おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
ミシェル・レミュー(作)、森 絵都(訳)「永い夜」

横長で、ちょっと分厚い絵本です。
開いたら、両手を肩幅に広げてピッタリ収まるように考えられてます。
文字と余白とシンプルなペン画を生かしたブック・デザインが、この形だったのでしょうね。

風の強い夜、両親にキスをしてベッドに就いた女の子と愛犬フィド…眠れないで過ごす時間の考えごと。
まぁ新たな発見とかがある訳じゃありませんけども、こんな言葉やこんな絵で綴られていると新鮮な気持ちになったりします。

大体、夜中に考え事を始めると恐ろしい想像がフル活動してしまいますが。
あれはきっと(考え事→まだ知らない事→不安な事→こわい事)といった連鎖で妄想爆発が発生するのでしょうな、まぁ本書は怖くならないですけどね。笑
というか、女の子の考え事が大きく高く拡がっていく流れは、大人でもワクワクして眠れなくなるかも?

やがて朝が来る…この奇妙な感慨は上手く説明できません。
だからこそ、本書は意義があるのでしょうけどね。
ユニークです。


関連記事:【最近読んだ本】フィリップ・デュマ(著)、とき ありえ(訳)「はじまりもなく おわりもなく」| 2012.01.04
0
    | books | 2011.07.07 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top