ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
スティーリー・ダン「キャント・バイ・ア・スリル」

'10年のリリースという事で、すわ(新作か?)と借りてみてビックリ。
本作が彼らのデビュー・アルバムであり、オリジナル・リリースは'72年!
ベスト盤から聴き始めた僕でも知ってる「Do it again」「Reelin' in the years」を収録、当初は6人編成だったんですねぇ。
確かにスティーリー・ダンの音は70年代感たっぷりといったイメージなのですが、それでも40年前という古さは感じられません。

解説書によれば、グループ名の由来はバロウズ「裸のランチ」に描かれる“蒸気式の張形”だそうで、本作のジャケもチープな性的メタファを感じるコラージュだったりします。
更に解説書からは、意外な名前を目にする事になりました…。
ロジャー・ニコルズ!?

カーペンターズで知られる「We've only just begun」や名曲「The drifter」のオリジネーターである、あのロジャー・ニコルズ
ここでは、その後もバンドのエンジニアとして関わる事になる存在、としか触れられていないので定かではありませんが…。

それはともかく本作はロックというよりジャズ寄りながら、ジャズ・ロック〜フュージョンの流れからみれば明らかにロック寄りという、個々の楽曲はバラエティー豊かなれどトータルとしては一貫したテイストを維持するスティーリー・ダンが、最初からブレなかった証ともいえます。

補足:こちらのロジャー・ニコルズさん、やはり別の方みたいです。近年では「Roger Nichols Digital(倍音構成と楽器音認識から音の団子状態を解決する仕組みらしい)」を発表されたりと活躍されてたようですが・・・今年の春先に亡くなられたそうです。


関連記事:
【最近聴いたCD】ドナルド・フェイゲン「モーフ・ザ・キャット」| 2007.07.20
0
    | music | 2011.07.08 Friday | comments(0) | - |













    ↑ top