ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近読んだマンガ | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
村上春樹「めくらやなぎと眠る女」

最近、不思議と“衒学”なる活字を目にする機会が多かった。
辞書を引くと「学問のあることをほこり、また見せびらかすこと。ペダントリー」とあったので、この言葉は著者の作風を表すのには相応しくないと思う。
でも久しぶりに著者の作品を読んでいる間、ふと目を上げて余韻に浸ると浮かんでくるのは“衒学”の文字だったりした。
僕は(ゲン)という響きに幻想的なイメージを、また(衒)という漢字に「奇を衒う」という言葉に含まれるポジティブな面を連想していたのだろう。
つまり、心奪われるマジックと学術的な骨太さを併せ持つようなフレーズとして、村上作品に重ね合わせていたような気がするのだ。

'09年に出版された本書は、以前読んだ「象の消滅」に続く英訳短編集の日本語バージョンである。
書き下ろしや改稿版のほか、かつて読んだ筈の短編集「カンガルー日和」も「レキシントンの幽霊」も「回転木馬のデッド・ヒート」も「蛍・納屋を焼く・その他の短編」の各収録作も等しく初めて読む味わいがあった。
ストレートに言えば、まったく記憶に残っていなかったのだ…「中国行きのスロウボート」と「東京奇譚集」の収録作を除いて。

そういえば友人が宮部みゆきを評して「面白いけど、良くも悪くも後に残らない」と言っていた気がする。
僕は、恩田陸や、よしもとばななであれば、そして(僕の場合は)少なくとも村上春樹だって長編は後に残っている…と思う。
ともあれ、著者の短編(しかも4冊分!)だけを完璧に忘れ去っていた自分に対してショックを受けた。

311の時にも、不謹慎かもしれないけど僕は「神の子どもたちはみな踊る」に登場した“かえるくん”について度々考えていた。
例えば筒井康隆の作品ならば、どんな作品であれ再読かどうか(ほぼ全部と言っていい位の膨大な作品数でも)間違いなく分かる。
そんな言い訳に意味はないとしても、個人的な感想としては外せない衝撃だったのだ…まるでそれ自体が、自分の知らない村上作品の書き出し部分のような。

長くなってしまったけれども、最後に1つだけ。
「東京奇譚集」という短編集に収められた作品は、どれも愛について…その喪失に関わる、様々な側面が語られていたのだと初めて気が付いた。
それまでも多くの愛や喪失を秘めた作品を書かれてはいても、いうなれば「神の子どもたちはみな踊る」収録作に地震というテーマが隠されていたのとは似て非なる形で、東京という主題を下支えするテーマとしてmissingがあったように感じられたのだ。
東京と喪失…興味深く、かつ村上解説本が好みそうな切り口でもあるけれど。笑


〈村上春樹〉関連記事:
【最近読んだ本】村上春樹「もし僕らのことばがウイスキーであったなら」| 2007.10.24
【最近読んだ本】レイモンド・カーヴァー「愛について語るときに我々の語ること」| 2007.12.14
【最近読んだ本】村上春樹「またたび浴びたタマ」| 2008.02.15
【最近読んだ本】素樹 文生「回転木馬のデッド・ヒートRMX」| 2008.02.29
【最近読んだ本】レイモンド・カーヴァー「大聖堂」| 2008.04.21
【最近読んだ本】村上春樹「うさぎおいしーフランス人」| 2009.02.21
【最近読んだ本】村上春樹「もし僕らのことばがウィスキーであったなら」(再読)| 2009.06.05
【最近読んだ本】村上春樹「約束された場所で」| 2009.07.17
【最近読んだ本】村上春樹「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」上巻| 2010.08.02
【最近読んだ本】村上春樹「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」下巻| 2010.08.05
【最近読んだ本】村上春樹「意味がなければスイングはない」| 2010.11.16
【最近読んだ本】村上春樹「走ることについて語るときに僕の語ること」| 2011.07.19
【最近読んだ本】村上春樹「アフターダーク」| 2012.03.10
【最近読んだ本】村上春樹「はじめての文学」| 2012.07.16
【最近読んだ本】松村映三 plus 村上春樹「辺境・近境 写真篇」| 2014.12.30
【最近読んだ本】クリス・ヴァン・オールズバーグ(絵と文)「ベンの見た夢」| 2015.07.14
【最近読んだ本】村上春樹「女のいない男たち」| 2016.01.01
【最近読んだ本】グレイス・ベイリー「最後の瞬間のすごく大きな変化」| 2016.04.10
【最近読んだ本】ティム・オブライエン「本当の戦争の話をしよう」| 2017.04.15
0
    | books | 2011.07.04 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top