ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
JAPAN「孤独な影」

名前負けとは思いませんが(名前で得したバンド)という先入観があり、当時から文字通りのビッグ・イン・ジャパン的な疑念を抱いてたのですが…実際どうだったんでしょうね?

アルバム「錻力の太鼓」は時が経つほどジワジワと効いてくる感じで、それに昨年亡くなったミック・カーンのベースが完全独学だった事を知ったりとかで、自分なりに彼らの音楽を理解したいと思ったりしてたのです。

で、本作は「錻力の太鼓」直前の4枚目だそうで。
僕としては(いかにもジャパン)といった趣きの感じられる暗く退廃的な楽曲群ですが、解説書によれば“突然変異”であり“ターニングポイントとなった問題作”なのだそうです。
ちなみにデヴィッドとスティーヴはマネージャーのイメージ戦略から兄弟なのに別々の姓名を名乗ってる事、故・ミックは学生時代“道化師的な人気者”で当初はボーカル兼任の予定だったのが初舞台でアガって歌えず交代になったとか…意外な一面が伺えたりも。

音楽的には、デヴィッドの気色悪い声と、次作のポップ性の片鱗もないアングラ感が独特な世界を繰り広げております。
しかしながらボートラの1曲「The Width Of A Room」だけは拾い物でした。
このインスト、かれこれ20年近く曲名が分からず気になっていた音楽の1つだったのです。
思いがけない邂逅に、好き嫌いはともかく聴いてみるものだと思いました。


関連記事:
【最近聴いたCD】デイヴィッド・シルヴィアン「オンリー・ドーター ブレミッシュ・リミキシーズ」| 2008.02.24
【最近聴いたCD】ミック・カーン「スリー・パート・スピーシーズ」| 2009.08.21
【最近聴いたCD】JAPAN「錻力の太鼓」| 2013.11.12


*以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

『JAPAN THE WIDTH OF A ROOM』(いま聴くと幻想的なゲーム音楽といった感じもしますが;Sound Only)
0
    | music | 2011.07.05 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top