして思えばね。

まぁ布袋や氷室に関してはもはや割愛、松井は(やっぱり巧いよな)と映像で改めて感じました。
ソリッドな引き算のベースマンに徹しながら、曲間の息切れっぷりに漢萌え!爆
まこっちゃんは、トレードマークだったデカ目のウェリントンが最近流行ってたせいもあり、唯一人U2のメンバーみたいな風貌が今見てると結構イケメン。笑
それに、まこっちゃんドラム叩きながら本当に楽しそうなんだよなぁ!
このヒト観てるだけでバンド欲が掻き立てられます。

別に初期のナンバーだからって訳じゃなく、でも理由も分からず熱くなったのは「Image Down」「No N.Y.」「On My Beat」だなー。
思わず涙出そうな位しびれた、自分がスタジオやステージで感じた最高の瞬間を更に美化したような…。笑


以下、曲目リスト
曲目リスト
01. B・BLUE
02. ハイウェイに乗る前に
03. BABY ACTION
04. BAD FEELING
05. 1994-LEBEL OF COMPLEX-
06. DRAMTIC? DRASTIC!
07. MARIONETTE
08. わがままジュリエット
09. LONGER THAN FOREVER
10. CLOUDY HEART
11. WORKING MAN
12. PLASTIC BOMB
13. JUSTY
14. IMAGE DOWN
15. BEAT SWEET
16. NO! NEW YORK
17. ONLY YOU
18. DREMIN'
19. ON MY BEAT
20. BLUE VACATION
21. RENDEZ-VOUS
22. ホンキー・トンキー・クレイジー
23. NO! NEW YORK
0
    | cinema | 2011.07.01 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top