おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 昨日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
アストラッド・ジルベルト「ジャングル」

彼女の名前からは、ハタチの晩夏〜初秋に繰り返し聴いたシエスタ音楽「ゲッツ/ジルベルト」を思い起こさずにいられません。
当時の夫ジョアンに同行したアメリカで、彼女がたまたま歌を入れた「イパネマの娘」が大ヒットとなりボサノバを世界的に知らしめる役割を果たしたとか。

本作は'03年のリリース、って事は「ゲッツ/ジルベルト」から何十年だ!?
その特徴的な歌唱は、まったく変化してません。
よく言えば素朴、悪く言えば拙い歌声…ノン・ビブラートで時々ピッチが怪しいその響きは、僕自身が理想とする“木管楽器のような声”の手本でもあります。

アメリカに留まって活動を続けていたせいか、まったりボサノバ感控えめなサウンドはカラフルな印象。
ただ、ラスト12曲目のボサノバ風「Look Of Love」カバーはいただけません。
なんか安直な(人気JPOPをボサノバにアレンジ)というレベルにしか聴こえなくて、これじゃバート・バカラックもガッカリでしょう。

ジャケットのイラストも彼女が描いているそうで、非常に魅力的ではありますが…原画を部分拡大したらしきボケ具合は結果として神秘的な効果を上げてはいるものの、仕事としては雑すぎるような気も。


関連記事:
【最近聴いたCD】V.A.「ザ・ボサノヴァ 3」| 2007.10.16
【最近聴いたCD】「ゲッツ/ジルベルト」| 2011.10.12
【最近聴いたCD】JOAO GILBERTO「Joao Voz E Violao」| 2012.08.07
0
    | music | 2011.07.02 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top